(写真左から ジフン、ユジン、スンジュン、インソン、ヒジュン)


★本インタビュー記事の 一番下に、KNKサイン入りチェキ& ラブメッセージカードプレゼントご応募方法詳細がございます。 たくさんのご応募をお待ちしています。(記載したすべての条件のクリアをお願いします)

 

韓国でも日本でも、そしてニューヨークやロンドン他、各国でも 人気沸騰中! KNK(クナクン)がついに10月11日、ユニバーサルミュージックから 日本デビューする!

日本デビュー・シングルは 『U』 そして 『BACK AGAIN』 と、韓国でも大ヒットした2 曲の日本語ヴァージョンを収録した ファンにはたまらないものになっている。

KNKというグループ名は ① “大きな人になれ” ②“K-pop Knock”=自分たちの音楽でK-popの扉にノックする  という2つの意味合いをかけ 名付けられた。

歌、ダンスの実力が相当高い上に 平均身長185cmのスタイルと ルックスの美しさを兼ね備えたKNKとは 一体どんなグループ??? それを知るべく、9月上旬、都内某所にてKNKに個別インタビューをさせていただいた。

 

部屋に最初に現れたのは パク・スンジュン。 会った瞬間に ニコっ と愛嬌いっぱいの笑顔を浮かべ 挨拶をしてくれた。 他のメンバーが来るまで少し時間があったが、その間、存在感はハンパないのに なぜか変に気をつかわせない・・・ なんとも不思議な空気感を持っていた。

次々に部屋にやってきたメンバーたちも、満面の笑顔で挨拶をしてくれた。

 

◆まず、おひとりずつ 自己紹介と、自分の魅力を アピールしてください。

ヒジュン「初めまして。 KNKで ギターを弾く末っ子 オ・ヒジュンです。 私の魅力は 才能豊かなところです。」

ユジン「初めまして。 KNKで長男とボーカルをしている キム・ユジンです。 セクシーな…(笑)甘い声が魅力です。」

スンジュン「初めまして。 KNKで一番背が高い パク・スンジュンです。 わたしの魅力は“かわいい”です!(笑)」

ジフン「初めまして。KNKでリーダーとダンスを担当している キム・ジフン です。 私の印象は 最初強く見えるかもしれないのですが、実は純朴な青年です。」

インソン「初めまして。KNKでかわいいメインボーカルをしているチョン・インソンです。私の魅力は “優しいカリスマ” です。」

◆10月11日 日本デビュー決定おめでとうございます!日本デビューを聞いたときはどんな気持ちがしましたか?

スンジュン「ありがとうございます。 最初決まったことを聞いた時は、 みんなで“わぁ~っ!”と拍手して大喜びしました。 また日本のTinkerbell(=KNKのファンの呼称)に お目にかかれると思ってすごく嬉しく感じました。」

インソン「日本デビューをすごく夢見ていて ずっと心待ちにして来たので、本当に叶って 緊張もしていますがワクワクしています!」

◆日本デビュー曲でもある 『U』 も『BACK AGAIN』も K-POPの良さ、KNKの良さが とてもよく出ていると思います。 この2曲のオススメポイントを教えてください。

スンジュン「『U』 と 『BACK AGAIN』という2曲は、どちらも “別れてしまった恋人にまた戻ってきてほしい” という内容なんです。 パワフルなダンス曲でもあります。 ポイントは、パワフルな振り付けなんですが、その中でも『U』ではステップ、そして『BACK AGAIN』では指先を回す動きで表現している “つむじ風ダンス”の振り付けが 見ていても魅力的なのではないかなと思います。」

◆レコーディングは日本語で行いましたが、日本語で歌った感想は? 難しかった部分や難しかった発音はありますか?

全員「あ~、ほんとに難しかった~(笑)」

インソン「♫溢れ出した~♫(と、歌いながら)、溢れ出したの “ふ”。」

ヒジュン「高速ラップな上、日本語だったので 非常に難しかったです。 日本語でのレコーディングでしたが、まだ日本語に慣れていないから 全体を通して結構苦労しました。」

スンジュン「“届かぬとこ”という歌詞の部分で  “と”や“ど” が 沢山あって難しかったです。」

◆日本語だと 言葉の意味を感じながら歌うというのも まだ難しいですよね。

ヒジュン「そうですね。 日本語にまだ慣れておらず、歌詞を見て意味がピンと来ることができないので、歌いながら理解して共感出来るか出来ないか…という苦労はありましたね。」

◆ダンスの美しさ、シンクロ率の高さが、かなり評判のKNKですが、日頃どのぐらい練習をしているのですか?

