BBB_7469
2016年12月7日,日本では10年ぶりとなるフルアルバム「DANGERMAN」を発売したSE7EN(セブン)。 “今まで見たことがないSE7EN”をコンセプトに掲げた このアルバムを引っさげ、2017年1月、SE7ENは名古屋・大阪、そして1月31日(火)には東京・中野サンプラザホールにて『SE7EN LIVE TOUR 2017 in Japan-Dangerman-』を開催した。
(本レポは東京公演・昼の部)

やさしいピアノの音とともに平和な青空の映像が流れると、突然一変してドラマティックで怪しげなピアノ音にかわった。 どうやらこの公演は一筋縄ではいかない・・・そんな予感と期待感の中、今回のアルバムタイトル曲 『Dangerman』からスタート。 黒のロングジャケットを着たSE7ENがステージに登場すると大きな歓声が起こった。 ダークなイメージのこの曲で、新しいSE7ENの世界感を感じさせた。

『Feel The Fire』では女性ダンサーに いざなわれ、ステージに置かれた椅子に座り、かなりセクシーなダンスで魅了した。 スピード感溢れるサウンドに乗せ、女性に振り回されどうしていいのかわからず迷走する男の気持ちを表現した。
AAA_5271

歌い終わると、いつものSE7ENらしく「みなさん こんにちは~。こんに こんに~!(※SE7EN定番の挨拶言葉) 2017年、あけおめっ!ことよろ~~。」と明るく挨拶。
「今日はこんなに朝早くから(※開演時間は・・・15時!)たくさん来てくれてありがとうございます。 今日は火曜日だけど・・・・、仕事とか学校とかなかったかな? あったけど、休んで来ました? 悪い学生、悪い~・・・・(笑) でも偉い!来てくれてありがとう~。」と、ジョークで会場を和ませた。 こんなちょっぴりブラックな発言もSE7ENとファンが強い絆で結ばれているからこそだ。

『I’M GOING CRAZY』では、やさしいメロディーとともに、SE7ENのきれいな高音ボイスで魅了した。
『Love Mystery』では切ない気持ちを、感情をこめて歌い上げた。

『SOMEBODY ELSE』では、好きな人が自分とは違う男性を選んだ、ちょっとやるせない気持ちを アップテンポで聞かせた。
華麗に歌い踊るSE7ENの姿に、客席のあちこちから「かっこいい・・・」と言う声が聞こえて来た。
「こんな朝早くから歌うのはすごく久しぶりだから・・・(笑) 普通とは気持ちが違って、新鮮な気持ち。 今、僕は誰?・・・そういう気持ちになっています(笑) 今が夢の中かどうかわからない(笑) 」と、その後も何度か繰り返されたSE7ENの、“こんなに朝早く”と言う言葉に爆笑が起きていた。 LUCKY SE7EN(SE7ENファンの呼称)から「起きて~!」と言う声が飛ぶなど、温かいやりとりが繰り返された。そういう気取らない発言をするSE7ENだからこそLUCKY SE7ENにずっと愛されて来たのだろう。
名古屋・大阪公演が終わり、二日間自由時間があり、東京で買い物や食事をして楽しんだと語った。 また、当日は開演前に、抽選で選ばれた100名を招いてリハーサル見学会がおこなわれたが「リハーサルより(本番のほうが)ぜんぜんうまいですよね?(笑) リハーサルは寝起きで・・・。 皆さんにはここまで見せちゃダメなんじゃないかなって・・・(笑) でもリハーサルでも・・・。」と言うと LUCKY SE7ENから間髪入れずに「かっこよかった!」と言う声が飛び、それを聞くとニヤっと笑いながら「その答え Good!」と、茶目っ気いっぱいに答えていた。 「けど、今も?」と再び問うと、また「かっこいい!」と言う答えが返って来たのを聞き、「でもこれから・・・もっとかっこよくなるかも(笑)」と言って会場の空気をますます盛り上げた。

ステージにソファーが準備され、そこに仰向けに寝そべったSE7EN。 「次の曲は僕が3年前に、すごくつらい時期があって・・・・。でもそんな時も僕を信じてずっと応援してくれた皆さんの・・・ために作った・・・曲・・・なんですけど。」と、目をつぶりながらゆっくり話すSE7EN。 目をつぶっているため、少しずつ眠りに入っているように見えたのかLUCKY SE7ENからは「がんばって!」というエールが飛んだ。
昨年7月に韓国で3年ぶりにリリースした『ケンチャナ』はSE7ENがさまざまな困難にぶつかって苦しんだ時、LUCKYSE7ENなしでは生きられない、何よりも大切な人だと感じたことを素直に歌詞に書いたもの。 ソファーに寝そべりながら目をつぶり、歌詞ひとつひとつに感情を込めて歌っていた。
AAA_5599
続く『Eternity Love』 では、白いスモークに包まれ幻想的な雰囲気の中、ジャケットを脱ぎ、黒いシャツ・黒いパンツ姿で、美しいダンスを見せた。
AAA_5665

