2016年、韓国デビューまでの 5年間、歌とダンスを徹底的に練習し、誰もが認めるまでのスキルを身につけた 5人組グループ KNK(クナクン)。 実力のみにあらず、平均身長185cmというスタイルの良さに加えイケメン揃いという最強のグループ。 韓国以外、欧米やアジア圏でも大人気。 もちろん日本においても大きな注目を集め、デビューを望む声が多数上がっていた。

そしてついに待望の日本デビューが決定!

『 U / BACK AGAIN 』の2曲入ったシングルで 2017年10月11日、日本デビューすることになった。 『 U 』は 韓国でサードシングルとして、『 BACK AGAIN 』はセカンドシングルとして、いずれも大ヒットしたナンバー。 こんな最強の2曲の日本語Ver.を収録した日本デビューシングルをひっさげ、 発売日前日の10月10日、池袋サンシャインシティー噴水広場(東京・豊島区)で 「KNK 日本デビューシングル発売イベント」を 開催した。 会場には2000人ものファンが日本デビューをお祝いしに駆けつけ、噴水広場は開演前から熱気で溢れていた。 そんなファンたちの熱い思いになんとか応えたいと考えたKNK。 13時のイベントスタート前に、なんとリハーサルを急遽 公開で行うことになった。 本番さながらに熱心にリハーサルに取り組む姿を、じっと見つめるファンたち。

リハーサルが終わり、 少しの時間をおいて いよいよ本番。

ステージに登場したKNKを大きな歓声と拍手が出迎えた。 まず 『BACK AGAIN(Japanese Version)』からスタート。 曲に合わせ、ファンから大きなコールが入り、最初から大盛り上がり。いかにみんなが KNKの日本デビューを待っていたのかがよく伝わって来た。もちろんそれに応えて、すばらしい歌声とダンスを見せるKNK。 熱唱する声が、会場の吹き抜けの空間を突き抜けていった。

司会のYumiも登場し、 トークで楽しい時間を過ごすことになった。

ヒジュン「こんにちは。KNKでギターを弾く末っ子、オ・ヒジュンです。」

インソン「こんにちは。KNKでかわいいメインボーカルをしているチョン・インソンです。」

スンジュン「こんにちは。KNKで一番、背が高い、パク・スンジュンです。」

ジフン「こんにちは。KNKでリーダーとダンスを担当している キム・ジフンです。」

ユジン「こんにちは。KNKで一番上とボーカルをしているキム・ユジンです。」

と、まずは きれいな発音の日本語で挨拶。

いよいよ翌日、日本デビューを控えたKNKに、Yumiの号令に合わせ 会場に集まったファンみんなで一斉に「おめでとう~~~!!」と声をかけると、メンバーたちは吹き抜けになった会場中を1階~上階までゆっくりと見渡し、本当に嬉しそうな笑顔で「ありがとうございます!!」と 応えていた。

◆明日のデビューを前にして、今どんな気分ですか?

スンジュン「本当にいい感じ!ファーストシングル、10月11日発売します。みんな、愛してください!」

◆沢山のファンの前で1曲披露しましたが、今どんな気分ですか?

ユジン「日本でこんなに沢山の皆さんの前で歌うことは、正直緊張しています。 やはり日本語で歌うということにとても緊張します。発音などに気を使って歌っていますが、もし何かミスがあっても、皆さん、可愛いと思って見ていただけたらと思います(笑)」

◆ヒジュンさんは、今の気持ちはいかがですか?

ヒジュン「私の心臓が今ドキドキ(笑) 昨日よりも今日、もっとドキドキしています!」

◆このところリリースイベントが続いていますが、楽しんでいますか?

インソン「今日も本当に楽しいです。 昨日よりも もっと熱い!皆さんも熱い(暑い)ですか?」

ファンが「あつ~~い!」と答えると、客席に向かって手をパタパタやって風を送ろうとするインソン。

◆昨日は原宿でイベントがあったそうですが、原宿を歩いてみたりしましたか?

