【オフィシャルレポ到着!】

2019赤頬思春期(BOL4) JAPAN DEBUT PREMIUM SHOWCASE

「BOL4 LOVE in OSAKA.TOKYO」

 韓国内の音楽ストリーミング・チャートで1位を記録し続け、1億ストリーミングを超える楽曲を実に7曲保有するなど “音源女王” の異名を持つ、今最もホットなK-POPデュオ「赤頬思春期」(あかほおししゅんき)が、6月5日に待望の日本デビューアルバム「RED PLANET (JAPAN EDITION)」の発売を記念し、6月6日に大阪の梅田バナナホール、6月8日に東京のTSUTAYA O-EASTでSHOW CASEを行った。

青いライトで照らされたステージに、オールホワイトの爽やかな衣装のボーカルのアン・ジヨンと、アコースティックギターを抱えたウ・ジユンが登場すると、会場からはこの日を待っていた多くのファンから大きな歓声があがる。ダブルキーボード、ドラム、ギター、ベースのバンドと共に、「好きだと言って」からスタート。「こんなに好きなのに分かり合えないなんて」という、恋する女性のリアルな歌詞が響く。

曲が終わり、初のSHOW CASEで緊張しながらも一生懸命、日本語でMCをする姿に大きな拍手が起きる。2曲目は沖縄でミュージックビデオを撮影したという「私だけ春」は、「今、東京は夏ですが、海、春を思い浮かべながら聞いてください」との言葉通り、沖縄のキレイな景色、春の穏やかな海が思い浮かぶ。

会場に集まったファンからの韓国語でのコールに驚きながらも嬉しそうにステージの端まで動いて歌い、思わぬファンからのプレゼントに、「すごい!」「感動しました!」と嬉しそうな笑顔を見せた。続く「意地悪」では、好きな人の周囲にいる他の女性にヤキモチをやいて、意地悪をしてしまう少女の様子を表現した楽曲。まるでカップルが会話しているリアルな歌詞が響く。

雰囲気をアップするためにと紹介して披露されたのは「YOU (=I)」。不器用でぎこちない初恋をテーマにした楽曲で、初めて感じる恋心を素直に表現した歌詞と、ファンと一緒にハートを作るダンスで会場は一体となった。

 友達以上、恋人未満の関係のことを指す韓国語をタイトルにした「Some」では、片思いから次の段階に進もうとする女性の心を素直に語り、韓国で大ヒットした楽曲。切なくドラマテックなメロディーの韓国ドラマ「君主」のOST「初めからあなたと私」、イントロで会場から歓声があがった「星を見に行こうか?」では、伸びやかな高音がどこまでも広がる星空が思わず思い浮かぶ。

ジユンのアコースティックギターの艶やかで胸に響く音色と、2人の掛け合いが心地よい「喧嘩した日」では、喧嘩でプライドが傷ついて強がっても嫌いにはなれない。本当は仲直りをしたいという可愛らしく恋人同士の様子を描いた名曲。

続くロックギターサウンドからスタートする「Hallo、Teddy Bear」では、エモーショナルなギターフレーズ、重厚なドラムの音が心地よい楽曲で、ジヨンの歌声の絶妙なマッチングに驚かされる。

来場したファンからの質問に答えるQ&Aコーナーでは、最近使っているファンデーションの種類まで惜しげもなく教えてくれたり、ジユンがK-POPダンスメドレーを見せてくれたりと親近感の塊の2人の姿に、会場はアットホームな雰囲気に包まれる。

その後も、爽やかな夏空を思い出させる、ロックサウンドをベースにトロピカルハウスの爽やかな雰囲気を加えた楽曲「旅行」、聞く人を癒したい、幸せになってほしい、時には自分自身に頑張ってと言ってあげてほしいという思いを込めたロックバラード「私の思春期へ」。序盤の優しいメロディー、次第に力強くなるリズムとメロディーに励まされている気分になる。隣の友人に語りかけるような優しい歌声から、必死に訴えるような歌声まで、1曲でボーカリスト アン・ジヨンのスキルの高さを感じる名曲で思わず涙組むファンの姿も。