ヒジュン「7月に韓国で『RAIN』で カムバックするまでは、本当にただひたすら練習し続けました。時間は 何時間とか決まっているわけではなく、その都度その都度、振り付けがちゃんと決まるまで、ただひたすらやり続けました。」

インソン「あ!韓国でリリースした 『해 달 별(= 太陽  月 星)』という曲、全部ダンスは ジフンさんが作ったんですよ。」

◆ジフンさんが!

ジフン「はい。」(と、ちょっと照れ笑いを浮かべた)

スンジュン「そうなんです。ジフンさんはダンスの先生です。」
全員「ほんとに 凄いです。」

(ジフンはその言葉にとても嬉しそうにしていた)

 

◆練習生生活が5年と、かなり長かったですが、途中で 夢をあきらめかけたことはありますか?

スンジュン「5年もやっていると、辞めようかなと思ったことも もちろんありました。 練習生生活が長くなってくると、“いつデビューできるんだろう…。”と悩む時期は みんな必ずあると思います。 そこが一番キツいところで…。練習生は必ず一度は思うし、私たちも沢山そう思ったこともありました。」

 

◆ でも、それでも頑張ったので、今こうやって夢が叶って 世界中で大人気になりましたが、今はどんな気持ちですか?

ジフン「本当に嬉しいです。 そして私たち5人の両親たちがとても喜んでいるのを見て、自分たちの選択は良かったんだと 改めて思っているし、とても満足しています。」

◆韓国で7月にリリースした『雨』のMVを見たのですが、雨の中で ダンスや、水槽に落ちていくシーンなど、かなり大変そうでしたが、撮影時のエピソードはありますか?

インソン「大変だったんですけれど、ものすごく新鮮だったし、新しい良い経験でした。逆に見所が沢山あって、すごく いいんじゃないかなという期待感があったので。 たしかにすごく苦労はしましたが とても楽しく撮影できました。」

◆撮影はどのぐらいかかったんですか?

インソン「二日間です。二日間 ほとんどずっとビシャビシャでした(笑) 『RAIN』(雨)なのでねぇ…(笑)」

 

◆KNKは歌のうまさでも とても評判が高いですよね。 癖のない、伸びやかなきれいな歌声を聞くたび、大きな感動を受けます。 きっと子供の頃から歌が上手だったと思いますが、学生時代など歌やダンスを周りの人に披露して、楽しかった思い出などありますか?

ユジン「学園祭で、歌ではなくダンスを披露しました。 その時に みんなに感動を与えた…というのではなく、逆に自分がステージに立って踊ることで “おおっ!なんか凄い!”と、しびれるような快感を得たという楽しい記憶があります。」

インソン「中学三年生の時、修学旅行で同級生の前で歌を歌ったんです。 その時、私もやはりしびれるような快感を得て、そこから歌に興味を持ち、趣味として始めたことが 今こうやって職業となりました。 これが今の仕事を選んだ きっかけだと言えますね。」

スンジュン「おじいちゃん、おばあちゃんの前で披露して、喜んでもらっておこずかいを貰ったり… ってこともありましたね(笑) 可愛がってもらいたくて、歌ったりしました(笑) 」

ジフン「あ! 末っ子のヒジュンは生徒会長だったんですよ。」

 

◆え?すごいですね!勉強とか何でも出来たんですね!

(メンバーみんなも 「すごい!」「すごい!」と拍手。ヒジュンはかなり嬉しそう)

ヒジュン「いやぁ…(照) 勉強はそうでもないですよ(笑)」

インソン「末っ子は人の心を掴むのがうまいんです(笑) みんなの前でする演説がうまいんです。心を 鷲掴みするんですよ~(笑)」
(ヒジュンは ひたすら照れ笑い)

 

◆コンサートなどで歌っている『Good Night』という曲は ユジンさんが作ったそうですが、「好きだった人との思い出を今日で忘れる 」という気持ちを書いたそうですが、 いつも詞はどんなところで思いつくのですか? また、ストックしている詞は結構あるのですか?

