shineee0808SHINeeの新曲「Married To The Music」が、米国の音楽専門メディアであるビルボードでスポットを浴びている。

ビルボードは6日(現地時間)、K-POPコラムのコーナー「K-TOWN」でSHINeeの新曲「Married To The Music」を分析した。

ビルボードは「SHINeeのアルバムタイトルは『Odd』だったが、本当に奇妙な姿は、今回のリパッケージアルバムで見ることができる。タイトル曲『Married To The Music』は、様々な変わったジャンルを旅する感じだ。重厚なビートボックスとヒップホップの音で始まり、セクシーで跳ねるようなエレクトリックビートに変わったかと思うと、パンクな感じのリフレーンには爆発的なホルン、グルーヴなギターとボーイバンドのハーモニーが加わっている」と詳しいレビューに関心が集まっている。

特に「この曲が70年代のディスコもしくは80年代のパンクの影響を受けていると言えるが、正確なジャンルはわからない『Married To The Music』は、K-POP最高の長所を生かした曲だ」と賞賛を惜しまなかった。

さらに「Married To The Music」のMVについて「『ロッキー・ホラー・ショー』やB級ホラー映画の雰囲気が混ざったMVでメンバーたちは、怪しい物が入っていそうな飲み物を飲み、正体不明の女性に体の一部を奪われる。キーの体が切られ、ジョンヒョンの口が盗まれるシーンやメンバーのパフォーマンスなどによってパーティーはさらに活気にあふれている」と詳しく説明が続いた。

また「MVを見た海外のファンはまだハロウィンのシーズンではないのにと思うかもしれないが、SHINeeは伝統的に暑い夏にホラー映画を公開する韓国の文化を見せたのだ。このような慣習をふまえれば、今回のMVでは“Odd(奇妙)な”SHINeeの殺人ミステリーを見せている」と評価した。

SHINeeは7日に放送されたKBSの音楽番組「MUSIC BANK」で「Married To The Music」を初披露して話題を集めた。8日のMBC「ショー! 音楽中心」、9日のSBS「人気歌謡」などの音楽番組にも出演して精力的に活動している。

[amazonjs asin=”B012VJPLX8″ locale=”JP” title=”4集 リパッケージ – Married To The Music (韓国盤)”]