本記事掲載写真はすべて クレジット ©スカパー!/韓流ザップ


【韓ペン オリジナルレポ】

2016年4月、BSスカパー! にて 放送を開始した「韓流ザップ」。

毎週火曜日23時から 2時間、レギュラー放送しており、日本の女性たちのために 韓国の音楽・映画・ドラマ・バラエティ、そしてグルメやおすすめスポットなど様々な情報をたっぷり発信して好評を博している。 メイン司会者の サバンナ高橋と韓国出身のアーティストK、この二人の他、 AKI、ハロー植田、Apeaceがレギュラー出演して一緒に番組を盛り上げている。 毎回多彩なゲストも迎え、プライベートな素顔に迫るなど、韓流好きにはたまらない ボリュームたっぷりの情報番組となっている。

 

その「韓流ザップ」が ついにテレビから飛び出した!

 

2018年2月13日、Zepp DiverCity(TOKYO)にて、韓流ザップ初の公開イベント、その名も「韓流Zepp ~チョコあげちゃいますバレンタインSP~」が 開催された。バレンタイン前日に大好きなアーティストに会える…  「韓流ザップ」から日頃 番組を沢山愛してくれている視聴者への粋なプレゼントとなった。

 

 

最初にステージに登場したのは 今回オープニングアクトを務めることとなった X-TIME
番組内でおこなったオーディションで 見事出場権を勝ち取り、初公演のトップバッターを飾った。


1曲目の『Call of the Ambulance』で早速 定評のあるダンススキルの高さをしっかりと見せつけX-TIMEの実力を知らしめた。2曲目に披露した『Spotlight』は、なんと偶然にも公演当日の2月13日正午に韓国内 各種音楽サイトにて発売されたX-TIMEの韓国正式デビュー曲。 EDM特有の高揚感溢れるサウンドにピッタリのダンスはメンバー自身で全て振り付けをおこない、1日12時間もの練習を連日重ねて来た。
中毒性のある音の流れと 見事なパフォーマンスに大きな歓声と拍手が送られ X-TIMEは立派にオープニングアクトの大役を果たした。

いよいよここから 本編がスタート!

 

最初に登場したのは、「韓流ザップ」 レギュラー出演者でもある Apeace。 2011年5月より日本を拠点に活動を続けている、メンバー全員 身長180cm以上を誇る12人組スーパージャイアントグループだ。 番組には 毎回メンバーのうち2人がランダムで出演している。 Apeaceが選んだのは ブルーノ・マーズの 『24K Magic』、そして クリス・ブラウンの『X』。 この2曲で、まずダンスパフォーマンスのみを披露した。 曲に合わせ全力で踊る彼らからは 大粒の汗が迸っていた。 番組内で見せるちょっとユーモア溢れる親しみやすい姿とは 全く異なる、シャープなダンスとセクシーな表情。 自分たちにはこんな一面もあるということを多くの人たちに知ってもらいたい… Apeaceのこの公演に対する強い意気込みを感じた。

2曲のパフォーマンスを終えると、客席から沸き起こった大きな拍手と歓声に 安堵したのか、番組で普段見せる愛嬌ある表情に戻ったApeace。 そこに登場したのは KとAKI。

K「とにかく 迫力がすごくて本当にかっこいいですよね!」
AKI「普段一緒に番組をやっているけれど、こうやって観るとかっこいいね(笑)」
いつも一緒に出演している二人から褒められ、照れくさそうな笑顔を浮かべるApeace。

ここで ステージには さらに 二人が登場。 番組レギュラーで 毎回白衣を着て 韓流スターについていろいろ詳しく教えてくれる「ハローソンセン(ハロー、先生)」と言うコーナーを担当しているお笑い芸人 ハロー植田。 そして もう一人は韓流ザップに何度もゲスト出演したことがある JIN SEOK(ジンソク)。 JIN SEOKも白衣を着て二人仲良く登場した。 残念ながら今回公演に参加できないサバンナ高橋から届いた「僕がいなくても 必ずみんなで盛り上がってくれるって確信しています!」というビデオレターを紹介し 次のゲストの登場へ。

 

登場したのは 平均身長186cm、歌もダンスもビジュアルも全てを兼ね備えたD.tionの4人。グループ名を2017年3月に現在のD.tionに改名してから、ますます輝いている。 アップテンポながら別れた恋人への想いを歌った『break away』を歌い終わると
「こんばんは! D.tionです!」と全員で挨拶。
メイジュン「今日は会場に沢山来てくださって本当に僕たちも楽しい気分です。」