 本編最後の曲は、2016年に韓国でリリースされる多数の音楽チャートで1位を記録した赤頬思春期の大ブレイクのきっかけとなった楽曲で、日本デビュー曲「宇宙をあげる」。サビでのファンとのかけあいは練習からバッチリ。ジユンはこの曲で日本語ラップを披露し、改めて2人の多才ぶりに驚かされる。

アンコールは “今日に限って胸が痛むのは キミが私から 去る日だから”という悲しい歌詞から始まる失恋ソング、「私だけダメな恋」。失恋や切ない恋の歌は多いが、ここまでストレートで、ここまでリアルな歌詞が逆に胸にささった。

次回はもっと素敵で、もっと日本語も上手になって帰ってきます!と言った赤頬思春期。

言語の違いを超えて届く、2人の曲に込めた思いはしっかり日本のファンに届いていた。これから、彼女たちの歌声、音楽に癒される人がさらに増えていくだろう。


公演概要

2019赤頬思春期(BOL4) JAPAN DEBUT PREMIUM SHOWCASE「BOL4 LOVE in OSAKA.TOKYO」

【大阪公演】

会場:梅田バナナホール

2019年6月6日(木) 

OPEN 18:30 / START 19:00

【東京公演】 

会場:TSUTAYA O-East

2019年6月8日(土) 

昼公演 OPEN 13:15 / STA志保RT 14:00 夜公演 OPEN 18:15 / START 19:00

★セットリスト

M1.好きだと言って

M2.私だけ春

★M3. 意地悪

★M4. YOU (=I)

M5. Some

M6. 初めからあなたと私

M7. 星を見に行こうか?

M8. 喧嘩した日

★M9. Hey、Teddy Bear

M10.旅行

M11. 私の思春期へ

★M12. 宇宙をあげる

★M13. 私だけダメな恋

※★印はに保護歌詞で歌唱


■商品概要

RED PLANET (JAPAN EDITION)

【発売日】

2019年6月5日(水)

【収録楽曲】

[CD]

1. 宇宙をあげる

2. 好きだと言って

3. 喧嘩した日

4. You(=I)

5. 意地悪

6. 私だけダメな恋

[DVD]

宇宙をあげる Music Video)

宇宙をあげる(MV Making Movie)

【商品形態】

初回限定盤:【CD+DVD】*Photo Book封入(24P) KICS-93803 定価¥2,778+税
通常盤:【CD】 KICS-3803 定価¥1,852+税

■プロフィール

アン・ジヨン(Vocal)とウ・ジユン(Guitar)からなる、韓国発2人組女性デュオ「赤頰思春期」(英:BOL4)は「思春期の記憶・残像」をテーマに自ら作詞・作曲・演奏を行う。その独特な感性とジヨンの透明感溢れる歌声で生み出される楽曲は “唯一無二” の存在感を放ち、聴く者の心を癒し魅了する。2016年に韓国でデビューすると、その類い希な才能は瞬く間に開花。1st Album「RED PLANET」に収録されたリード曲「Galaxy(宇宙をあげる)」は韓国内の多数の音楽ランキングで1位を獲得。以降も立て続けにヒットを重ね、多くの主要アワードで受賞を果たすなど名実ともにスターダムに登り詰めた。“音源女王” の異名を持ち、リリースの度に各音楽配信サイトのストリーミングチャートで1位を記録し続け、現在1億ストリーミングを超える楽曲は実に7曲を数える。2019年6月5日にアルバム「RED PLANET (JAPAN EDITION)」で待望の日本デビュー。

赤頬思春期 JAPAN OFFICIAL SITE http://www.bol4.jp

赤頬思春期 JAPAN OFFICIAL Twitter https://twitter.com/bol4_japan

■出演情報

SUMMER SONIC TOKYO 2019年8月18日(日) 出演決定