160126_05INFINITE×MYNAMEという豪華2大アーティストの一日限りの夢の競演「2016 K-POP STAR PREMIUM LIVE」がパシフィコ横浜で2016年1月26日に開催された。昼夜2回の豪華競演を観るため会場は多数のファンで埋め尽くされた。

夢のステージに胸をときめかすファンの前にまず現れたのはMYNAME。『MIRACLE』『Adrenalin』の激しいダンス曲で一気に会場に集まった双方のファンをひきつけた。その後、昨年リリースしたちょっとしっとりしたナンバー『HELLO AGAIN』を歌った。

「うしろの皆さん、二階も三階もみんなも見えてますか?MYNAMEのコンサートではちゃんと遠い席のファンにも僕たちのきもちを伝えることができるようにがんばります!盛り上がっていきましょう!なぜなら次の曲では僕たちが客席に行くから。でもお尻は触っちゃだめですよ~(笑)」と言いながら、客席におりていった。彼らがそばに来たことに、ファンたちからは喜びの声があちこちからあがった。「次の曲はバラードです」と紹介して『Replay』『Read between the Lines』をファンを目の前で熱唱した。続いて『Sha la la』を披露した。

インス:MYNAMEは去年皆さんのたくさんの愛でオリコンチャートでトリプルクラウンをとりました。今年も頑張っていきますので応援よろしくお願いします。
セヨン:今日はINFINITE先輩と一緒にやりますが….
インス:僕は ソンジョンとウヒョンとエルと知り合いです。
セヨン:え?ちょっとまってよ!僕エル先輩の大ファンなのに。
インス:運動会で同じバスケチームになって以来今も仲いいですよ。
セヨン:う、羨ましい・・・・
コヌ:あの・・・1月30日は僕の誕生日です!
メンバー: HAPPY BIRTHDAY~~(一斉に歌い始めるメンバー)
コヌ:僕の誕生日に僕自身がプロデュースしたソロアルバムをリリースします。
チェジン:よろしくお願いしま~す!。
と末っ子が兄をかわいくアピールするお茶目な様子も見られた。

160126_04コヌはアルバム収録曲をアカペラで少し歌って聞かせた。続いてセヨンが日本で初めての舞台「Honganji」に2/19~2/27まで出演することを告知した。MYNAMEの見事なまでの流暢な日本語で楽しく進められたMCコーナーだった。

「みんな盛り上がっていくぞ~~!」の声とともに『Message』の弾むビートにファンの歓声が大きく響いた。『We Made It』の爽やかな走るような曲に合わせメンバーと観客一体となってタオルを振り回しMYNAMEワールドに酔いしれた。続いてノリのよい『Stop the time』で会場のボルテージは一気にあがっていった。

チェジン:今日は来てくれて本当にありがとうございました。僕たちは今いろいろな準備をしているので、ぜひ僕たちのMYgirlになって見に来てください。
ジュンQ:見に来てくれてありがとうございます。2016年はMYNAMEがいろんなスケジュールでMYgirlにたくさん会うことができます!
セヨン:今日は一部二部と、お客さんたちといい公演を作れて嬉しいです。今日は僕が出演する舞台”Honganji”のみんなも観に来ています。こんなに素敵な公演を見せることができて皆さんに感謝しています。今めちゃくちゃ頑張っているのでぜひ舞台も観に来てください。
コヌ:今日は素敵な皆さんの前で歌うことができて嬉しいです。来てくれてありがとうございました。
インス:みんなが僕が言いたいことは言っちゃったから(笑)2016年はインスをよろしくお願いします!(笑)
セヨン:最後の曲だからひとつになってほしいです!準備はいい?
MYNAMEの曲で盛り上がるときには欠かせない『ノムベリマ』続いて『Just tell me(タッマレ)』を歌い客席を最高に盛り上げたあと「サランヘヨ~(愛してる~)」「今日は来ていただいて本当にありがとうございました!」「Mygirl最高!」と心から感謝の言葉を述べてステージをあとにした。多数のステージをこなしているMYNAMEは観客がどうすれば盛り上がるかちゃんと心得ていて、ファンが満足できるステージを毎回披露する。そんな彼らのパフォーマンスに会場はひとつになって思う存分楽しんだ。

160126_01続いて登場したのは、韓国でも不動の人気のINFINITE。シンクロ率99.9%と言われるほどの揃った美しいダンスと実力レベルはトップクラスの歌声でファンの心をつかみ続けている。『Back』を歌うINFINITEに合わせ大きな歓声が湧き上がった。Jazzyなピアノの音色で始まる『LoveLetter』の優しいメロディに合わせ、INFINITEのメンバーは歌いながら大きく手を左右に動かし、温かい目でファンを見つめていた。

ソンギュ:遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。会いたかったですか?
ホヤ:こんなにたくさんのかたが来てくれて本当に嬉しいです。ありがとうございました。
ソンジョン:みなさん、いつも温かく迎えてくれて本当にありがとうございます。
エル:僕は日本に来るとホテルのまわりを散歩するのが好きです。皆さん一緒に行きましょうか?
この発言にファンは「きゃ~!」と大騒ぎ。
ソンギュ:日本にくると日本語がしゃべりたくなります。僕の日本語はどう?(ファンのよい反応に)あ~、かっこいいそうですよ(笑)
ウヒョン:僕は寝てました。
ソンヨル:夜ホテルの部屋でビールを飲んだよ。
ドンウ:僕はホテルで”OnePiece”を見ましたよ。
と ファンが知りたいと思っている日本でのすごしかたを語った。