ユジン「詞はストックしているものは無いんです。 曲を貰って書いたというか。 この曲は、楽曲をもらった時に 仮につけたタイトルが 『Good Night』だったんです。 で、その日の夜がたまたまとてもいい夜で、こんな夜をどうやって表現したらいいかな~って考えた時、ふっと思い出したのが僕と同じように音楽をやっている友達の曲にある『この夜が過ぎれば』っていう言葉で…。 “この夜が過ぎたら二人は別れる”っていう内容なのですが、そのような場面がステキだなって思って、そこから ヒントを得て作詞をしました。」

◆皆さん、詞とか曲は書くのですか?

スンジュン「ヒジュンさんも書きます。」

インソン「僕は歌を一生懸命歌う担当です(笑)」

ジフン「ヒジュンさんがとても凄い曲を作ってるんです。 もうタイトル曲にもなれるようなレベルの曲ですよ!」

ヒジュン「いやいや~、ジフンさんが好きな曲は 全部ダメな曲なんですよ(笑)」
(と、照れて謙遜するヒジュン)

 

◆尊敬しているアーティストはいますか? 日本のアーティストの曲は聴きますか?

スンジュン「日本のアーティストさんたちは とても好きです。 EXILEさんとか 宇多田ヒカルさんとか。」

ジフン「三浦大知さんです。」

スンジュン「尊敬する K-POPのアーティストでは BoA先輩、東方神起先輩、2PM先輩ですね。」

◆KNKのネーミングの意味は 「K-POPの扉をノックする」、という意味もあるようですが、皆さんはいろいろなこと、新しいことに自分から積極的にノックできるほうですか? それとも、かなり慎重に挑戦するタイプですか?

ヒジュン「私は積極的に行くタイプです。」

ユジン「私は好きなことだけに積極的に行くタイプですね(笑)」

スンジュン「私は新しいことにチャレンジするのはあまり好きじゃないんです。 例えば、ヘアスタイルでもイメージチェンジを楽しむよりは、自分に似合うスタイルでいたい…そういうタイプです。」

ジフン「私も自分が好きでうまくできることを好んでやるタイプですね。」

インソン「もともとは積極的だったんですけれど、最近は消極的なほうに変わっていってしまったかな。」

◆それはなぜですか?

インソン「バカだから…かなぁ?(笑)  う~ん、なんでなんだろなぁ?(笑) 」

 

◆スンジュンさんは 「僕、むくんでる?」と よくメンバーに聞くそうですね。

スンジュン「私は、体質的に ダイエットした時でさえ 水を飲んでもむくんでしまうタイプなんですね。  前に人から “朝 鏡を見たらまず何を考える?”と聞かれたことがあって、その時思いついたのが、朝起きたらまず “今日はむくんでるかな?”って考えているなって。」

◆では、皆さんが知ってるメンバーの口癖や、癖はありますか?あれば是非暴露してください。

ジフン「あります! 僕の口癖は“超~つかれた!”(笑)  一日に一回以上は言いますね(笑)」

ユジン「いつもメンバー全員が言うのは “明日起きるの、何時?” ですね(笑) それは必ず言っています。 なぜかと言うと、私たちは仕事の日は 朝必ずヘアメイクさんのところに行って、きれいにしてもらってから仕事に行くんです。 そのため、まずヘアメイクさんのところに行く時間を考えて、起きる時間を目覚まし時計にセットするので。」

ヒジュン「あ!朝を起きたらみんなで “今日も一日ファイト!”って言っています(笑)」

インソン「自分では気付かなかったんですけれど、ファンのかたからよく “아~ 진짜?(ア~、チンチャ?=あ~、マジ?)って言うっていう書き込みがあって(笑) 自分では全然意識なく言っていて全然気付かなかったんですけど。これが口癖かな。」

スンジュン「僕はちょっと不安な時、 ちょっと飛び出てたり とんがっているもの…例えば喉仏とか(笑)ペットボトルのラベルの角とかを なぜか触っちゃうんです(笑)」

ヒジュン「私はちょっと 憂鬱で落ち込んでいる時は TinkerbrllLからの手紙を読んでいます。 もらった手紙は全部とってありますよ。本当にすごく大切です!」

◆KNKは本当にメンバー同士の仲が良いですが、 何か秘訣はありますか? ケンカすることもあるのですか?

