ぜ3_edited

韓国の7人組グループBTOB(ビートゥービー)。
グループ名は「Born To Beat」の頭文字を組み合わせたもので、「新しい音楽(ビート)」とステージを披露するために生まれた」という意味をこめて名付けられた。

そんなBTOBは、グループ名の通り、新曲をリリースするたびに毎回新しい一面を見せ、 韓国で2012年3月にデビューして以来、常にチャート上位を獲得するトップアーティストとして認知されている。

日本でも 2014年11月のデビュー以来、快進撃が続き、昨年6月にリリースした日本5thシングル『L.U.V』と12月にリリースした日本1stアルバム 『24/7 (TWENTY FOUR/SEVEN)』が、オリコン週間アルバムランキングにて1位という快挙を成した。

そしてこの度、2017年5月3日に待望の 日本6thシングル『MOVIE – JPN ver. – 』が発売になると発表された。 韓国ではすでにリリースされチャート上位を総なめにした『MOVIE』の日本語バージョン 『MOVIE – JPN ver. – 』で、再び日本に大きな旋風を巻き起こす。 『MOVIE』は、メンバーのイルフンが作曲したファンクスタイルダンスナンバーで、またもや今まで見たことのない新しい姿を見せてくれる。

この『MOVIE – JPN ver. – 』の 発売を記念して、2017年5月2日、池袋サンシャインシティ 噴水広場(東京)にて、公開記者会見が行われた。
この日は ゴールデンウィーク中とは言え、谷間の平日だったにもかかわらず、会場は驚くほど沢山のファンが集まり、ステージ周辺はもちろんのこと、吹き抜けになった噴水広場の上階までもギッシリの人で埋め尽くされた。

ファンが待ち構える中、ステージに登場したBTOBは、この季節にピッタリな爽やかな白やボーダーのシャツスタイル。

まずは 昨年12月に発売し、オリコン週間アルバムランキング1位を見事に獲得した 日本1stアルバム『24/7 (TWENTY FOUR/SEVEN)』の収録曲でファンからも非常に人気の高い曲『今すぐここでKISSを交わそうよ』からスタート。 大人のカジュアルな雰囲気を感じる、爽やかなナンバー。

この曲を歌い終わると 「Born To Beat!こんにちは 、BTOBです。」と揃って挨拶。 その後各々の自己紹介を行う中、
ソンジェ「こんにちは。BTOBのソンジェです。 今日…誕生日なの。」
と、照れくさそうにちょっぴり甘えた声で言うと、会場のあちこちから「おめでとう!!」の声が飛び交った。
そ2_edited

ここからは司会者をはさんでの質疑応答となった。
◆日本で6枚目のシングル『MOVIE – JPN ver. – 』が発売になりましたが、どんな気分ですか?
ウングァン「幸せです。 これも皆さんのおかげさまです。」
う3_edited

◆この『MOVIE – JPN ver. – 』は、どういう曲ですか?
イルフン「この曲は、韓国で先に発売された曲で、今回日本で新しくジャパンバージョンとして発売します。 BTOBの歌・ダンス・ラップ…いろんな魅力を見せることができる曲になっています。」
い4_edited
◆この曲、誰が作ったんですか?
イルフン「あ!僕が作りましたっ…(笑) 恥ずかしいです。」
そう言いながら、照れているイルフン。
ウングァン「天才っ!」

◆レコーディングで大変だったことはありますか?
イルフン「あまりなかったです。 あ…、でもウングァンくんのパートは キーが高くて(笑) ウングァンくん、すみませんでした。」
ウングァン「でも、キーは高いんだけど、僕のパートは歌詞が同じだから 助かりました(笑)」
ミンヒョク「この日本語バージョンでも、僕のパートは僕が歌詞を書いたんです。 その作詞が難しかったですね。そして自分で作詞したけれど、それをライブで歌うために歌詞を覚えるのが、また大変でした(笑)」

