2017年8月11日 KNK(クナクン)が “HERE WE ARE “ KNK SUMMER LIVE TOUR IN JAPAN 2017”を 恵比寿ガーデンホールにて開催した。

KNKは 2016 年3月3日に 韓国でデビュー。
グループ名のKNK(※ハングル表記:크나큰)は、 “①この上なく大きな人になれ ② “K-pop kNocK(K-POPノック)”=自分たちの音楽でK-POPの扉にノックする ” という2つの願いから名付けられた。 デビューまでの約5年間は練習生として努力を重ね、確かな実力を身につけた。そのためデビュー前から歌・ダンスのスキルの高さが評判を呼び、 あっという間にK-POPを愛する人たちに 認知されるようになった。 また、平均身長185cmそして 丹精な顔だち・・・、 KNKがデビューするやいなや人気沸騰したのは 誰もが納得のことだろう。
日本でも大人気となった KNKは 2016年9月に初来日し、熱い歓迎を受けた。 今回で早くも4度目の来日となった。 そして 2017年10月には ユニバーサルミュージック合同会社より日本デビューも決り、ますます KNK熱が急上昇している。

プロフィール映像が流れたあと、KNKがステージに登場すると、会場が壊れるのではと思うほど大きな歓声が起こった。
『Rain(비)』のイントロが流れるとファンからの大きなコールが入った。 大人の雰囲気漂う せつないメロディーに合わせ熱唱し、いきなり最初から歌のうまさとダンスの美しさを見せつけた。

2曲目の『Beauty(아름다워)』を歌い終わると
「こんにちは~!KNKで~す!」と、爽やかな笑顔で挨拶をした。

「リーダーとダンスを担当しているジフンです。」
「KNKで一番背が高いパク・スンジュンです。」
「KNKで長男とボーカルの キム・ユジンです。」
「KNKでかわいいメインボーカルをしているインソンです。」
「KNKの末っ子、ヒジュンです。」

スンジュン 「4月のツアーから4ケ月ぶりですね。とても会いたかったです。」
インソン 「今回のステージはKNKのいろんな魅力を見せるステージになると思います。」

ヒジュン 「一生懸命準備した分、最高のステージをお届けします!
スンジュン 「最初の曲は この前リリースした『Rain(비)』でした。」
ユジン 「雨が降ると、思い出す特別な人がいますよね。 これからは雨が降ったら、皆さんは僕たちのことを思い出してくださいね!」
ジフン 「その次に歌った 『Beauty(아름다워)』は、恋に堕ちた男の姿・・・、まるで美しいティンカーベル(※KNKのファンの呼称)に恋している僕たちのようですね。」
そう言いながら、ちょっと 照れくさそうにはにかんだ笑顔を浮かべた。

『I know(웃어줄게)』『Good Night(이밤이 지나면)』 『I Remember(요즘 넌 어때)』の3曲で聞かせた声とハーモニーは あまりにも耳に心地よいものだった。
スンジュン 「今お聞かせした 『Good Night(이밤이 지나면)』は、今回の新しいアルバム収録曲で ユジンさんが書いたものです。」
ユジン 「“好きだった人との思い出を今日ですべて忘れます・・・”という気持ちを書いた曲です。」

続いて『Propose(고백)』『Goodbye(괜찮은가봐)』などでも、更に歌のうまさを印象づけた。 クセの無い、伸びやかな5人の声がなんとも言えない絶妙なバランスを生み出していた。 感動した客席からは大きな拍手と歓声が起こった。

続いて、雰囲気を変え、アップテンポなナンバー 『Stay + U』、そして、ファンの大きなコールとともに一度聞いたら耳から離れない中毒性のある曲『KNOCK』を歌い踊った。

日本のファンを楽しませるためにKNKが一生懸命考えたゲームコーナー “KNKのことを もっとわかって”がスタート。ひとりずつ、本人に関したクイズを5問出し、他のメンバーがフリップに答えを書いて当てるというもの。 不正解が一番多かったメンバーには罰ゲームが与えられると聞き、正解するため奮起するメンバー。

問題が出されるたびに、大騒ぎしながら楽しそうに回答を書くメンバーたち。 会話する様子から、普段の合宿所や楽屋でもこのように わちゃわちゃ仲良く楽しく過ごしているであろうことが伝わってきた。 とにかく底抜けに明るい。 そしてお互いをとてもよく知っていた。
5問×5人、合計25問もの出題が終わり、残念ながら スンジュンと 末っ子のヒジュンが罰ゲームをすることに。 スンジュンはセクシーダンス、ヒジュンはおもしろダンスを披露した。 2人とも覚悟を決め最後までしっかり やりきり、大喝采を浴びていた。

