(※本記事 掲載写真はすべて (C)Jellyfish Entertainment Japan 撮影:田中聖太郎)


【韓ペン オリジナル ライブレポ】「VIXX LR 1st CONCERT [ECLIPSE]」

 

最高のVoice、最高のVisual、最高の Value(価値)という意味を込めたグループ名 通り、その多彩な魅力で沢山のファンを虜にして来たVIXX。
その VIXXのメインボーカルLEOと ラッパーRAVIで結成され、2015年に活動を開始したユニット “VIXX LR”は、VIXXの活動とはまた違った魅力を放ち、韓国音楽シーンでも非常に高い評価を得ている。 バラードが得意なLEOとラッパーのRAVI。 一見正反対とも思える2つの個性がアーティスト性の高いLEO とRAVI、二人の手にかかると見事なまでに融合し、新たな個性と魅力となって輝きを放つ。 そんな二人が昨年の11月に韓国ソウルで行ない大好評を博したコンサートツアー「VIXX LR 1st CONCERT [ECLIPSE]」を2018年1月、ついに東京・大阪でも開催した。
(※本記事は 1月25日、Zepp Tokyoで行われた公演をレポ)

 

ステージに設置されたスクリーンに、二人の映像が映し出された。
“街の中で出会い、何かを探してひたすら歩き続ける。 一体何を探しているのか?…”

そんな映像が終わり、ステージ後方に設置されたセット上段からLEO、RAVIが登場すると、大きな歓声が迎えた。 オープニングは 彼らのデビューアルバムタイトル曲『Beautiful Liar』
全身を黒で固めたLEO、ワインレッドのジャケットと黒をコーディネイトしたRAVI。

LEOの美しい澄んだ歌声とRAVIの情熱的なラップが最初から聴く者の心を掴む。2曲目の『Remember』を披露し、
RAVI「みなさん こんばんは。VIXX LRのR、RAVIです。」
LEO「みなさんこんばんは。 VIXX LRの L、LEOです。」
RAVI「2018年 VIXX LR CONCERT in TOKYO! 会えて嬉しいです!お元気でしたか?」
LEO「久しぶりですよね? 遅くなりましたけど、皆さん 明けましておめでとうございます。皆さんとこうして新年の挨拶が出来たので 2018年がもっと楽しみになりました。」
RAVI「今日の公演は それぞれの色を残しながら、LRだけの色を一緒に見せる公演だと思います。」
LEO「今日は僕たちだけの音楽やパフォーマンスを見せるのはもちろん、僕たちの魅力を沢山お見せ出来ると思います。」
と笑顔を浮かべ 日本語で挨拶し、LRバージョンとして生まれ変わらせたVIXXの曲『Error』『Chained up』を披露した。


『Error』は、ステージのセット左右に作られた階段に向かい合って座り、ダンスを封印し歌詞のひとつひとつを噛み締めながら歌っていた。


そのままステージに残ったLEOが4人のダンサーを従え『Beautiful Night』を歌い始める。途中ステージのセットからRAVIが登場し、LEO・ RAVIの二人がダンスを踊ると再び大きな歓声が起こった。

歌い終わると、ここまでのSTARLIGHT(※VIXXファンの呼称)の感想や反応が気になる二人は 何度も何度も「みなさん、どうでしたか?」と尋ね、返って来た とても良い反応に満足そうな笑顔を見せた。LEOは一旦ステージをおり、RAVIだけが残った。

RAVI「今日のVIXX LRコンサートの一番のハイライト、RAVIのソロのコメント、そしてステージタイムになります(笑) コメントが一番のハイライトですよ(笑)  VIXXは非常に強い、ダンスパフォーマンスの曲が多いのですが、一方で、メロディーはどれもとても情緒的、感性のラインが素晴らしい曲が多いんです。 今回のステージを準備しながらVIXXの曲を編曲して、 新しい曲のように生まれ変わり、新しい発見もあり、とても楽しかったです。音楽というのは編曲次第で、すっかり変わってしまうんです。 僕も様々な姿をみなさんにお見せしたいです。 まずは僕のストーリーを込めた『BOILING POINT』から聞いてください。」

そう言うと、ステージに置かれた白いコートを羽織り、RAVIの中の沢山の引き出しから生まれた 熱いリリックを聞かせた。 続く『NIRVANA』では “ただ自分を信じて自分を愛していくだけ”という悟りを高速ラップで聞かせ、観客を陶酔させた。

