初のソロアルバム「BASE」の発売を控えて連日話題を集めているシャイニージョンヒョンが自作曲「デジャブ」(Déjà-Boo)」で各種音源チャート1位を席巻して歌謡界突風を起こしている。
 
過去7日0時、各種音楽サイトを通じて先行公開された「デジャブ」は、メロン、ジニー、ネイバーミュージック、次にミュージック、バックスなど音源チャートでリアルタイムに続いてデイリーチャートも1位に上がった。ジョンヒョンの初のソロアルバムに対する熱い関心を実感させた。
 
ジョンヒョンの自作曲「デジャブ」(Déjà-Boo)」は、レトロ感が漂うシンセサイザーのコムピン演奏とファンキーなリズムのベースが引き立つレトロパンク曲で、ヒップホップミュージシャンジャイアントティー(Zion.T)が共同作曲とフィーチャリング参加して曲の魅力を一層倍加させた。

1420711351-30

加えてジョンヒョンは今日(8日)ネイバーを通じて「BASE」のハイライトメドレー映像をオープン、アルバム全曲のハイライトメドレー音源はもちろん、今回のアルバムにコラボレーションしたユンナ、ザイオンティー、アイロンと音楽作業をするなど、ソロアルバムを準備するジョンヒョンの多様な姿も含まれており、話題を集めている。
 
また、ジョンヒョンは、本日SMTOWN COEX ARTIUM(SMタウンコエックスアーティウム)で取材陣と観客を対象に初のソロアルバム発売記念ショーケース」BASE of JONGHYUN」を開催して新曲の舞台を初公開、新しいアルバムに対する期待感がさらに増幅される見通しである。
 
一方、ジョンヒョンの最初のミニアルバム「BASE」は、来る12日0時、各種音楽サイトで全曲音源が公開され、ジョンヒョンは9日、KBS「ミュージックバンク」を皮切りに、10日MBC「ショー!音楽中心」、11日SBS「人気歌謡」など、様々な音楽プログラムを通じて新曲舞台をプレゼントして本格的な活動に乗り出す。

1stミニアルバム「BASE」ハイライトメドレー