「ここからは KNKの大きな魅力、パフォーマンスを見せる時間になりました!」
そう言うと『Sun.Moon.Star(해 달 별)』を歌い、せつないメロディーに合わせ美しく舞う姿を見せた。 ダンスに、歌詞の中に描かれた感情が見事に表現されていた。

どのメンバーも 身体の隅々まで神経の行き届いた美しいダンスを見せた。 5年間積み重ねた 歌・ダンスは 確実にKNKの魅力となり、大きな武器になっていた。

スンジュン 「今まで全部来てくれたかたも、今日初めて来てくれたかたも、次のライブにも皆さん来てくださいますよね?」
そう言うと『Angel Heart(마음씨)』『I’ll Try(노력해볼게)』の2曲の美しいメロディーを 心を込めて歌い、ファンたちは KNKの美しい歌声に完全に引き込まれていた。

「2017年は まだ思ったより色んな姿を見せられなくて残念です。最近になってすごく忙しくなりましたがそっちのほうがいいですね。 残りの4ケ月はもっと忙しく過ごしますのでよろしくお願いします。そろそろ僕たち、日本デビューするんですが、その時も今のようにたくさん応援してください。 毎回新しいアルバムをつくるたび、皆さんがどうやったら喜んでくれるか考えています。愛をこめて作っているので、いつも僕たちのアルバムを聞くときはプライドを持って聞いてくださったら嬉しいです。 10月、新しいアルバムが発売になった時も 今のような関心と愛をお願いします。 もっとティンカーベルに会えるように頑張ります。 10月には東京、大阪で初のファンミーティングもありますので、期待してください。 これからもずっと一緒だよ。 愛してる! 皆さんから大きな元気をもらっているので、それをちゃんと返せるようになりたいです。」

メンバーみんなで言葉を重ねながら、ティンカーベルに大きな感謝と愛、そしてこれからも大きな関心を 持って応援してほしいという気持ちを伝えた。
今後も努力し続けるKNKであることを約束して、『BACK AGAIN』 『DAY N NIGHT』の2曲で 熱く激しいダンスパフォーマンスで スキルの高さを見せつけステージをあとにした。

素晴らしい歌とパフォーマンスを見たファンたちは当然のごとく大きくアンコールを叫び、KNKの登場を待ち焦がれた。

再びステージに姿を見せたKNKは
「みんな(また 登場して来て) びっくりした?(笑)」
と またファンの前でパフォーマンスできることが嬉しくて仕方ない様子だった。
『Tonight』を歌うと、本当に名残惜しそうにしながら公演を終えた。

メンバー同士、終始 笑顔で ポンポンと弾むような楽しい会話を交わす姿から、 KNKは今後もメンバー全員でチカラを合わせ、ますます大きく成長することを確信させてくれた。 メンバー、そしてファン待望の日本デビューまで いよいよあと少し! ひとりひとりが個性と才能に溢れ、歌・ダンスの実力はもちろん、トーク力、そして恵まれたビジュアル・・・あらゆるものを兼ね備えた最強のKNK!! 今後の日本での活動展開が楽しみで仕方がない。

◆公演概要◆

“HERE WE ARE “ KNK SUMMER LIVE TOUR IN JAPAN 2017”

【東京公演】
公演日時:2017年8月11日(金・祝)
① 15時 ②19時
会場;恵比寿ガーデンホール
【大阪公演】
公演日時:2017年8月13日(日) 18時
会場:大阪市中央公会堂

主催:KAMON JAPAN  KWAVE J
共催:51Entertainment
協力:YNB Entertainment


◆2017年10月 日本デビュー「U/ BACK AGAIN」

予約⇒ユニバーサルミュージックジャパン  http://www.universal-music.co.jp/knk/

◆KNKJAPAN OFFICIAL SITE http://knkjapan.com/
◆KNK JAPAN LIVE公式Twitter
@knklivetour2017 ( https://twitter.com/knklivetour2017 )
◆KNK OFFICIAL Instagram  https://www.instagram.com/official_knk_ynb/

◆KNK JAPAN OFFICIAL FANCLUB: http://knkjapan.com/
問合せ:ライズコミュニケーション 03-5790-2661(平日13時-17時)

写真&文:C.Otsuka