続いて どこか温かみを感じるピアノの音から始まるD.tion の3rdシングル 『Promise』。 愛する人への想いを綴ったこの曲を歌いながら客席に向けて手でハートを作って見せたり、沢山の愛を届けていた。 ラストは 会場に集まった人たちと一緒に楽しみたいと選んだ『lalala love song』。 聴き慣れたナンバーに 沢山の人たちが口ずさみ、リズムにのっていた。

KとAKIがステージに現れ、D.tionとのトークタイムとなった。
K「番組でトークはしたけど、パフォーマンスを観るのは初めてだったんですが、パワフルで圧巻でしたね! かっこいいですよね。」

客席におりた ハロー植田がD.tionファンから質問を募り 「休みの日は何をしていますか?」という質問が向けられた。
シン「みなさんにいい姿をお見せするように、休みの日は いつも…寝ています!(笑)」
メイジュン「僕も一緒で、寝ていますね。 休みの日は寝て、食べてブタになってます(笑)」
答えを聞いたファンから「休みの日の過ごし方を聞いてほっこりしました^^。」と言われ嬉しそうなメンバー。
またTwitterで募集した D.tionへの質問として シンの特技である「あいうえお作文」を作ってほしいという希望で韓流Zeppの「ゼップ」の3文字で作ることに。 突然のオファーに
シン「最近、あいうえお作文は 開店休業中なんですけどね(笑) 」
と、言いつつも

ゼ・・・絶望なんて知らねぇよ
ッ・・・強かったんだよ、生まれたときからオレは。 このチカラを今日みなさんに
プ・・・プレゼントするよ!CHU♡
と、シンが指ハートを作りながら キス音を響かせると、会場から大きな悲鳴が起こった。
このあと、Kからのむちゃぶりでもう一問出されたが、それも見事にクリアして会場を大きく沸かせていた。

 

続いての登場は JIN SEOK(ジンソク)。SHU-Iのメンバーとして日本を拠点に活動していたが、2015年12月解散。2016年4月よりソロとして活動を始めた。歌、ダンスともに定評があるが Mnetが開催する世界最大級の韓流イベント KCONでは達者な日本語を活かし、近年2年連続でMCを務めるなど幅広い活躍を見せている。

ステージ中央の椅子に腰掛け、ギターをつまびきながら アデルの『Someone Like You』を聴かせた。JIN SEOKの指から弾き出されるアルペジオと甘い歌声に客席は思わず聞き入っていた。
JIN SEOK「みなさん、改めましてジンソクです!ソロデビューして、こんなに沢山のかたたちの前で歌うのは初めてだと思います。でも、残念ながら次の曲で最後になります。」
そう言うと、客席からは「え~~~~~~! み~じ~か~いぃぃ~~~!!(※JIN SEOKのライブでは、JIN SEOKの手の動きに合わせてこの言葉を言うのが定番)」という声が 一斉に上がった。
JIN SEOK「次の曲は僕が作詞作曲しました。今日はみなさんと仲良くなりたい、距離を短くしたいなって思って爽やかな曲を準備して来ました。」と語り『Beautiful day』を 女性ダンサーとともに披露した。

K、AKIとのトークタイムでは
K「去年の年末ギターを練習しているって言っていて、まさかこのステージで披露してくれるなんて。それもピックじゃなくて 指弾きでなんて相当難しいよね。 すごいね。」
AKI「Twitterへの投稿で、以前JIN SEOKさんが番組に出た時 やったモノマネが面白かったのでもう一度やってというのが来ていますよ。」
と言われ、Mr.Childrenの曲で、何故かJIN SEOK本人からGACKTへ変化するというシュールなモノマネを見せ、会場を大いに沸かせた。

 

続いて登場したのは先程も登場した、韓流ザップで毎週アシスタントを務めるApeace。 バラード曲『どこまでも続く道を…』からスタート。さっきのダンスパフォーマンスの時とは全く違い、12人が一列に並び、自分のパートをそれぞれ語りかけるように歌っている姿が印象的だった。

