1460073397917キム・ヒョンジュン側が養育権紛争を終わらせたいという意を強調した。

4月8日ソウル、瑞草区(ソチョグ)、良才洞(ヤンジェドン)、ソウル家庭裁判所でキム・ヒョンジュンと前ガールフレンド チェ某さんの親権者および養育者、養育費請求訴訟2次弁論が進行された。

キム・ヒョンジュンとチェ氏側法律代理人はある程度合意を成したように2次弁論で訴訟取り下げと関連条件に対する内容を言及した。

キム・ヒョンジュン側弁護人はこの日”被告(キム・ヒョンジュン)側にからはこれ以上することでない。 法理的判断がはやく出てくるように願う”として訴訟費用を各自負担するのを条件で訴訟を終わらせる意向があることを伝えた。

チェ某さん側弁護人は”まだ原告と合意しなかった”として確答をしなかったし次の期日に関連内容を整理することにした。 判事は”両側の間に新しい調整が必要だと判断される”と明らかにした。次の期日は4月25日午前11時だ。

一方、チェ氏は昨年2月キム・ヒョンジュンの子供を妊娠したと主張した。 引き続き同じ年4月キム・ヒョンジュンを相手に最初の妊娠の流産で精神的な被害をこうむったとし16億ウォンに達する損害賠償請求訴訟を提起し、9月初め出産した。