【韓ペン オリジナルレポ!!】 (※写真は全てオフィシャル提供です)

韓国男子の義務である兵役に この秋にも就くことが発表されたMYNAMEの最年長メンバー・インス。 入隊が決まり 約2年MYNAMEを離れることになったインスの頭の中は、とにかく大好きなMYgirl MYboy (=MYNAMEファンの呼称)が寂しい思いをしないように沢山の置き土産を作ること。
まず、9月6日には 初めてのソロ・ミニアルバム『NAKED』を発売。 それに伴うリリースイベント。 そして、そのソロ・ミニアルバムをひっさげて 初のソロコンサート“In Soo’s 1st SOLO LIVE~NAKED~”を2017年9月23日(土) ZeppTokyoにて開催した。


ステージに組まれたセットの上段から、赤いロングジャケット シースルータイプのTシャツ、黒いパンツ姿でインスが登場すると大歓声が起こり、黄色いペンライトが一斉に揺れ始めた。

6人のダンサーを従え 『NAKED LOVE』からスタート。

ソロアルバムのリリースイベント初日直前、腰を痛めて披露することができなかったこの曲のパフォーマンスに、その時の無念さと 曲への熱い思いを込めて踊っていた。

曲の途中、ステージ中央でくるくると数回転ターンすると、その華麗な姿に大きな拍手が起きていた。

続く『GIGA FIRE』~『Guilty As Charged』では エレクトリックサウンドと 5つの画面のあちこちにインスの姿が次々映し出される様、色鮮やかな照明が相絡まり高揚感を煽った。歌いながらインスが一瞬ジャケットを肩からすべり落とすと 「きゃー!!」という歓声が起こった。

歌い終わると 今までのワイルドさはどこに?と思うほど愛らしく、ニコっとかわいいインスマイル(=インスのスマイル)を浮かべ
「やっほ~~♡」
と挨拶。 さっきまでのワイルドな姿と笑顔のギャップがたまらない。
「今日は死んでもいいくらい頑張っていきます。みんなの準備は??」と客席に問うと、返って来た大きな良い反応が嬉しくてたまらない様子。
「ちょっと着替えるね。」と言うと、なんとステージ上で赤いジャケットを脱ぎ、黒のナポレオンジャケットに生着替え! シースルーのTシャツ越しに見えたインスの美しい肢体に、MYgirlから「きゃ~っ!ふぅ~っ♡」と声が上がると 「うるさいよ~!」と 照れ隠しの憎まれ口をきいて笑いを誘った。

「今日23日という日をすごく待っていました。 こういう機会を得るのは人生の中でなかなか出来ないから。 リリイベが始まった時は(腰を痛めてパフォーマンスを披露できない)問題があったけれど、全部神様は見ていて 今日のためにプレゼントをくれると思います。今日はオレの声も、みんなの声も一緒に最高な“きゃ~~!!”で!」
インスがそう言うと客席から大きな叫び声が上がり、それを聞いたインスは「ナイス!やっほ~♡」と満足そうにしていた。

再びダンサーがステージに登場し、ミニアルバムからのナンバー『Hot Thing’s feat.JUN Q』を からだを うねらせながら歌い、セクシーに聞かせた。

「一緒に歌ってね!」
そう言うと がらっと雰囲気を変えて『Everlastin’ Luv』を歌った。 いつもはMYNAMEメンバーと手を重ねる部分では、ダンサーと手を重ね今日の公演での結束を誓った。 最後に指ハートやサランヘポーズで客席に愛を送った。

続く『Crazy Crazy』では頭の上でClapし、MYgirlをどんどん煽る。

いつもMYNAMEメンバーと肩を組み揺れる部分を ダンサーと踊ると、客席のMYgirlたちも隣の人と肩を組んで左右に楽しそうに揺れて、会場が一体となって楽しんでいた。

