女優コ・ソンヒがJYJキム・ジェジュンとの演技に言及した。コ・ソンヒは6日午後2時、ソウル江南区駅三洞(カンナムグ・ヨクサムドン)のザ・リッツ・カールトン・ソウルで開かれたKBS(韓国放送公社)第2テレビの新しい金曜ドラマ『スパイ』の制作発表会に参加した。
20150107101237-1
このドラマでコ・ソンヒとキム・ジェジュンは恋人役として息を合わせている。コ・ソンヒは「純粋で人間味があり、スタッフや共演者に優しい部分があって驚いた。愛嬌もある。思わず好きになってしまうような人ではないかと思う」とキム・ジェジュンを賞賛した。特にコ・ソンヒはキム・ジェジュンとの今後の絡みについて「当然だ。大変なことになるかもしれない」と意味深長な発言をして作品に対する期待を高めた。
20150107101237-2
続いてキム・ジェジュンは「キスシーンの秘訣は特にないが、相手によって見せ方は変わると思う」と話した。キム・ジェジュンは「今回のコ・ソンヒとのキスシーンは本当に自然で人に感動がある」とし「キスシーンやスキンシップのシーンが終わるとその余韻がいつまでも続いていた」と笑顔を浮かべた。キム・ジェジュンは、劇中、最年少で国家情報院に抜てきされた天才エース要員のキム・ソンウ役を演じている。

一方、『スパイ』はイスラエルのドラマ『MICE』を原作にしている。前職がスパイの母親と国家情報院の息子の物語を描いた作品だ。今月9日午後9時30分初放送された。

【記者会見の様子】

B7CK3bUIcAE7A38
第一話ダイジェスト