◆今回のシングルのタイトル曲や収録曲でお気に入りの曲は?
ミンヒョク「やっぱり『MOVIE – JPN ver. – 』、 あとは『SOMEDAY – JPN ver. -』です。 メンバーが作ってくれたから。」
(※『SOMEDAY』は ヒョンシクが作曲している)
ヒョンシク「僕は『SOMEDAY – JPN ver. – 』。 誰が作ったのか、わからないけれど~(笑)」
ひ4_edited
プニエル「『MOVIE – JPN ver. – 』 です。 歌がいいので皆さんに好きになってもらえると思うから。」
ぷ1_edited
ウングァン「BTOBのボーカルラインが聞ける曲の『Unforgettable』。みんなの声がいいから それが好きですね。」
ソンジェ「僕は…。『君の名は』の「なんでもないや」です。歌詞が好きです」
と、ソンジェは いきなりボケをかまし、司会者をあたふたさせた。 『MOVIE – JPN ver. – 』の中に入っている曲の中の好きな曲だと司会者に言われると
ソンジェ「ああ、MOVIEの中でね。 やっぱり『デスノート』が好きですね。」
と、さらっと 真顔で答えた。 さらなるボケに困り果てた司会者が 映画じゃなくてBTOBのシングル『MOVIE – JPN ver. – 』の中で…と、必死で答えを引き出そうとすると、ようやく
ソンジェ「僕は『Unforgettable』ですね。 キーが高くてかっこいい感じがします。」
イルフン「僕は(自分が)作曲した曲ですから 『MOVIE – JPN ver. – 』に 愛着があります。」
ウングァン「(この曲は、まるで)イルグンの赤ちゃんみたいだよね。」
チャンソプ「僕はヒョンシクが作曲した『SOMEDAY』が好きです。 この曲はいつかまた会おうっていう(意味がこめられた)曲だから。」
ち4_edited

◆東京・大阪でショーケースがありますね。
ミンヒョク「BTOBが好きな曲をたくさん見せるので、たくさんのMelody(BTOBのファンの呼称)が来てくれたら本当に嬉しいです。」

ここでソンジェがいきなり前日にあった面白エピソードを話し始めた。
ソンジェ「きのう、休みで表参道に行ったら、前から来た人に “ソンジェだ!”って言われてびっくりしました。」
ミンヒョク「僕も、イフルンと原宿に行ったら、いきなり韓国語で “BTOBのミンヒョクさんですか?”って聞くから“はいっ!”って答えたら、その人も “はいっ!”って答えて、そのまま行っちゃった…(笑)」
み8_edited

◆前作のシングル『L.U.V』や、アルバム『24/7 (TWENTY FOUR/SEVEN)』は週間オリコンランキングで1位を獲得しましたが、今回の目標は?
ミンヒョク「月間ランキング、やっぱり1位ですよね!(笑)」
ウングァンはリーダーらしく、これに補足して
ウングァン「アルバムを発売する時から成績や順位は気にしません。いつもファンの皆さんが感動してくれる歌にしたい…って思っています。」
イルフン「音楽で世界平和を!」
ソンジェ「BTOBが 皆さんの人生のBGMになります!」
そ1_edited

新曲への熱い思いを語り、次はフォトタイムをおこなうと司会者が言うと、メンバーたちは「ちょっと待ってて。」と何やらソワソワ。

ウングァン「準備したことがあるんで、ちょっと待ってください。楽屋へ…。」
と、言うと ソンジェの顔が なにやら察したように パッと輝き…。
ソンジェ「まさか? まさか?(笑) ドッキリ??」
そう言いながら、楽屋から出てきたウングァンが大事そうに運んできた大きなバースデーケーキを見て
ソンジェ「なんだこれ~!」
と言いながら、本当に嬉しそう。
メンバーもファンも一緒に 「HAPPY BIRTHDAY TO YOU~♪」と一斉に歌うと、
ソンジェ「ありがとうございま~す!!!」
と、幸せそうに会場を見渡した。 そして、たくさんのお祝いに 大感激のソンジェは興奮のあまり、いきなり隣にケーキを持って立っているリーダー・ウングァンのほっぺにCHU!
ウングァンは びっくりして、ケーキを落としそうになるハプニングも。 その隙を狙って、後ろからチャンソプがそっと近寄り、ケーキのいちごをひとつ つまみ食い。 会場中が大爆笑となった。
ぜ1_edited
ソンジェ「今日は僕の両親に産んでくれてありがとうって言いました。 皆さん、生まれて来てくれてありがとうございます(笑) 毎年ずっとおめでとうって言ってくれて本当にありがとうございます。 超恥ずかしい…なんかプロポーズしているみたい…。(笑)」
と、ジョークを交えて照れ隠しをしながら あらためて心から感謝の言葉を語った。