続いてLEOのソロステージ。 ”心を開けば、人生の真理も見えてくる“と、LEOが出演したミュージカル「マタ・ハリ(마타하리)」で 大きな感動を与えた『From Way Up There』を、大きく手を広げながら熱唱した。いつも優しいLEOの歌声に、力強さや意志の強さが加わり 再び強くSTARLIGHTの心を打った。

ステージには LEOとRAVIが ライトを持って何かを探している映像が流れた。 二人は 見つけた白い車をラッカーやペンキで様々な色に彩り、自分たちのFeelingで 自分たちの思う色に染めていく。

そんな映像のあと 『Feeling』を歌い、キャノン砲から金テープが飛び出すと 会場から「わぁ~!」と言う声が上がり、舞い落ちたテープを持ったSTARLIGHTたちで 会場はキラキラと輝いた。

RAVI「ソロステージの話を聞かせてください。」
LEO「僕が韓国で主演を務めたミュージカル『マタ・ハリ』で歌った『From Way Up There』です。 みなさんに かっこいいと思っていただけたなら成功ですね(笑) コンサートを準備しながら、すごく沢山RAVIさんと話し合いをしました。 STARLIGHT のみなさんが、すごく喜んで下さっているようでとても嬉しいです。あ、RAVIさんのソロステージでは、凄い男性美を見せてくれましたよね?」
RAVI「かっこいい? かっこRAVI?(笑) 監督さんや周りの人たちと、本当にいろいろ悩んで努力して頑張りました!」

日本のSTARLIGHTの為のプレゼントだと紹介した日本1st Albumに限定収録された未公開曲 『Poison』を二人で聞かせたあと、ひとりになったLEOが『難しいこと』『それだけ』を歌い上げた。そして ピアノの前奏が流れ 歌い始めたのは 安室奈美恵の『Love Story』。 LEOの高音で清らかな歌声が聴かせるこの歌は、心の奥深くまで染み渡った。

LEO「なんかひとりで舞台にいるからヘンな感じですね(笑) 僕はいま韓国でずっとミュージカルに出ていますが、みなさんが応援してくださるので とてもうまくいっています! 最近僕は日本のドラマを沢山見ています。 今歌った安室さんの曲は、その中のドラマのOSTでした。 ドラマを見ながら、日本語の勉強を一生懸命やっています(笑) このコンサートはみなさんの為に準備しました。今日はみなさんが主人公ですよ! 」

LEOが『Thanks for…』を 歌い、ステージをあとにすると雰囲気は一変し、時限爆弾の映像が流れ『BOMB』とともに RAVIが登場。

続いて『Do The Dance』を聞かせ、この2曲の重厚なビートに乗せてRAVIから放たれるリリックの強弱や高低、テンポはSTARLIGHTたちを興奮の極みに誘った。

二人は どこにいても、なぜか同じ行動をとる。そしてそんな二人が再び  街中で出会うまでを描いた美しい映像をはさんで『Whisper -Japanese ver.-』 『Chocolatier』でセクシーな大人の香りを感じさせた。 どんなタイプの曲も、彼らの手に掛かると 曲の魅力そしてLRの魅力も どんどん引き出されるのを感じ、なんとも 心地よい。

RAVI「2018年が始まって1ケ月くらい過ぎました。今日も 沢山のみなさんが僕たちに愛情を注いで下さっているのを見て、僕たちが一番頑張らなくてはいけないのは ステージなんだなぁと改めて感じました。」
LEO「そんな気持ちをこめ、2018年はもっとかっこいい音楽を作って、みなさんに沢山会いに来たいと思います。僕たちを信じてついて来てくださいね。」
そう挨拶すると最後の曲『Today』を歌った。 キャノン砲から銀テープも飛び出し、美しい光景と歌声で改めて大きな感動をよんだ。

ふたりが袖に消えると STARLIGHTたちからはアンコールを求める声が あちこちから上がった。
「LR! LR!」と呼び始めたコールは 途中「サランヘ!サランヘ!(※愛してる)」という大きなコールに変わっていった。 大きな愛が会場いっぱいに広がったところに、再びLEOとRAVIが姿を見せた。

VIXXのナンバー『デ・ダ・ナ・ダ・ノ』『ダイナマイト』の軽快なリズムに合わせ 大きく手を振ったり、持っていたタオルを客席に投げ込こんだり、ペンライトを卓球のラケットに見立てて、ラリーをする真似をしたり・・・・。
二人がとても充実した時間を過ごしていること、今が最高な気分であることが観る側にも強く伝わってきた。STARLIGHTたちも二人の幸せそうな笑顔を見て、楽しそうに一緒に歌い踊っていた。