160126_03INFINITEの代表曲のひとつ『Nothing’s Over』を爽やかに歌うと、ファンも一緒に「Nothing’s Over!」とコールを入れていた。続いて流れたのは『Cover Girl』。楽しそうにファンサービスをしながら歌っていた。ところがこの曲の前に実は他の曲をもう一曲歌うはずだったのにいきなりハプニングでこの曲を歌うことになったことを暴露した。そしてこんなことがあったにもかかわらず何気なくこの曲をちゃんと歌うことができた自分たちをちょっと嬉しそうに自慢していた。ホヤは「わからなかったでしょ?僕たちうまかったでしょ?」とドヤ顔で言い大爆笑をかっていた。「では本当は今お聞かせするはずだった曲をここでお聞かせします。次の曲はしっかりとお願いしますよ~」と言い、はじまったのがなんと『Be Mine』。ファンは大喜びだったが、メンバーはこの曲のイントロが始まった瞬間ひっくり返ったり大爆笑。なんとこの曲もここで歌う予定ではない曲だった。慌ててポジションに走るウヒョン。しかしそんなハプニングはもろともせず、しっかりと歌い踊るINFINITE。実力派と呼ばれているのはだてではないと思わせた。

ここで司会の古家正亨氏が登場した。「ハプニングを演出に変えてしまうINFINITEです!」と賞賛した古家氏にウヒョンは「これってドッキリですか?」と返していた。「実は今歌おうとした曲、これではなくて・・・。本当に慌てちゃいました」と語るメンバーに大きな拍手が起こった。

「最近はとても忙しかったと思いますが、どんなふうに過ごしていましたか?」と聞かれ
ソンギュ:僕は去年ソロアルバムを出しました。そして”SHOWTIME”という番組に出ています。みんな見てくれていますか?
ウヒョン:去年8月からワールドツアーをやっています。最近日本でアルバムも出しましたがたくさん聴いて下さい。

160126_02ここでINFINITEのメンバーが客席に入りファンのそばに行くことになった。突然のことに客席は大騒ぎになった。客席にはいったメンバーへファンからの質問タイムとなった。選ばれたファンの目の前に憧れのINFINITEメンバーが立ち、感激したファンの中には号泣する人もいた。「旅行に行きたいところは?」と尋ねられたエルは札幌や小樽に行きたいと語った。髪を切ったホヤにファンが「なぜ切ったの?」と尋ねると「気分転換に」と答えた。ファンがホヤに「かっこいい」と言うと「知ってるよ」とドヤ顔で答えるトークセンスも見せた。質問に答えたあとファンをメンバーがハグするたびに客席から悲鳴のような声が湧き上がった。
質問コーナーが終わり『任せて』がはじまると、メンバーはもう面白くて仕方ない様子で大笑いし、はしゃいでいた。実はここも本当は『Bad』を歌うはずで、その曲に合わせたポジションで用意していたからだ。続いて本当に『Bad』のイントロがはじまると、メンバーの表情は一気に引き締まりこの曲を訴えるように歌った。エルが残り1曲だと言うとファンからは「え~!!」っという声がおこった。2月5日大阪、6日は東京でライブを行うことを告知して「楽しみにして」と語った。
ソンジョン:これからもずっと一緒にいれたら嬉しいです。
エル:今日は来てくれて本当にありがとうございます。寒いから風邪に気をつけてください。また会えるから待っていてくださいね。
ウヒョン:今日久しぶりに日本のファンと楽しい思い出を作れて嬉しかったです。(ハプニングがいっぱいで)普段見れない僕たちを見れたと思います。
ホヤ:次回はもっとかっこいい姿をお見せできるようにがんばります。
ソンギュ:12月に会えて、また今日会えてすごく嬉しかったです。これからももっともっと会いたいと思います。近いうちにもっとかっこいいパフォーマンスと新しい曲で皆さんにお会いしたいと思います。期待して待っていてください。
ドンウ:おいしいごはん食べてね。 INSPIRITのみなさん、おやすみなさい(笑)また会いましょう。
ソンヨル:皆さん寒い中来てくれて本当に感謝しています。また会いたくなったら・・・どうしようかなぁ・・・・・。僕たちが韓国に帰っても忘れないでくださいね。
と挨拶をして最後の曲『Can’t Get Over You』を歌いこのステージを締めくくった。様々なハプニングでも動揺することなく、きちんと対応出来るINFINITE。いかに普段から多くの練習を重ね、どんなことにでも対応できる柔軟性を蓄えているかがわかる。真の実力を持っているグループだからこそ、デビューから今までずっと愛され続けているのだろう。

最後に再びMYNAMEとINFINITEが登場して、両グループの代表が 改めて感想を語った。
セヨン:本当に素敵な先輩と古家さんとお客さんと一緒に公演をすることができて嬉しいです。MYNAME、2016年も頑張りますのでよろしくお願いします。
ソンギュ:今日一緒にMYNAMEの皆さん、日本のファンの皆さんとステージをすることができてとても嬉しかったです。ありがとうございます。

そしてメンバーからサインボールを投げ、楽しかったステージに新たな思い出を加えた。銀テープも飛び出し豪華な顔ぶれのステージは幕を下ろした。豪華な競演、そして楽しい内容にみんな大満足の様子だった。 入場時、全員に配布されたポスターと素敵な思い出をもって笑顔で帰路についた。