20151118_honggi_bソロデビューしたイ・ホンギ(FTISLAND)がソロ曲「INSENSIBLE」ミュージックビデオ(MV)に出演してくれた女優パク・シネに感謝した。

イ・ホンギは18日午後2時、ソウル・麻浦区(マポグ)YES24 MUVHALLにて開かれたソロデビューショーケースで「パク・シネと演技で息を合わせた。『美男<イケメン>ですね』で親しくなり“親友”になった」と口を開いた。

続けて彼は「シネと昨日連絡した。きれいに映っていたと話した。それで『結果的にお前が僕を殺したのか? 』と尋ねると、『わたしもわからない』と言っていた。MVは解釈次第だ」と説明した。

また「MVにキスシーンがある。元々シネが僕にするものだった。でも『100年笑い物になる』と心配するので僕がした。2人で爆笑した」と述べた。

この日午前0時、イ・ホンギは1stソロアルバム「FM302」を発売しソロ活動に乗り出した。タイトル曲「INSENSIBLE」はイ・ホンギ特有の哀切な音色と訴えかける力の濃い声で、別れた恋人を忘れられない男の悲しい感性を込めたバラード曲だ。

アルバム名「FM301」はラジオ周波数の変調方式であるFMとイ・ホンギの誕生日である3月2日を合わせた単語だ。各ラジオ周波数から多様な音楽が世に鳴り響くという意味を込めている。