ジフン「時間があったので原宿の街を歩いてみました。 実はスンジュンさんがずっと行きたいと言っていたので、KIDDYLAND(※原宿にある おもちゃ屋)にも行きました!」

スンジュン「はい、行ってみたんですが、ひとつ残念だったことが…。 デジモンのコーナーが思ったよりもあまりにも小さすぎました…。( ※ スンジュンは “デジモンアドベンチャー”というゲームの キャラクター“パタモン”が大好き) だけど、デジモングッズをゲットしてきました。」

そう言いながら手を頭のところにもっていき、パタモンの真似をして愛嬌を見せるスンジュン。

◆みなさん、歌がとてもうまいことは有名ですが、日本の歌を一生懸命練習しているかたがいるそうですね?

インソン「はい。 『瞳を閉じて』とか。」

そう言うと本当に美しい声でこの曲のサビ部分をアカペラで少しだけ歌ってみせた。 途中、インソンからユジンにバトンタッチ。 KNKのボーカリスト2人の実力を見事にアピールした。 会場の周りの店舗で買い物をしていた一般客も、この曲が聞こえてくると、会場のほうに集まって来た程だった。

◆昨日10月9日は日本では体育の日だったのですが、皆さんが好きなスポーツは?

ヒジュン「私が好きなのはサッカーです。」

そう言いながらボールを蹴る真似をするヒジュン。

ヒジュン「でも、一年ぐらい やっていません。」

インソン「僕は水泳をやっていました!」

そう言うと 飛び込んでクロール泳法で メンバーのまわりを一周回ったインソン。

インソン「5歳から13歳まで8年間やっていました。 今でも時々泳ぎます。」
スンジュン「私は…。 ハイキング!(笑) 山歩きが好きです。家の近くの山や、韓国の有名な山にも登りましたよ。 」
ヒジュン「山よりスンジュンさんのほうが(背が) 高いね(笑)」 (※スンジュンは身長190cm)
ジフン「私もサッカーです。 私はゴールキーパーをやっていました。」

サッカーをやっていた2人で 少しサッカープレイフォームを見せることに。 ヒジュンが ボールにキスをする真似をしてから、キーパーのジフンにエアーキック。 そのボールを蹴り返して妨害するキーパージフン。

ユジン「僕は趣味でボーリングなどを楽しんでいます。」

◆あれ?ユジンさんは陸上の選手だったと聞いていますよ!
ユジン「あ…。 はい…(笑) 少し前のことだったので、言わなかったんです。 最近は走るより座っているほうが好きです(笑)」

様々な運動をしてきたKNKの特技が2倍速ダンスということで、実際に披露することになった。
メンバー全員、2倍速ダンスで『BACK AGAIN』 『U』 の2曲をメドレーで披露した。 もともと激しいダンスのこの2曲だが2倍速でもとても美しいダンスを披露してみせた。 細かい動きが特徴のステップや手の動きも、2倍速になっても一切乱れることなく揃っていたのには驚きだった。 さすがに疲れただろうとYumiが心配すると

スンジュン「本当に元気です。 こんなのなんでもない!(笑)」

楽しいトークタイムで魅了したあとは、日本デビューシングルの もう1曲、『U』を聞かせた。 この曲はステップの細かさが特徴だが、ファンのコールとともに 美しく脚を動かし、その軽やかなステップと 熱いパフォーマンス、そして美声で会場を魅了した。

このあとフォトタイムをおこなったあと、最後の挨拶を迎えた。

ユジン「僕たちは明日、日本デビューを控えています。 そういった意味でも、とても意味深い、こういう素晴らしいステージに立てたことをとても嬉しく思っています。 これから日本での活動を通して様々なKNKの姿を見せて行きたいと思います。 皆さん応援よろしくお願いします。ありがとうございます。」