「韓流Zeppのみなさん、はじめまして!僕たちは We are Apeace! よろしくお願いします。」と挨拶をすると一人一人自己紹介をおこない、高身長・ダンス・ラップ・モデルウォーキング・愛嬌・歌など 様々なApeaceの 魅力を紹介した。
ヨンウク「こういうなんでも出来るスーパージャイアントアイドルグループです。 僕たちApeaceは韓国と日本の橋渡しをちゃんとしていきたいなって思っています。今日は是非是非僕たちApeaceの魅力にハマってください!」

続いて一気に雰囲気を変え、熱いビートでアグレッシブに胸に飛び込んでくる『VEIL』、そしてホーンセクションのファンキーなサウンドと激しいダンスが魅力の最新曲『BANG!BURN!LOVE』で客席のボルテージは一気に最高潮に達した。披露した3曲全て雰囲気の違うものを揃え、Apeaceの幅の広さを見事に伝えていた。

K、AKIも加わりMCタイム。
K「歌もうまいし、ステージに慣れているしお客さんとのコミュニケーションもちゃんととれているし。」
と、Kからも絶賛を受けていた。

会場のファンから「次の新曲ではどんなことをやりたいですか?」と尋ねられると
スンヒョク「僕は夏が好きなので、海に遊びに行った時に聴いたら気持ちよくなれるような爽やかな曲に挑戦したいです。」
ゴンヒ「Apeaceはファンとの距離感が近いので、ファンと一緒にノリノリになれる曲がいいかなって思います。」
ドゥファン「前回Kさんに『Change My Life』を作っていただきましたが、Kさんと言えばステキなピアノとともに素晴らしい歌声なんで、Kさんと一緒に歌える素敵な歌をまた作っていただけたらいいなって思います。」
と、さりげなく Kに再度の楽曲提供をお願いする場面も。そんな中にも長年番組を共にやってきた親しさと信頼関係を感じることができた。

 

次のステージに登場したのは HOON(from U-KISS)。2008年9月より活動を開始したU-KISSに2011年3月に加入。 U-KISS加入前の2009年にソロアルバムを出していたほど 歌のうまさはお墨付き。また、あとからの加入にもかかわらず、日本語の堪能さはグループの中でも群を抜く。

まず1月28日に発売したばかりの新曲、しっとりとしたバラード『Anniversary』を 優しく歌いあげた。 ドラマティックなメロディーと甘い歌声は心がとろけるようだった。

HOON「僕はU-KISSのHOONと申します。 僕は5人グループのかっこいいパフォーマンスをするダンスグループU-KISSのメンバーです。 今日、僕はバラードを担当で今バラードを歌ってますが、次は機会があったらダンスもお見せしたいと思います。3月21日にはU-KISSとしてアルバムが発売されます。そのアルバムのタイトルをファンのかたから募集していましたが「LINK」連結っていうネームに決まりました。 ファンのみなさんと僕たちU-KISSの連結っていう意味です。3月28日にはU-KISSがイベントにも出演します。では、次は僕が作曲した曲です。」
そう挨拶すると 『Anniversary』のカップリング曲『Rain』を熱唱した。

K、AKIが出てくると深々とお辞儀をし、礼儀正しさを見せた。
K「グループでやっていたのにソロでやると寂しくない?」
HOON「U-KISSでやるのとソロでやるのは別の魅力があります。U-KISSは楽屋がすごく楽しいです。」
AKI「ステージでは楽しくないの?(笑)」
HOON「!!!(笑)   そうじゃなくて…(笑) ソロだとファンのかたに僕ひとりだけ注目してもらうことができるから(笑) それが嬉しいです。」

ここで客席のファンから「U-KISSのメンバーの好きなところを1つずつ教えて下さい」という質問を受け、
HOON「メンバーたちは細かいところまで気が付く人たちです。イライさんはごはんを作ってくれたり、スヒョンさんは悩みを聞いてくれるし、キソプさんはたまに僕の部屋を掃除してくれます(笑) Junさんは今韓国でも活動していますが(※THE UNITに出演)そっちではかっこいい姿を見せ、僕たちの前では本当にかわいいんです。」
K「Junくんは 僕も去年初めて会いましたが、本当にかわいくて、こんな弟がいたらいいなって思いました~。」
ここで 最近覚えたギャグをやってみてとAKIからむちゃぶりを受け、いくつか披露するなど気さくな姿を見せた。

次に登場したのはHALO。2014年6月に韓国でデビューした6人組で、グループネームには “6人が集まったら自らが輝く” という意味が込められている。日本では様々な活動の後、2016年8月CDデビューした。定期的に行っているライブも ファンとの距離の近さと自らの親しみやすさから、ライブ自体を学校に見立てファンには クラスメイトとして参加してもらっている。