その後、ケーキを持って満面の笑みを浮かべたソンジェを囲んでのフォトセッションがおこなわれた。 メンバー全員がソンジェの誕生日と 新曲の発売という ダブルの喜びでとても嬉しそうな表情を浮かべていた。

最後に 5月3日、発売の新曲『MOVIE – JPN ver. – 』を歌って締めくくった。 ドラマティックな展開のメロディラインで 大人のムード溢れるニューファンクスタイル。 それぞれのメンバーの個性と魅力がじゅうぶんに引き出された洒落たナンバーに会場中が酔いしれた。

BTOBというグループは ダンスを踊っても歌を歌っても、ラップを聞かせても、そしてトークタイムでも…。 あらゆる面で最高のエンターテイナーだとあらためて感じる時間となった。

BTOB 日本6thシングル「MOVIE – JPN ver. -」はタワーレコード全店総合シングル週間チャート1位に輝いた。さらにオリコンデイリーランキング2位、Billboard JAPAN Hot 100   4位を獲得している。
ぜ5_edited

★★ オフィシャル写真が到着いたしましたので、こちらに追加UPいたします ★★
↓↓↓
1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

↑↑↑
以上 追加写真

BTOB『MOVIE – JPN ver. -』

★2017/5/3 Release!
BTOB Japan 6th Single『MOVIE – JPN ver. – 』

“メンバーのイルフン作曲”
NEWファンクスタイルダンスナンバー!!
BTOB

————————————————————-
◆SPECIAL初回限定盤
価格:3,900円 (税込)
CD+DVD+フォトブックレット+
トレーディングカード

<収録曲>
1.MOVIE – JPN ver. –
2.SOMEDAY – JPN ver. –
3.花
4.Unforgettable
5.MOVIE (Instrumental)

[DVD] REQUEST AWARDS “BTOB BEST20 Melody”ダイジェスト映像
————————————————————-
※詳細はHPをご確認くださいませ。
BTOB JAPAN OFFICIAL SITE : https://btobofficial.jp/

 

◆チャンソプが6月、BTOBメンバーとして初のソロデビュー!SHOWCASEも開催!

★ LEE CHANG SUB 日本ソロ デビューシングル★『bpm82.5』

■初回限定盤
(DVD+CD+フォトブックレット+トレーディング
カード)
[DVD]ミュージックビデオ+メイキング映像価格:2,407円+税

■通常盤 Type-A/Type-B/Type-C
(CD+トレーディングカード) 価格:1,204円+税
[発売日] 2017年6月予定
[発売元] KISS Entertainment Inc.
[販売元] KISS Entertainment Inc.

Official WebSite : https://btobofficial.jp/
Official Twitter : https://twitter.com/BTOB_JPN

★  CHANGSUB SOLO SHOWCASE “bpm82.5” 

BTOB:LEE CHANG SUBのソロデビューを記念して、 LEE CHANG SUBの魅力を詰め込んだSHOWCASEとなっております♪
6月、東京&大阪にてCHANGSUB SOLO SHOWCASE “bpm82.5″を開催いたします!
チャンソプバナー

【日程・会場】

◆2017年6月4日(日) ニコファーレ
席種/スタンディング
1部14:00(会場13:00)
2部18:00(開場17:00)
【販売価格】
¥7,500(税込)

◆2017年6月11日(日) 阪急梅田ホール
席種/全席指定
1部14:00(開場13:00)
2部18:00(開場17:00)
※開場/ 開演時間は変更になる場合がございます。

