sonmo0310飲酒運転事件で物議を醸しているアイドルグループ「超新星」のソンモについて、主演映画「僕たちの日記」の制作会社が立場を発表した。

映画「僕たちの日記」制作会社のEUNHASエンタテイメントは10日、公式報道資料を通じて「超新星」メンバーのソンモが今月7日に飲酒運転で摘発されて以降、彼が出演する本作の公開に関して語った。

【制作会社の公式文章】
現在の信じがたい事件で映画「僕たちの日記」公開について不透明になっていることは事実です。

日本の市場を考慮して、韓流アーティストであるソンモをキャスティングしましたが、今回の事件により協議中だった日本の配給業者などから日本での公開に否定的な結果を通告されました。

ソンモは、弊社と6年間に渡って、ミュージカル「太陽を抱く月」、「Summer Snow」そして今回の映画「僕たちの日記」まで多くの作品を日本で一緒にやってきた俳優です。

一言で、最近では珍しい誠実なアーティストです。絶え間なく努力する彼の汗と努力で、難しい日本の芸能界で厳しい競争を勝ち抜き、今の韓流スターの中心にまで上りつめました。

6年間、常に彼は作品を見定め、仲間を気遣う優しくて義理のある俳優であったことに間違いありません。

すぐの公開は心配ですが、彼をよく知る制作会社として今回の事件によって自らを許せずに挫折の中にいる彼が、一日でも早く精神的安定を取り戻し、社会の深い配慮と信頼を得るために努力して、再び韓流スターの位置に復帰できることを祈っております。