ステージにひとり残り 『Morning (IN SOO feat. JUN Q)』を歌いながら 客席に降り、一人一人の顔をじっくり見たり ハイタッチしながら端から端まで ゆっくりと練り歩いた。 曲のラストにはステージに戻り、ムービーカメラに向かってキスをする顔がアップでスクリーンに映し出されると悲鳴にも近い声が起こった。

ソロアルバムのリリースイベントや、今回のソロコンサートのリハーサル映像をはさみ、白い柔らかそうなニットと白いスキニー姿に着替えインスが登場した。 ステージ中央に置かれた椅子に腰掛け、キーボードとギターの生演奏で『ささくれ(1haf ver)』そして『Love Letter』を聞かせた。ソロアルバムに収録されている『Love Letter』は入隊を控えたインスからMYgirlへの思いが綴られたナンバー。インスは歌いながら気持ちが高まり歌えなくなってしまったが、その瞬間MYgirlがその部分を歌って補うという見事な連携プレーを見せた。MYNAMEとMYgirlの結束の強さをまたひとつ感じた瞬間だった。 生ピアノ・生ギターで歌うこの曲は絶品だった。

涙を拭きながら
「ごめんね。泣いちゃった(笑)  泣かないって約束したのにね…。みんな、歌ってくれてありがとうね。僕も約束したのに(泣いて)ごめんなさい。ちゃんと聞かせたかったのに…。2年後に(ちゃんと聞かせる)ね!(笑) 」
と、語るインス。
「いつもアコースティックででも聞かせたかったんですけれど なかなか機会がなくて。 今日はソロコンサートだからいっぱい歌も聞かせたくて。」
そう言うと 日本の人気曲3曲(『OH MY LITTLE GIRL~I LOVE YOU~Rainy Blue』をメドレーで聞かせた。 しっとりとしたナンバーにファンは聞き入っていた。 選んだ曲にもインスからMYgirlへの気持ちが込められていた。 インスは時折 涙を浮かべながらも最後まで歌いきった。

「なんでずっと涙が出ちゃうのかなぁ…。すごいガマンしながら歌ったんだけど。最近ピアノとか聞いただけでもその曲がすごく心に来て…。経験もそうだけど、少しずつ老けて来ているじゃないですか?(笑) だから去年までは(心に)聞こえてこなかった歌詞も、今は聞こえてきて。色々なことを考えながら歌うと悲しくなったり。 そういう部分が自分の悪いところでもあって、時々ファンのかたたちから“ちゃんと歌って!”と言われることもあったり(笑) 日本でデビューして6年経っていて、ソロでもこうやってみんなの前で歌えることを すごくみんなに感謝しています。 本当にありがとうございます。」

椅子から立ち上がり、心からの感謝を込めて深々とお辞儀をした。

「本当に感謝しています。 今日は本当に気分があがっていて、200%のエナジーを持ってきたんだけど、1部の公演でちょっと興奮して120%使っちゃった(笑)」
そう言うと客席から「え~~???(2部のエナジーは80%??)」と声があがった。
「ちゃんと聞いてよ(笑) ちゃんと充電したから大丈夫!今200%あるよ!(笑) 来月には韓国に戻って、(兵役に)行かなければいけないんだけど、みんなと約束したいのは、MYNAMEとしても そして一人でこんな風に歌っても、みんなまたこうやって来てくれますよね? こんなに集まってくれるなんて本当にありえないことだと思っています。 日本に来た最初の頃は メンバーが5人いて300人のお客さんだったのに、今は ひとりなのに こんなに沢山のMYgirlの前で歌っているなんて。マジ本当に両親に感謝しているし、MYNAMEのメンバー コヌ・セヨン・ジュンQ・チェジンに感謝しているし、MYgirlに一番感謝しています。この気持ちを絶対に忘れずに、頑張って行ってくるので絶対に待っていてください。 あ、この前も言ったけど…。 浮気は絶対にダメだからね!こうやって….
こうやって…(と、言いながら他のグループのメンバーと親しげにチェキを撮るポーズの真似をしながら)全部バレちゃうよ!(笑)」

