20150805e12俳優ソン・スンホン(38)に中国の女優リウ・イーフェイ(劉亦菲、27)との熱愛説が浮上した。ソン・スンホンの事務所側がこれを認めた。

ソン・スンホンの事務所側は5日、「映画以降、頻繁に連絡し良い感情を抱いている。交際をスタートさせた段階だ」と明かした。

この日、中国のあるメディアがリウ・イーフェイと映画で共演した俳優ソン・スンホンが恋人関係に発展したと報道した。メディアによると2人は同じ車に乗り彼女の別荘に入ったまま、翌日まで別荘に留まっていたと主張していた。

女優リウ・イーフェイは1987年生まれで国籍は米国。2002年に中国ドラマ「華の家族」でデビューし、それ以降映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のリメイク版(2011)に出演したことで、“第2のジョイ・ウォン(王祖賢)”と呼ばれ爆発的な人気を誇った。また、日本でも音楽活動などを展開していた。中華圏では清純で愛らしい容姿で、“大陸のスジ”とも呼ばれている。リウ・イーフェイはまた、映画「五月の恋」「ドラゴン・フォー」「ザ・レジェンド」などに出演。2008年には「ドラゴン・キングダム」でハリウッドデビューも果たしている。

さらに、リウ・イーフェイの父親は10兆ウォン(約1兆円)レベルの資産家で、2002年には中国で23番目の富豪に選ばれている。自宅の大きさはサッカー場の4倍であることが伝えられた。

一方、俳優ソン・スンホンが女優リウ・イーフェイと主演を担った映画「第3の愛」は中国のベストセラー「第3種の愛情」を原作にした作品だ。

[amazonjs asin=”B00U12X19E” locale=”JP” title=”情愛中毒 豪華版 DVD-BOX”]