ジフン「メンバーたちは、選ばれて集まったので、その分 絆はしっかりしているんじゃないかなぁと思います。」

◆5人は一緒に寮で暮らしているのですか? 寮では、担当、例えば 掃除係・洗濯係など決まっているのですか?

スンジュン「はい。 5人一緒に住んでいます。 寮では専門のかたたちが掃除や洗濯をやってくれるんです。 スケジュール的にもとても忙しいのでそこまでなかなか出来なくて、家事は全て専門のかたがやってくださっています。寮自体、料理を作るのは禁止なんです。」

 

◆ヒジュンさんは末っ子ですが、末っ子の苦労はありますか? お兄さんたちにお願いしたいことなどありますか?

ヒジュン「別に何もないです。 みんなすごくいいお兄さんたちで、年齢の差に関係なくとても公平・平等な団体生活を送っています。 末っ子だから…というのは、全くありません。 僕もそういうのは嫌いですし、兄たちもそう考えてくれています。これもKNKのチームワークがとてもいい ひとつの理由ですね。」

 

◆KNKのネーミングのもうひとつの意味は、「この上なく大きな人になれ」とのことですが、皆さんは 将来どんな大人の男性になりたいですか? 憧れている人はいますか?

インソン「2PM先輩のような男性になりたいです。 オク・テギョン先輩、本当に親切で大好きです!愛してる!」

◆KNKのファンになったら こんないいこと、楽しいことがあるよ ということを教えてください。

ヒジュン「KNKには見所と聞き所が 沢山あると思います。」

ジフン「ファンじゃなければ CDに収録されている曲以外、なかなか聞くことは出来ないと思いますが、私たちのファンになれば 他の曲、宝のような他の曲も沢山聞くことができますよ!」

◆9月9日には リリースイベント、そして10月には 日本デビュー、そして大阪と東京でファンミーティングも開催されますね。  いろいろな国での活動も盛んなKNKですが、日本での活動への意気込みや期待感を聞かせてください。

スンジュン「日本ですでにデビューしている K-POPアーティストのかたたち、先輩たちはみんなすごい成果を出しているじゃないですか? ですから 私たちも そのように大きな成果を出して行きたいと思っています。」

 

◆10月の 大阪と東京のファンミーティングでは どんなことをやりたいですか?

スンジュン「いつも日本の公演では ファンの皆さんがペンライトを持ってくれていますよね? 今度やる時は 公式のイメージカラーを決めて、その色で会場をいっぱいに染めたいんです。 ひとつの色で みんなでひとつになって。」

インソン「ステージの上ではカリスマ溢れるパフォーマンスを見せて、でも、ステージをおりたら 可愛らしいKNKの魅力的な姿をお見せしたいと思っていますので 皆さん沢山沢山応援してくださいね!」

 

◆ファンミーティングでは 来場者全員ハイタッチ会もありますよね?

全員「そうそう!!楽しみ~~」「めちゃ楽しみ♡」「期待してます!」「ほんとに好き。ハイタッチ会!」

◆え?すごく沢山のかたたちとのハイタッチ、とても大変なのではないですか?

全員「全然っ!! 大好きっ♡」

(そう言いながら、メンバー同志で ニコニコしながらハイタッチ会を始めるKNK。 その間も「ハイタッチ会大好き。 ほんとに大好き~」を連呼していた)

スンジュン「ハイタッチ会は ひとりずつ ファンのかたにお目にかかれるじゃないですか?私たちを見に来てくださるかたたちと直接会えるのは、 もう、ほんとに嬉しいし 楽しいんです。だからハイタッチ会がメンバー全員、本当に とても楽しみなんです♡」

◆最後に ファンミーティングで楽しみにしていることは?