さまざまな思いを語ると再びアコースティックサウンドに乗せ、今度はインスがとても気に入っていてインスタライブでも歌って聞かせたバラード曲などを韓国語で数曲聞かせた。
続いて画面に雨の映像が流れ『RAIN』を歌った。

がらっと雰囲気が変わり、再びトランスミュージックが会場を揺るがした。 ダンサーがレイザービームの中でパフォーマンスを見せると ステージ上段に置かれたターンテーブルとともに DJ.インスが登場した。
『Crank Up』を歌いながら 「Say Yeah!」「Say!MYgirl!」とファンを煽り続ける。

キャップを被ってソロアルバム収録曲『Burn』を歌い終わると 「暑いよ!」と言い、さりげなくジャケットを肩から少しさげた。 その瞬間客席からは「きゃ~~!!!」と黄色い声が。

期待していた通りの反応に ニヤっと笑いながら
「この衣装、みんなから見るとピカピカでしょ?でもね、これ(この素材、素肌には)痛いんだもん(笑) 」
すると客席から 「じゃ、脱ごう!」とすかさず声が。
「脱がね~よ!(笑)あ、次の曲で反応が良かったら脱ぐ!でも反応が悪かったらボタン閉めちゃうよ(笑) みんな、今日、観てどうだった? 一人でやるからすごく心配だったけれど…。大丈夫だった? メンバーがいないと立ち位置は広いんだけど、寂しいのは当たり前で…。 でも、みんながそれ以上のチカラをオレにくれているから、まだまだいけるんじゃない? あ、でも(ジャケット)痛いな~~(笑) 」
そう言いながら 次の曲で盛り上がってほしいことをさりげなくアピール。 どうやらジャケットは相当素肌に痛いらしい…。こんなに言われたらMYgirlは盛り上がってインスのジャケットを脱がせてあげなくては!♡
客席はすでに盛り上がる準備OK!

「みんなとひとつになれてるって感じがすごくして、今はみんなの幸せな顔を見るととても嬉しいし、すごく感謝しています。 また戻って来ても こういうステージをまたやってみたいって思いました!」

そう語り、ステージセット上段で、スタンドマイクを使って、2AMのジヌンが仲良しのインスのソロアルバムのために書いてくれた曲『One last time』を歌った。 もちろんMYgirlも一緒に歌って大盛り上がり。すると、その様子を見て、インスは約束通りジャケットを脱ぎ、サッとスタンドマイクにひっかけた。 鍛え抜かれた美しい腹筋を見せると会場中 大興奮の声が響いた。

「次の曲で最後です。今回のソロアルバムで一番評判がよかった曲です。みんな聞いて聞いて!」
そう紹介して『YOU DON’T KNOW ME』を歌った。 曲の始まりにインスが腰を揺らすと客席から「お~~!♡」という声が上がった。 歌い終わると 「ありがとう!」と 言いステージを去った。

突然 客席がピンク一色に。 MYgirlたちからのサプライズ、インスマイルのマークのついたピンクのペンライトが一斉に灯されアンコールを叫ぶかわりに 『雪道』の合唱が始まった。 二階席には “いつまでも忘れないで。この日を” と書かれた大きな横断幕が 取り付けられていた。 インスがセット上段から登場すると大きな歓声が起こった。 スクリーンにはMYNAMEと過ごした今までの日々の映像が映し出され、インスは『Promise Land』を歌いながら、時折、愛おしそうに画面を見つめた。 インスの歌声は時折、か細くなっていた。 上段から見た客席の景色、そして画面に映し出されたMYNAMEのメンバーたちの姿に、なんとも言えない気持ちになったのだろう。
「本当にみんなに感謝しています。 心の一番奥に入れて絶対にこの気持ちをずっと忘れずに2年間頑張って戻って来るので、みんなも絶対に笑顔で約束を守って、2年後に会いましょう。 みんな約束、守るよね?」
そう言うと、客席からは割れるような大きな声が起こった。
「最後にみんなと 一緒にサビを歌いたいです。」
そう言ってMYgirlと ひとつになってこの曲を歌い、約束を交わした。