ステージの大きなスクリーンで『Dangerman』のMVメイキングビデオが流れたあと、艶やかな赤いナポレオンジャケットに着替えたSE7ENは、昨年7月7日 SE7ENの日に日本でリリースした爽かな曲『RAINBOW』を ダンサーとともに楽しそうに歌い踊った。 「その先を見に行こう」という歌詞を歌いながら前を指差すポーズに、SE7ENの前向きな強い気持ちがよく表れていた。 悩みから抜け出し、進みだしたSE7ENには この曲や次の『ANGEL』の爽快なメロディーがピッタリだった。
AAA_6171

「今日はなんか・・・・。雰囲気がいい・・感じ?」と、話しながら、トークテンポが少し いつもと違ってうまくいかない自分に気づいたのか 「みなさんも・・・起きてますよ・・ね?」と言い、笑いを誘った。 しかし「今日はここ埼玉まで・・・」と、中野にいるのに埼玉と言ってしまい、会場のあちこちから「違うよ~。」「中野~!」と声がかかるのを聞き、 「僕の好きな中野! やっぱ東京は中野だね~。言葉も出ないくらい、中野が好きだから~」と失敗も洒落たジョークに変えてしまうところがさすがSE7ENだった。

「名古屋・大阪で難しかったのは、新曲の歌詞。 歌詞を忘れず完璧に歌うつもりだったのに失敗して・・・。残念な気持ちになって・・・。昨日、今日、一昨日と、ずっとホテルで聞きながら頑張りましたけど・・・・。 でも、もう何回か・・間違えちゃった(笑) 次の曲は好きな曲で、みんなと一緒に歌いたいと思って準備したけど、この曲、歌詞が・・・難しい(笑) だから皆さんが一緒に歌ってくれたらいいな~。」
と、ちょっぴり甘えるように言うSE7ENの微笑ましい姿にLUCKY SE7ENたちはメロメロになった。

そして 『Dear you』を歌いながら、バラの花を持って客席に入り、7人のLUCKY SE7ENにプレゼントした。 渡されたファンは感激でしばらく放心状態になっていた。 小さな子供を客席に見つけ、そばに寄って花をプレゼントしたあとハグをする優しい姿も見ることができた。
AAA_6558

『One』ではステージセットの上に上がり、スタンドマイクで歌った。 続く 『LOVE AGAIN』では歌詞の“あの日の青いピアス 今でも揺れて”を “青いSE7EN棒”と変えるのが毎度のお馴染みで、その部分では ファンから「ふ~~!」と歓声が上がっていた。 (※7棒・・セブン棒:数字の7の形をしたSE7ENのオリジナルペンライト)
BBB_8621

歌い終わると会場にいた男性ファンを見つけ とても嬉しそうな表情になり、名古屋や大阪でも男性が来ていたが、もっと増えてほしいと語った。 また、2016年は韓国で5年ぶりにカムバックし、同時期に日本でも活動をして忙しかったが楽しい嬉しい一年だったと言うと大きな拍手が起こった。

韓国カムバックアルバムからのナンバー『GIVE IT TO ME』は、FUNKYな熱いビートで、会場は さながら クラブのようなグルーブ感で包まれ、完全に BURNUP状態となった。
AAA_7588

リハーサルでの様子が大スクリーンに流れたあと、重厚なサウンドとともに、サングラスをかけシルバーカラーのジャケットを身につけたSE7ENがステージに現れ、今回のライブで初めて披露した『5-6-7』 や、『DIGITAL BOUNCE』で魅了した。 中毒性のあるシンセサイザーの音が鳴り響き、エレクトリックダンスミュージックの世界にファンは陶酔状態となった。
AAA_8085
歌い終わってもファンの興奮状態はしばらくおさまらなかった。
立て続けに激しいダンスナンバーを披露したSE7ENは、ファンからの「かっこよかった~!」という声に 「かっこいいかもしれないけど・・・、ちょっと・・大変かな~(笑)」と返答。 ファンから「まだいける~~。80まで!」の声に 「 できれば長く・・・80まで(笑)踊っていけるように頑張ります。皆さんもお元気で~!(笑) 運動もして、体力もつけないと、一緒に踊らないといけないからね!(笑)」と、これからもずっと一緒に歩んできたいという気持ちをさりげなく伝えた。

