アーティストと俳優とファンが1つになる授賞式。
世界を舞台に活躍するアジアのスターたちが一堂に会するアジアアーティストアワードを独占インタビューや日本語字幕を加えた特別版をテレ朝チャンネルで放送!


番組名:2017 アジアアーティストアワード(字幕付き特別版)

放送日時:1月20日(土)午後1時~午後5時45分
放送局:CSテレ朝チャンネル1

 

イベント開催日:2017年11月15日(水)
イベント会場:韓国・蚕室(チャムシル) 室内体育館
MC:イトゥク(SUPERJUNIOR)、イ・テイム

ジャンルや世代や国境を越えアジアのスターを迎え、全てにおいて今までにない、唯一そして最高の授賞式アジアアーティストアワードが昨年11月に開催された。
初開催となった2016年に続き豪華な顔ぶれが揃い、より多くの観客と共にするために慶煕(キョンヒ)大学の平和の殿堂から蚕室(チャムシル) 室内体育館に会場を移し約7000人のファンが、アーティストと俳優とファンが一つになるアジアアーティストアワードでしか体験できない特別な時間を過ごした。

授賞式では多くの賞が用意され俳優部門、アーティスト部門とそれぞれアジアを代表するスターが続々と受賞。

各分野に新たな風を吹き込んだアーティストに与えられるニューウェーブ賞には日本から駆け付けたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEが受賞し韓国語によるスピーチとパワフルなステージを披露しアジアのファンに日本の“RAMPAGE”を印象付けた。

また、韓国のオーディション番組の合格者で結成され2017年8月のデビュー直後から国民的アイドルとなったWanna Oneが、最も活躍したスーパールーキーに与えられるAAAサムスンペイ賞と新人賞の2つの賞をW受賞。デビューアルバムで70万枚を売り上げ、韓国の音楽番組で1位を総なめにした最もホットな新人グループはパフォーマンスでも会場を沸かせた。

そして“除隊してほしいスター1位”に選ばれ韓国全国民に愛されているイ・スンギは「除隊後初めてとなる華やかな舞台に緊張している」と言いつつ「今まで多くの賞を頂きましたが、ベストウェルカム賞…聞くだけで拭き出す賞は初めてです」と冗談を交えながら受賞の感想を述べるとMCのイトゥクの質問に答える形で入隊中の秘話など貴重な話も飛び出した。

驚異的な人気を示したのは少女時代のユナEXO。開催前に2か月に渡って公式サイトやアプリを通じて実施された人気投票では10か国210万人が参加。この投票を受けてアーティスト部門ではEXOが、俳優部門ではユナとEXOのト・ギョンズが受賞。EXOもユナも2年連続で同賞の受賞となり、ト・ギョンズはアーティスト部門と合わせて人気賞をW受賞という快挙達成。
ユナは人気賞以外でもSEVENTEENと共にベストアーティスト賞に輝き2冠を達成。圧倒的な人気と、それだけでない女優としての確かな実力も示した。

一方、EXOも人気賞に加え、ファビュラス賞と、人気賞同様2016年に続いて2年連続の受賞となった年間大賞にも輝きグループとして最多の3つの栄冠に手にした。特にSMエンターテイメントの先輩SUPER JUNIORと共に受賞したファビュラス賞の受賞スピーチでは2大スターの共演が反響を呼んだ。
そのSUPER JUNIORはレジェンド賞も受賞。デビュー以来、常にトップを走り続け、全世界のK-POPファンに愛されている彼らに相応しい栄冠に輝いた。

年間対象の俳優部門はキム・ヒソン。韓国で大ヒットした「品位のある彼女」では主役を演じ視聴者を虜にした彼女。際立った存在感とセンスで韓国人女性の憧れを一身に集める存在で文句なしの栄冠を飾った。
そして4時間を超す夢の授賞式を締めくったのはやはりEXO
2年連続で年間対象に輝いたEXOがアンコールステージを披露し、アジアのスター達が彩った華やかな祭典を締めくくった。

テレ朝チャンネルでは、このアジアアーティストアワード2017の模様を独占インタビューや日本語字幕を加えた特別版で放送。受賞のスピーチとは異なる、緊張感が伝わる、アーティストたちの貴重な一面を見る事が出来る。

独占インタビューに登場する出演者。(出演順)
gugudn、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、パク・ソジュン、イ・ジュンギ、アン・ヒョンプ、ソンフン、MONSTA X、JUNHO(From 2PM)、Apink、リュ・ジュンヨル、ペ・スジ、パク・ヘジン、SEVENTEEN、キム・ヒソン

テレ朝チャンネル 2017 アジアアーティストアワード (字幕付き特別版)公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0218/

■テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ
※スカパー!(ch.298)、プレミアムサービス(ch.611)、プレミアムサービス光(ch.611)、ひかりTV(Ch.556 )、J:COM(Ch.755)またはケーブルテレビでご覧いただけます。