11
KBS World が日本に開局して今年で10周年を迎えた。 今や韓流ファンにとって なくてはならないTV局の1つで、常に情報を発信し、新旧のドラマ、歌番組、バラエティ、などを楽しむことができる。
2
KBS Worldでは数多くの話題のドラマを放送しているが、現在放送中の『ドキドキ再婚ロマンス ~子どもが5人』は子供を持つ独身の男女が 久しぶりに恋に目覚める、楽しくてちょっぴりキュンとするドラマで大人気を博している。 人気の凄さを証明するように、50話完結の予定が54話完結に延長されることになり、韓国でも現在絶賛放送中。

その人気ドラマ主演の アン・ジェウクが KBS Worldの10周年を記念して来日し、2016年7月14日 “『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』アン・ジェウク FANMEETING~アン・ジェウクのパパなる魅力?!“を開催した。
14

ファンミーティングのオープニングアクトとして その恵まれたビジュアルと実力で人気の MR.MRが登場。 MR.MRはKBS Worldの広報大使としても活躍している。 MR.MRにとって この日が新曲『ROCK this WØRLD』の初披露となった。 激しいビートで会場のテンションを一気に引き上げた。
36373839

一変して、ドラマオープニングのかわいい曲とともに なんとアン・ジェウクが客席後方から登場し、ファンから大きな歓声があがった。
13
10
ステージに到着すると爽やかな笑顔を浮かべて「アンニョンハセヨ~(こんにちは)」とファンに声をかけた。司会のチョウ・ヘンセも登場し、ファンミーティングがスタートした。

「皆さんと久しぶりにお会いできて本当に嬉しく思います。 ご無沙汰していた間はドラマでも一生懸命演技をしていましたし、ひとりの娘の父親にもなりました!」
と、笑顔で挨拶をした。 父親になったことを報告するとき、照れ笑いを浮かべていた、
18

まずは さっそくファン待望のフォトタイムからのスタート。 ファンは各々のカメラでジェウクの 温かい笑顔をカメラにおさめ、幸せなおみやげを作った。
15

「今朝の飛行機で日本に来ました。 韓国も暑いですが、日本も暑いですねぇ。」
◆近況を聞かせてください。
「1週間のうち6日はドラマの撮影をしています。 撮影がない日は一日中、子供と過ごしています。100日が過ぎて子供の成長がめざましく、子供の魅力にどっぷりとハマっています。子供は本当にかわいいです。」
17
◆『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』は まだ韓国で放送中ですよね?
「もともと50話のはずが、皆さんに沢山愛されて4話延長して54話になりました。
◆視聴率が30%を超えたそうですね。そのご褒美旅行が8月にあるそうですね?
「今回一日も休まずがんばったスタッフがご褒美旅行に行きます。 僕は今回旅行には行きませんが、幸せな家庭に戻ります(笑) 家で子供と一緒に過ごせて本当に幸せです(笑)」
と、かなりな子煩悩ぶりを見せ、会場の空気を和やかにした。
16

◆『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』ではアン・ジェウクさんは イ・サンテという役を好演なさっていますね。まだ見たことがないかたへ、このドラマを少し紹介してください。
「もちろん幸せな家庭もありますが中には離婚を経験したり再婚をしたりする家庭もあるでしょう。 このドラマはそういった社会を反映したドラマになっています。 主人公イ・サンテは 前の妻とは死別をしたのですが、 なんだか次の恋愛に罪の意識を感じなくてはならないような、慎重にならざるをえない状況にいます。 そんな中で 勇気を出して幸せな家庭を築きたいと、新しく愛をスタートさせていく。一方はふたりの子持ち、もう一方は3人の子持ちで合わせて子どもが5人になります。」

ここでファンが選んだ胸キュンシーンの映像がいくつか流れた。寝てしまったソ・ユジン演ずるアン・ミジョンが ジェウク演ずるイ・サンテの肩にもたれかかってしまうシーンを見て「普段こういうことがあっても、僕は肩を貸しますよ。よだれさえ 垂れなければね(笑)」とジョークを飛ばした。
また、アン・ミジョンを車に乗せ、シートベルトをしてあげるシーンを見て「台本を読んで、人のシートベルトを締めてくれる人がいるんだなぁって初めて知りました(笑) シートベルトを外すことはしても、してあげるこはしないですよね(笑)」など正直な感想を述べ、会場を和ませた。