ジフン「今日は沢山のかたが僕たちに会いに来てくれて本当にありがとうございます。 今日はフラゲ日!(笑) そんな日に、このような素晴らしいステージに立たせていただきありがとうございます! 明日、僕たちの日本デビューシングルが出ますので、どうか沢山愛してください。ありがとうございました。」

スンジュン「明日、本当に日本デビューします。 とても不思議な気分です。 がんばれ~!(笑) 『U / BACK AGAIN』明日リリースです。(※手に持ったCDを前に出しながら) 愛してください!」

インソン「今日も とても楽しいステージになりました。 本当にありがとうございます。 これからまだリリースイベントも沢山残っていますので、今日ご一緒出来た全ての皆様と また明日もあさってもご一緒できたらいいなと思っています。 よろしくお願いします。」

ヒジュン「今日は水曜日? あ、火曜日? 皆さん本当は全部仕事がありますよね?(笑) でも、こうやって毎日毎日皆さんに会えたことを、全部記憶します。(※ 思い出に残します。)愛しています。」

最後に リリースイベントやファンミーティングの告知をしたあと、ステージをあとにしたKNK。
本当に、メンバー全員の人柄の良さが、言葉や態度のひとつひとつから感じられるKNK。 ビジュアル良し、スタイル良し、性格良し、ファンへの愛と感謝の気持ちも十分、その上 歌の実力やダンスの実力も相当なレベル… KNKにないものを見つけるのが難しいと感じる。
最近は大人数のグループも多い中、5人の精鋭だけでかためられたKNK。 5人だが、その何倍もの魅力を放っている。 今後 ファンミーティング( ※詳細下記)なども開催予定。 是非直接会場でKNKの魅力を感じてほしい。 その価値があるグループだ。

 


・Text& Photo(フォトセッションタイム): Chizuru Otsuka

・Photo(イベント中):KNK Officialより提供


★ KNK メンバー・プロフィール ★

キム・ユジン (1993年02月10日生まれ 24歳)
パク・スンジュン (1993年10月28日生まれ 23歳)
チョン・インソン (1994年07月01日生まれ 23歳)
キム・ジフン (1995年02月20日生まれ 22歳)
オ・ヒジュン (1996年05月08日生まれ 21歳)
の5人組。

大ヒットシングル「U」で披露した“ムーンウォーク・ダンス”が話題!
韓国でも日本でも人気沸騰!!メンバーの平均身長が185cmというスタイルとルックスのよさにくわえて、デビューまでの5年間、歌とダンスに磨きをかけ、抜群の“歌唱力”と“パフォーマンス”、そしてモデル並みの“ヴィジュアル”という三拍子そろった大型男性アイドル・グループとして、大きな注目を集めているKNK(クナクン)は、2016年3月に韓国でデビューした男性5人組。

グループ名の“KNK(クナクン)”とは、韓国語の“大きな”という言葉でもあり、“大きな人になれ”という意味と、“K-pop kNocK(K-POPノック) ”(自分たちの音楽でK-POPの扉にノックする)という意味をかけた造語。

本国の韓国では2016年3月にシングル「KNOCK」でCDデビュー。デビュー・シングルにバラード曲を選び、ルックスとスタイルのよさに加えて、抜群の歌唱力で韓国内で大きな注目を集め、その後、セカンド・シングル「BACK AGAIN」、サード・シングル「U」というダンサブルな2曲を大ヒットさせ、日本でも人気沸騰。

昨年9月のZepp札幌(2回公演)、19日(月)にZepp DiverCity Tokyo(2回公演)で開催されたK-POPイベント“GFSC Charity Campaign K-POP秋の音楽祭♪”のメイン・アクトとして出演するため、初来日して以降、今年1月の千葉・市川市文化会館(2回公演)、4月の大阪・UMEDA AKASO、東京・ディファ有明(2回公演)と、すでに過去3回の来日公演を実現。日本デビュー前に、早くも1万5千人以上の観客を動員しており、今年8月には早くも4度目の来日公演を発表。