※各会場席種が異なりますのでご了承下さい。
※3歳以下入場不可、4歳以上有料
※お1人様各公演4枚までご購入可能

★チケットお申込み日程★

◇Melody JAPAN 有料会員特別先行
2017年5月9日(火) 18:00 〜 2017年5月 15日(月) 23:59

◇BTOB JAPAN OFFICIAL SITE無料会員特別先行
2017年5月17日(水) 18:00 〜 2017年5月22日(月) 23:59

◇キッスエンタ.jp/ぴあ先行
2017年5月24日(水) 18:00 〜2017年5月29日(月) 23:59

◇一般受付
2017年5月31日(水)10:00〜

◆◆ BTOB PROFILE ◆◆

韓国の7人組グループBTOB(ビートゥービー)。「BTOB」の名前の由来は「Born To Beat」の頭文字を組み合わせたもので、「新しい音楽(ビート)」とステージを披露するために生まれた」という意味が込められている。韓国の大手芸能プロダクションCUBE ENTERTAINMENT INC.に所属し、2012年3月21日、シングル『秘密(Insane)』でデビュー。代表曲は『WOW』、『Beep Beep』等。

2014年10月1日より、「KISS Entertainment Inc.」と日本の専属マネジメント契約を締結。同年11月12日、シングル『WOW (JPN ver.)』で日本正式デビューを果たし、タワーレコード全店総合ウィークリーチャート1 位を獲得。また、オリコンデイリーチャートにおいても6位と好発進を遂げた。

2015年3月25日(水)、日本2nd シングルとなる、日本語オリジナル曲『未来(あした)』をリリース。発売初週で75,607枚を売り上げ、オリコンウィークリーチャート2位、3月度オリコン月間ランキング9位を記録。
トータルセールス枚数は10万枚を超えた。

6月29日には初となるバラード曲『It’s Okay』で韓国カムバック。そして8月19日、日本3rdシングル『夏色MY GIRL』を発表。
楽曲は『未来(あした)』の生みの親、ヒットメーカーの多田慎也との再タッグ。オリコンデイリーチャート2 位、タワレコ全店総合マンスリーチャート1位を記録する。10月には『Way Back Home』で韓国カムバックを果たし、見事音楽番組1位を獲得。

2016年2月、日本4thシングル『Dear Bride』をリリースし、約15万枚をセールスしオリコンウィクリーチャート2位、2月度オリコン月間チャート3位を獲得した。また3月には『Remember That』で韓国カムバック、自身初の韓国地上波音楽番組1位に輝き、ヒーリングアイドルとしての人気を見せつけた。
TOPアーテイストへと登りつめたBTOBが、昨年6月15日、日本5thシングルとして壮大なラブ・バラード『L.U.V』をリリース。自身初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得!!

さらに昨年12月に発売した日本1stアルバム『24/7 (TWENTY FOUR/SEVEN)』が、自身初のオリコン週間アルバムランキングにて1位を獲得し、名実ともにTOPアーティストに成長した!!
2017年5月3日に待望の日本6thシングル『MOVIE – JPN ver. – 』を発売!

『MOVIE – JPN ver. – 』は、メンバーのイルフンが作曲したファンクスタイルダンスナンバー。今までにない新 たなBTOBの魅力が感じられる、まさに名曲!! また、メンバーのヒョンシク作曲の切ない歌声が魅力的なバラード「Someday」の日本語バージョンも収録。 新たな魅力を見せ続けるBTOBから目が離せない!!

【member】
ウングァン: 1990 年 11 月 22 日生まれ。 担当:リーダー、メインボーカル
ミンヒョク: 1990 年 11 月 29 日生まれ。 担当:ボーカル、ラップ
チャンソプ: 1991 年 2 月 26 日生まれ。 担当:ボーカル
ヒョンシク: 1992 年 3 月 7 日生まれ。 担当:ボーカル
プニエル : 1993 年 3 月 10 日生まれ。 担当:ボーカル、ラップ
イルフン : 1994 年 10 月 4 日生まれ。 担当:ラップ
ソンジェ : 1995 年 5 月 2 日生まれ。 担当:ボーカル、ラップ

BTOB Official
Official WebSite : https://btobofficial.jp/
Official Twitter : https://twitter.com/BTOB_JPN