1月28日は韓国の旧正月(설날)だったからと、韓国式の 床に座って頭をさげる厳かな挨拶をして見せた。 そして顔をあげると ニヤっと笑いながら 「お年玉ください!」と言い笑いを誘った。

プライベートの姿を見せたいと、ここ最近はDVD用の映像を撮っていることを明かした。「 2017年はいろんなことをやりたい、すぐに次の日本でのシングルの準備もしなくてはと考えているので、このツアーが終わっても興味を持ち続けて、情報などを検索してください。」と語った。

続いてSE7EN自身が好きで、歌うと幸せを感じる曲だと言う『君が好きだよ』を 優しい表情を浮かべ、ファンひとりひとりを見つめながら歌った。 曲の最後の「好きだよ」の言葉にファンはメロメロになった。
AAA_8921

次の曲 『LA・LA・LA(Remix ver.)』では 「最近流行の “マネキンチャレンジ“を、曲の途中に織り込んだので、LUCKY SE7ENのみんなも一緒にやってください。」 と語った。 合図とともに、マネキンのようにその瞬間のポーズのまま動かない”マネキンチャレンジ“。 曲が始まる前にまず練習したが、合図とともにまったく動かなくなったLUCKY SE7ENたち。 SE7ENが客席通路を通っても、見たり動いたりしない徹底した様子に驚き、感激していた。 また「LA・LA・LA~♪」と一緒に歌うところも完璧で、SE7ENとLUCKY SE7ENの固い結びつきを感じさせた。
「すごかったですね。 みんな本当に動かなかったですね。 完璧でしたね!」と見事なマネキンチャレンジを見せたLUCKY SE7ENに心から称賛の言葉を贈った。

続いて最後の曲となったピースフルなナンバー『We Needs Is Love』でも、会場一体となって一緒に楽しみたいと、ハートポーズいっぱいのダンスを教え、練習した。 曲の途中ではハート型の紙飛行機も舞い飛び、温かさを感じるこの曲とともに、会場には たくさんの愛が溢れ、おだやかで幸せな気持ちでいっぱいになった。
BBB_8744

客席からはアンコールを求める声が鳴り響き、黒いツアーTシャツに着替えたSE7ENが再び登場し、『ありがとう』を歌いながら 感謝の気持ちとともに“7棒”がゆれる客席通路を練り歩いた。

「楽しかったですか? 僕も2017(にせんじゅうセブン)年の1月から みんなと会うことができて楽しかったし、嬉しかったです。 これからも、もっといい曲、いい歌、いいステージ、いいダンスを見せるために頑張って行きますのでよろしく応援をお願いします。 今日は朝早かったから(笑)始まったときは、すごく大変な気がしたんですけど(笑) どんどんからだが起きていって、今は元気になって(笑) また皆さんと会うことを楽しみにしています!」と語った。
2月2日、目黒でおこなうアフターーパーティーについて「初めてですよね。 目黒でやるのは・・・。 2004年くらい、日本でデビューする前に僕は目黒で2~3ケ月住んだことがあるんです。 目黒は(韓国の)自分の家みたいで、いやなことも無くて住むのが楽で・・・。 日本語の勉強やダンスリハーサルをした場所なんです。 あっと言う間の10年でしたが、これからの10年もみんなと楽しくいけるよう、頑張ります。」と、エピソードと抱負を語り、その頃にレコーディングした曲『光』を最後に歌った。 客席におり、ファンから渡された花束をたくさん抱え、幸せそうな輝く笑顔が印象的だった。
AAA_9344

ずっと第一線を走り続けて来たように思えるSE7ENだが、入隊や独立など、図り知れない苦悩もあったようだ。 しかし、それを乗り越えられたのは LUCKY SE7ENがいてくれたからと常に語るSE7EN。 今回のライブでは 新しいアルバム『DANGERMAN』からの曲に加え、今まで発表してファンから愛されてきたナンバーを織り交ぜたセットリストとなっていた。 ダンス曲が多めで、かなりエネルギッシュなライブ内容だった。 今後の活発な活動も少しずつ進行中のようだ。 新年から快調に飛ばし始めたSE7EN。 2017年、にせんじゅうセブン年、どのようなSE7ENイヤーが展開されるのか楽しみで仕方ない。

■SE7EN OFFICIAL HP⇒ http://lucky-7.jp/
■SE7EN OFFICIAL Twitter⇒ https://twitter.com/luckyse7enJ (@luckyse7enJ)

■『DANGEARMAN』
MV Short ver.

アルバム詳細⇒ http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A025474.html