本当に最後の曲となる『忘れないで』のせつないメロディーが流れると、インスは声をつまらせて歌えなくなってしまった。 すかさずMYgirl がインスのかわりに、この歌を歌ってフォローした。 インスが歌えるようになると、MYgirlたちは歌うのを止めて、インスの歌声に耳を傾ける…。 言葉には表現できないほどの見事なスイッチ、そして強い固い絆だった。
歌い終わると大きな拍手に包まれながらステージをあとにした。

客電が着き、公演終了の場内アナウンスが流れたが インスの名を呼ぶMYgirlの声は いつまでも止まらなかった。
その大きな声を聞き、インスは もう一度登場した。
大きな歓声があがり、その声のする方をゆっくりと見渡しながら
「最後の挨拶をしたくて。 みんなの大切な時間をありがとう!今日のことを忘れずに笑顔で行ってきます。 最後にみんなのインスマイルが聞きたくて。 いける?? ではみんなで、笑顔でインスマイルしてバイバイしよう! みんな今日一日、本当にありがとね!ハナ・ドゥル・セッ!(=韓国語の1・2・3)」
MYgirl「インスマ~イル!!!!!!!」
インスはその声を聞き、満足そうな優しい笑顔を見せて「みんなありがとうね~~!」と 会場を包み込むような優しい声で言い、ステージを去っていった。

以前インスにインタビューした際には、入隊中にやりたいこと、やるべきだと考えていることを いろいろ語ってくれた。 2年間留学しているつもりで、学んでくるから、MYgirlも 悲しまないで浮気をしないで待っていてほしいと話していた。 ソロ・ミニアルバム、そしてソロコンサートに今 自分がMYgirlにしてあげられることの全てを詰め込んだインス。 その全てが素晴らしい仕上がりを見せていた。 入隊期間、多くのことを学び 経験し、2年後にますますステキな男性になって戻って来た時、大きな会場が MYgirlたちの笑顔でいっぱいな光景を絶対に見せてあげたい。会場にいた誰もがきっとそう思っただろう。

text  by  Chizuru Otsuka

Photo credit by MICHI ISHIJIMA


【関連サイト】

MYNAME オフィシャルサイト:http://www.myname-jp.com/index.html

MYNAME 公式モバイルサイト:http://myname-mobile.com/

MYNAME ユニバーサルミュージックサイト:http://www.universal-music.co.jp/myname

インス「NAKED」特設ページ:http://www.universal-music.co.jp/myname/news/naked/


インス(from MYNAME)「NAKED LOVE」公開!!

●インス(from MYNAME) 9/6発売Mini Album『NAKED』全曲紹介 【INSOO / 인수 】

 

【リリース情報】

タイトル:『NAKED』  

発売日:2017年9月6日(水)

商品概要:2形態

【初回盤】CD+DVD  UICV-9258   ¥2,600(税込)   ¥2,407(税別)

【通常盤】CD        UICV-1088   ¥1,900(税込)   ¥1,759(税別)

● CD (初回盤/通常盤)

  1. NAKED LOVE
  2. Hot Thing’s feat. JUN Q
  3. Burn
  4. You Don’t Know Me
  5. One last time
  6. Love Letter

 

● DVD (初回盤のみ)

・NAKED LOVE (Music Video)

・NAKED LOVE (Music Video メイキング映像)

・ジャケット撮影・メイキング映像

・Special Interview

 



 【公演概要】(インス)

「IN SOO’S 1st SOLO LIVE ~NAKED~」

日時:2017年9月23日(土)

【昼公演】開場14:00 開演14:30 【夜公演】開場18:00 開演18:30

場所:ZEPP TOKYO