◆イ・サンテがアン・ミジョンに惹かれた一番のポイントは なんだと思いますか?
「厳しい現実と戦いながらも、常に明るく前向きで堂々としている姿が魅力的だからだと思いました。」
◆アン・ジェウクさんから見て イ・サンテはどう思いますか?自分と似ていますか?
「僕は今までいろいろな役を演じて来ましたが、このイ・サンテは面白みのあるキャラクターではないですね。 優しすぎる。 どんなときでも自分から謝ってしまうような、僕からすればなんでそんなことするんだと思うくらいの思いやりをもって相手に接する人なんです。」
◆今後の活動日程などお知らせください。
「8月に撮影が終わったらコンサートなどもやってみたいし、皆さんとサマーキャンプも再開したいですね。」

ここで抽選で選ばれたファンからの質問コーナーとなった。
27
20
◆たくさんオファーがあった中でこのドラマに出演を決めた理由はなんですか?
「新人の頃から子供たちと一緒にドラマに出たいと考えていたのですが、今回このオファーを受けたのはこの厳しい現実をあまりつらすぎず、悲しいふうではなく明るい方向でとらえた作品だったので出演を決めました。 皆さんもご覧になれば元気をもらえると思います。」
◆奥様との結婚を決めた決定ポイントは?
「本当にひとめぼれです(笑) 皆さんが僕に惚れてくれたように、僕も妻に惚れてしまいました(照)」
19

ここで、会場からアン・ミジョンを探そうという企画がおこなわれた。 会場の中からジェウクが言う“ミジョンの条件”を全てクリアしたファンふたりがステージに上がった。
21
アン・ミジョンとしてジェウク演ずるイ・サンテとドラマのワンシーンを一緒に演じ、ひとりはジェウクから 壁ドン、もうひとりは 歌いながらバックハグをしてもらうという夢のような企画となった。 ファンと一緒に演じたことに「演技からはうまいヘタよりもドキドキ感が伝わって来ました。 プロの俳優さんよりもっとドキドキ感が出ていてリアルな感じがよかったです。」と、感想を述べた。
24
26

ここでピアノのBGMで『FOREVER』が流れた。 そしてKBS Worldが主催する韓国語教室の生徒たち、およびオープニングアクトを飾ったMR.MRも登場しジェウクと一緒に『チング(友よ)』を歌った。
29
9
この曲は 中国の曲でジェウクが中国に進出した時にハングルでカバーした、ジェウクの代表的な曲だ。 男の友情を歌った温かくそして壮大なすてきな曲だ。 金色の花びらのようなテープががステージを舞い、キラキラと美しい光を放っていた。 ジェウクは笑顔で手をふり袖へ消えた。
30
次にMR.MRがステージ中央に登場し、韓国語教室の生徒たちとともに 『花は咲く』を歌った。 感動的な時間となった。 KBS World 広報大使でもあるMR.MRは「今日このようなアン・ジェウク先輩のファンミーティングに招待していただいて、本当に光栄です。ありがとうございました。」と語った。
32
31
『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』をもっと知ることができるスペシャルコーナー“台本リーディング”が行われた。
映像を見たあとジェウクが台本を読み、セリフを生で聞かせてくれた。 ファンにとって聞き慣れたセリフを生で聞くことができ、滅多に経験出来ない素敵な時間となった。
33
途中OSTを歌っているヨン・ギュソンとアン・ヒョンジョンの生歌も入り、テレビで見る世界を実体験できる 不思議な特別感を感じることができた。
34

ファンミーティングの最後にジェウクから挨拶が行われた。
「今回はドラマのイベントということで とても特別感があり、嬉しく思います。 皆さんにとって思い出になるようなドラマを自分から直接紹介することができて、とても嬉しく思いました。 またKBS Worldではたくさんのドラマを放送していますので是非ご覧いただき、この『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』も最終話まで楽しんでご覧ください。 また日本の皆さんがお茶の間で韓国ドラマを楽しむことができるKBS World JAPANの社長様や 関係者の皆様みにも感謝いたします。 僕は明日韓国に帰国次第、また撮影に入りますが、8月3週のドラマの撮影が終わるまでベストを尽くして頑張りたいと思います。 皆様もどうか最終話まで日本でドラマをご覧いただいて、最後まで変わらず応援をしていただけると信じていますし、皆様の愛をお待ちしています。 また、さまざまな楽しい番組がKBS Worldで放送されていますので、皆様応援、ご声援をお願いいたします。皆様どうかお幸せにお過ごしくださいね。」
35

ジェウクの魅力とドラマの雰囲気を満喫できる楽しいファンミーティングに参加したファンたちは、このあと行われたハイタッチ会で ますますジェウクに魅了された。 笑顔でファンひとりひとりに丁寧にハイタッチするジェウクには誠実という言葉が一番似合っていた。
大人気ドラマ“ ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人”も いよいよ 佳境に入り、ますます目が離せない。 これからの展開がとても気になる、絶対に1話も見逃したくない作品だ。
8
7