韓国でのCDデビューから1年で、今年4月には韓国ソウル(4/8)公演を皮切りに、大阪(4/13)、東京(4/15)、台湾(4/22)を回る初のアジア・ツアーが実現。今年6月には米国ニューヨークで開催された韓流イベント”KCON” (6/23、24)、7月には英国ロンドン公演で開催された“FEEL KOREA IN LONDON”(7/8)にも出演し、ダイナミックな歌とダンスで、ニューヨークとロンドンでも大きな注目を集めています。

KNKは、米ビルボード誌の「2016年K-POP新人グループトップ10」、「2016年K-POP新人グループTOP10」に選出されています。また、「BACK AGAIN」を含むセカンド・ミニ・アルバム「AWAKE」と、「U」を含むサード・ミニ・アルバム『REMAIN』は、米iTunesのKPOPチャートでも連続1位を記録しています。

◆ 日本デビューシングル発売記念イベント ミニライブ&特典会:

10月11日(水)タワーレコード渋谷店B1F『CUTUP STUDIO』
10月13日(金)名古屋・イオンモール熱田1F 熱田広場
10月14日(土)大阪・もりのみやキューズモールBASE1F BASEパーク
10月15日(日)タワーレコード渋谷店B1F『CUTUP STUDIO』

★13日~15日のイベントでは 「あたまなでなで会」がおこなわれます。

詳細:

10/13(金)初の名古屋上陸!追加レギュレーション決定!

10/14(土)初のもりのみやキューズモール!追加レギュレーション決定!

10/15(日)東京イベント最終日!追加レギュレーション決定!

 

 

◆ KNK(クナクン)ジャパンオフィシャルファンミーティング Vol.1 開催決定!

【大阪】2017年10月27日(金曜日)
会場:ZEPPなんば大阪(全席指定)

【神奈川】2017年10月29日(日曜日)
会場:川崎市教育文化会館(全指定席)

※詳細はKNK JAPAN OFFICIAL SITE:http://knkjapan.com/


KNK 日本デビュー・シングル
「U / BACK AGAIN 」
2017年10月11日発売

●[初回限定盤A](CD+DVD)

品番: UICY-96001
価格: 税込 2,500円(税抜価格 2,315円)
UNIVERSAL MUSIC STORE

Top Site Product Display


【CD収録曲】
1 U (Japanese ver.)
2 BACK AGAIN (Japanese ver.)
3 U (Instrumental)
4 BACK AGAIN (Instrumental)
【DVD収録予定曲】
U (Japanese ver.) ミュージック・ビデオ
BACK AGAIN (Korean ver.) ミュージック・ビデオ

●[初回限定盤B] (CD+ミニ写真集)

品番: UICY-96002
価格: 税込 2,000円(税抜価格 1,852円)
UNIVERSAL MUSIC STORE

Top Site Product Display


【CD収録曲】
1 U (Japanese ver.)
2 BACK AGAIN (Japanese ver.)
3 U (Korean ver.)
4 BACK AGAIN (Korean ver.)

●通常盤

品番: UICY-5134
価格: 税込 1,000円(税抜価格 926円)
UNIVERSAL MUSIC STORE
http://universal-music.co.jp/p/UICY-5134/
【収録曲】
1 U (Japanese ver.)
2 BACK AGAIN (Japanese ver.)

「U – Japanese Version」 Performance Video


■リンク
●ユニバーサル ミュージック:KNKアーティストページ
http://www.universal-music.co.jp/knk

●KNK JAPAN OFFICIAL SITE/ファンクラブ
http://knkjapan.com/

●Twitter:KNK JAPAN OFFICIAL TWITTER
https://twitter.com/knkjapanfc

●Instagram:JAPAN OFFICIAL INSTAGRAM
https://www.instagram.com/official_knk_japan/?hl=ja

●Twitter:本国公式アカント
https://twitter.com/KNKOfficialYNB

●Facebook:本国公式Facebookページ
https://www.facebook.com/knkofficial.ynb

●Instagram:本国公式アカウント
https://www.instagram.com/official_knk_ynb/