俳優チャン・グンソクが、SBS新月日ドラマ「テバク」出演を確定させた。

28日、SBSナム・ゴン監督は「チャン・グンソクの演技に対する情熱が深い印象を与え、役柄にインスピレーションまで与えてくれた」とキャスティングの理由を明かした。また「チャン・グンソクとの対話を通して、苦労が絶えない中でも現場を楽しませてくれる、と確信がもてた」と説明した。

今回、チャン・グンソクは2年ぶりにテレビドラマにカムバックすることについて「この2年間、大学院に通いながら自らを振り返り、演技に対する姿勢と情熱を練り上げるような時間を過ごしていた」とし、「イメージ変化のため、これまで作品選択に慎重になってきた。その結果、『テバク』で視聴者の皆さんの前に立つすてきな機会を手に入れた」と心境を明かした。

また「演技力と誠実性で武装し、新たに生まれ変わったチャン・グンソクに期待してほしい」と自信をみせた。

一方、ドラマ「テバク」は朝鮮時代のいかさま師テギルが朝鮮をかけて、勝負を繰り広げるストーリー。チャン・グンソクは2006年「ファン・ジニ」、2008年「快刀ホン・ギルドン」に続いて時代劇に挑戦する。