RAVI「休まず走ってきたけど、もう終わりの時間ですね。」
LEO「みなさんのおかげで僕たちがいるから、これからも ずっと歌っていきたいと思います。 いつも僕たちを輝くようにしてくれて本当にありがとうございます!」
RAVI「今日は本当に嬉しいです。みなさんと いい時間を過ごせて、とても楽しかったです!」
最後に一緒にステージを作り上げたダンサーや スタッフすべてに感謝の言葉を語り、再びステージをあとにした。

ちょっぴり たどたどしいながらも、一生懸命 気持ちを伝えようと できる限り 日本語でトークする LEOとRAVI。 歌もトークも、自分たちから発信するもの全てを、自分たちの言葉や表現で 観客に伝えたいという強い意思と熱い思いを感じる 素晴らしいステージだった。
歌もラップもダンスも…. 不安定な部分が皆無で、安心して楽しむことができる。 実力派 VIXX LRの極上のステージは 「これこそ エンターテイメント!」 と、思わせてくれた。
そしてステージの上の二人は、さながら アニメの主人公のように美しかった。 背も高く 脚も長い完璧なスタイル。その上 あまりにも美しい顔立ち。
あらゆる面で STARLIGHTを満足させ、魅了した 見事なステージだった。 大きな手応えを感じたLRの二人は、それをチカラに 今後ますます色々な魅力を放ち続ける。

※掲載写真はすべて (C)Jellyfish Entertainment Japan 撮影:田中聖太郎

Text by   Chizuru Otsuka


★VIXX JAPAN OFFICIAL FANCLUB
https://lovevixx.com/

★VIXX 日本公式Twitter
@RealVIXX_Japan  (https://twitter.com/RealVIXX_Japan


VIXX LR Japan 1st Album 「Complete LR」 2018.1.24 Release!!

韓国6人組アイドルグループVIXXのメインボーカルLEO、ラッパーRAVIによるユニット
VIXX LR(ヴィックス エルアール) が日本で初となるアルバム「Complete LR」をリリース!

2015年に1stミニアルバム「Beautiful Liar」で韓国でのユニット活動をスタートさせて以降、全収録楽曲をセルフプロデュースし、その洗練された音楽性とスタイリングで実力派アーティストとしての地位を確立、すでに日本でも高い評価を得ているVIXX LR。
「Complete LR」はそんなVIXX LRの全てが詰め込まれた、彼らの魅力を味わい尽くせる1枚。
2015年韓国にてリリースされた1stミニアルバム「Beautiful Liar」、そして2017年8月リリースの2ndミニアルバム「Whisper」の収録曲を全て収録。更に初音源化となる未発表曲「Poison(독)」と「Whisper -Japanese ver.-」の2曲が限定収録!さらに全52ページにわたる豪華ブックレットやスペシャルスリーブケースに至るまで、彼らの持つクールな美しさや神秘性が余すことなく表現された作品となっている。

VIXX LR 「Complete LR」

VICL-64919 / \3,611+税
■スペシャルスリーブケース仕様
■CD+豪華ブックレット (全52ページ)
■歌詞・対訳付
◆VIXX LR自らが収録楽曲の全てをプロデュース!

◆2015年韓国にてリリースされた1stミニアルバム『Beautiful Liar』、2017年8月 リリースの2ndミニアルバム『Whisper』の収録曲全てを収録。
【CD収録内容】
1. Whisper
2. Poison (독)
3. Beautiful Liar
4. Beautiful Night (아름다은 밤에)
5. Chocolatier
6. Feeling
7. Ghost – Ravi Solo
8. Thanks for … – Leo Solo
9. Remember
10. Today
11. My Light – Song by VIXX
12. Whisper – Japanese ver. –

◆更に初音源化となる未発表曲「Poison(독)」と「Whisper – Japanese ver. – 」の2曲が限定収録!

★ご購入はコチラからも可能⇒ビクターエンタテインメント オンラインショップ http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A025998.html

 

=アルバム封入特典(初回生産分のみ)=
『イベント参加券』
*サイン会応募シリアルナンバー入り!
1/26, 28に開催される握手会にご参加いただける“イベント参加券”となります。
握手会と同日開催のサイン会にご応募いただけるシリアルナンバー入り!

■配信情報
iTunes Store、レコチョク他 各音楽配信サイト またLINE MUSIC、Apple Music ,
AWA など主要定額制音楽ストリーミングサービスにて1月24日(水)より一斉配信開始