ジフン「思い出に残るようなライブをすることですね。 来て下されば、それを実際に見ることができますから 是非沢山来て、沢山 私たちを愛してください!」

 

長いインタビューだったにも関わらず、終始にこやかに真剣に話してくれたKNK。 本当に誠実な上、全員とても気さくだった。 近くにあったお菓子や水を記者に持ってきてくれるなど、まったく気取らない好青年たちだった。

また、余談ではあるが、韓ペン読者様へのプレゼント用カードを記入する時に使用したマジックペンが気に入ったようで「これ、とても使いやすいですね。」と。 記者が「差し上げますよ。」と伝えると「いいんですか?本当に?ありがとうございます。」と、とても丁寧にお礼を伝えてくれた。 そして、なんとインタビューが終わったあと、片付けている時に再度やってきて「本当にもらってもいいんですか?ありがとうございます。」と わざわざ言いに来てくれる誠実ぶり。 世界で活躍する大人気アイドルにも関わらず、気取ったり おごったりすることなく 素の一人の青年の一面を失うことのないKNK。

そんなKNKだが、ひとたびステージにあがると、カリスマオーラ全開!! 美しい歌声と練習を重ねた見事としか言いようのないダンスを披露して 観客をステージに釘付けにする。 しかしMCタイムでは KNKの仲のよさや、誠実さ、純粋かつ純朴な人柄に触れることもできる。 そしてなによりも とにかくTinkerbellとの時間が大好きでたまらない。 沢山のTinkerbellに囲まれたライブは 彼らにとって至福の時のようだ。 10月11日には いよいよ日本デビューを飾る。 今後、日本での活動の時間も増えて来るであろう。

まずは KNKの人柄と実力に触れることが出来る10月のファンミーティングで是非彼らの魅力をその目で確かめてほしい。 絶対に KNKの虜になる!

Interview&Text: Chizuru Otsuka
Photo: SIN

★本記事一番下にKNKからのステキなプレゼントがございます!是非ご覧下さい。


■ KNK(クナクン)ジャパンオフィシャルファンミーティング Vol.1 開催決定!

【大阪】2017年10月27日(金曜日)
会場:ZEPPなんば大阪(全席指定)

【神奈川】2017年10月29日(日曜日)
会場:川崎市教育文化会館(全指定席)

※詳細はKNK JAPAN OFFICIAL SITE:http://knkjapan.com/


KNK 日本デビュー・シングル
「U / BACK AGAIN 」
2017年10月11日発売

●[初回限定盤A](CD+DVD)

品番: UICY-96001
価格: 税込 2,500円(税抜価格 2,315円)
UNIVERSAL MUSIC STORE
http://universal-music.co.jp/p/UICY-96001/
【CD収録曲】
1 U (Japanese ver.)
2 BACK AGAIN (Japanese ver.)
3 U (Instrumental)
4 BACK AGAIN (Instrumental)
【DVD収録予定曲】
U (Japanese ver.) ミュージック・ビデオ
BACK AGAIN (Korean ver.) ミュージック・ビデオ

●[初回限定盤B] (CD+ミニ写真集)

品番: UICY-96002
価格: 税込 2,000円(税抜価格 1,852円)
UNIVERSAL MUSIC STORE
http://universal-music.co.jp/p/UICY-96002/
【CD収録曲】
1 U (Japanese ver.)
2 BACK AGAIN (Japanese ver.)
3 U (Korean ver.)
4 BACK AGAIN (Korean ver.)

●通常盤

品番: UICY-5134
価格: 税込 1,000円(税抜価格 926円)
UNIVERSAL MUSIC STORE
http://universal-music.co.jp/p/UICY-5134/
【収録曲】
1 U (Japanese ver.)
2 BACK AGAIN (Japanese ver.)

「U – Japanese Version」 Performance Video


★ KNK プロフィール ★
■KNK(クナクン)のメンバーは、キム・ユジン (24歳)、パク・スンジュン (23歳)、チョン・インソン (23歳)、キム・ジフン (22歳)、オ・ヒジュン (21歳)の5人組。グループ名の”KNK(クナクン)”とは、韓国語の”大きな”という言葉でもあり、”大きな人になれ”という意味と、”KーpopkNocK(K-POPノック)”(自分たちの音楽でK-POPの扉にノックするという意味)という意味合いをかけた造語。

■本国の韓国では2016年3月にシングル「KNOCK」でCDデビュー。デビュー・シングルにバラード曲を選び、ルックスとスタイルのよさに加えて、抜群の歌唱力で韓国内で大きな注目を集め、その後、セカンド・シングル「BACK AGAIN」、サード・シングル「U」というダンサブルな2曲を大ヒットさせ、日本でも人気沸騰。
昨年9月のZepp札幌(2回公演)、19日(月)にZepp DiverCity Tokyo(2回公演)で開催されたK-POPイベント”GFSC Charity Campaign K-POP秋の音楽祭♪”のメイン・アクトとして出演するため、初来日して以降、今年1月の千葉・市川市文化会館(2回公演)、4月の大阪・UMEDA AKASO、東京・ディファ有明(2回公演)と、すでに過去3回の来日公演を実現。日本デビュー前に、早くも1万5千人以上の観客を動員しており、今年8月には早くも4度目の来日公演を発表。

■韓国でのCDデビューから1年で、今年4月には韓国ソウル(4/8)公演を皮切りに、大阪(4/13)、東京(4/15)、台湾(4/22)を回る初のアジア・ツアーが実現。今年6月には米国ニューヨークで開催された韓流イベント”KCON” (6/23、24)、7月には英国ロンドン公演で開催された”FEEL KOREA IN LONDON”(7/8)にも出演し、ダイナミックな歌とダンスで、ニューヨークとロンドンでも大きな注目を集めています。

■KNKは、米ビルボード誌の「2016年K-POP新人グループトップ10」、「2016年K-POP新人グループTOP10」に選出されています。また、「BACK AGAIN」を含むセカンド・ミニ・アルバム「AWAKE」と、「U」を含むサード・ミニ・アルバム『REMAIN』は、米iTunesのKPOPチャートでも連続1位を記録しています。

■リンク
●ユニバーサル ミュージック:KNKアーティストページ
http://www.universal-music.co.jp/knk

●KNK JAPAN OFFICIAL SITE/ファンクラブ
http://knkjapan.com/

●Twitter:KNK JAPAN OFFICIAL TWITTER
https://twitter.com/knkjapanfc

●Instagram:JAPAN OFFICIAL INSTAGRAM
https://www.instagram.com/official_knk_japan/?hl=ja

●Twitter:本国公式アカント
https://twitter.com/KNKOfficialYNB

●Facebook:本国公式Facebookページ
https://www.facebook.com/knkofficial.ynb

●Instagram:本国公式アカウント
https://www.instagram.com/official_knk_ynb/


★ スペシャルプレゼント ★


KNKからステキなプレゼント!

★直筆サイン入りチェキ(各メンバー1名様)

★メンバーからラブメッセージ入りカード(両面書いてくれた愛のいっぱいこもったカードです! 各メンバー1名様)

◆ご応募は以下の条件、すべてをクリアしてから 各ご応募用ツイート宛にご応募ください。

すべてクリアしていない場合は抽選対象外になります。 

★ご応募方法★

①韓ペンTwitter  @_Kanpen (https://twitter.com/_Kanpen)を 必ずフォロー。

②このツイート⇒ ( https://twitter.com/_Kanpen/status/920302599286358017 )を必ずRT。

③ご希望の品のプレゼントご応募用ツイートを、必ず RT

チェキ⇒ https://twitter.com/_Kanpen/status/920303424901541888

カード⇒ https://twitter.com/_Kanpen/status/920304534701797376

④ご希望の品のご応募用ツイートに 「ご希望の品」・「商品番号&メンバー名」(例: 「チェキ①ヒジュン希望」)を書いて ご応募用ツイートにリプ

⑤よろしければインタビューの感想などお書き添えください。(⑤は、必須条件ではありません)

以上の条件をすべてクリアしてください。
たくさんのご応募をお待ちしています。

★チェキ:1・ヒジュン 2・スンジュン 3・ジフン 4・インソン 5・ユジン

★カード:1・ジフン 2・ユジン 3・インソン 4・ヒジュン 5・スンジュン

・締切は10月25日 20時

・ご当選者様には 韓ペンよりDMいたします。
・発表には締切日から数日要します。
・必ずDMをチェックいただき、返信期限までにご返信ください。期限が過ぎた場合は、返信いただいても権利は次点のかたに移行していますのでご希望に添えません。 よろしくお願いいたします。
・発送のためにお名前や、ご住所など個人情報をお伺いします。( いただいた情報はこのプレゼントのみに使用します。)お知らせ可能なかたのみ、ご応募ください。
・まれに、発送時のトラブルで シワなどが入る場合がございます。その際は申し訳ございませんが一切補償できません。ご理解ください。