まず ドラマティックなメロディーの2曲『JASMINE』『LIAR』を聞かせた。 ファンからの大きな声援もHALOをますます輝かせていた。
ヒチョン「最初に聞いてもらった曲は去年発売したセカンドシングル『JASMINE』、そして 1月31日に発売された『LIAR』という曲です。どうでしたか? かっこいい?」
オウン「次に歌う曲の意味は伝えた?」
ヒチョン「次の曲は 『LIAR』のカップリング曲で『Save or Save as』です。この曲は恋愛において男と女の考え方の違いを歌っています。男は思い出を名前をつけて保存、女は上書き保存する…っていう。」
こう紹介すると せつないメロディーにのせて、どうにもならない男女の感覚の違いを歌い上げた。

AKIが登場し、HALOのグループ紹介をメンバーで分担して かっこかわいくやってみるように言われると、それぞれの個性に合わせ魅力的な姿をアピール。 その姿に客席のファンからは「きゃ~~!!」っという悲鳴があがっていた。

 

ステージ中央にはピアノがセットされた。 ついに 「韓流ザップ」の名司会の一人、 Kの登場となった。 2005年に大ヒットしたドラマ『1リットルの涙』の主題歌『Only Human』を歌い上げた。 毎回ドラマの中で印象に残るシーンにこの曲が必ず流れていたのが、いまだ強く記憶に残っている程、この歌の果たした役割は大きく、ドラマにさらなる感動を与えた。 会場は静まり返り、皆、ひたすらKの奏でるピアノの音色と歌声に聞き入っていた。

K「Kです。僕は韓流ザップでMCをやらせていただいています。今日初めてこういうのをやらせていただき、やっと TVの向こう側のみなさまと通じ合ったという気がします。今日はみなさんがどう感じているか、 生でからだに入ってくる感じがしています。 あ、僕も本当は踊る予定だったんですけどねぇ(笑) すごく練習してきたのに。次回は踊れるようにしたいですね(笑)」とジョークを交えながら軽快にトークし、一気にステージに惹きつける様は流石の一言だった。

2曲目は『春の雪』を聞かせた。 “迷路のような運命をくぐり抜けて僕らは出会えた”という歌詞からも、何度も繰り返される“君に会いたい”というフレーズからも、どれだけの気持ちが溢れているか…、Kの温かい歌声は その歌詞に合わせ強弱をつけながら 聴く者の心に強く刻み込んだ。

Kのステージに 先ほども登場した HOONが登場。
Kが楽曲を提供して話題になったHOONのソロデビュー曲『雪桜』を二人で初めて一緒に披露した。 ミュージカルの一場面で歌われそうな、優しいのに心に強くうったえてくる曲 。歌の上手なふたりの熱いボーカルはただただ感動するばかりだった。

 

突然、番組になくてはならぬ 司会者サバンナの高橋茂雄がステージに登場し、会場は大きく沸いた。 欠席と事前予告していただけに、会場は歓喜の声でいっぱいだった!

高橋「思った以上にキャーって言われてめっちゃ嬉しいんですけれど(笑) 僕が来ないって言って、普通に進行するのはやめてくれへん?(笑) もう少しオレ無しではやっていけへんって感じをだしてくれないかなぁ?(笑)」と、言いつつ立派に公演を進行していた KやAKIをニコニコと 優しい目で見つめていた。

高橋「せっかくだから今日出演した全員にステージに登場してもらいましょう。」
そう言うと全出演者がステージに揃った

X-TIME 「今日は本当に幸せでした。ありがとうございました。」

D.tion「今日はみなさんと一緒にいられて本当に嬉しいです。これからもよろしくお願いします。」

HALO「ここまで観に来てくれたファンのみなさん、本当にありがとうございました。」

HOON「今日は本当に幸せな時間をありがとうございました。」

JIN SEOK「今日はみなさんのおかげで本当に素敵な時間を作ることができました。ありがとうございました。」

Apeace「いつもお世話になっている 韓流ザップさんの『韓流Zepp』に12人で参加することができて本当に嬉しかったし、高橋さん、Kお兄さん、AKIお兄さん、ハロー先生、そしてゲストのみなさん、そして何よりいつも見守ってくださっているファンのみなさんがいてくれたので、無事に終えることができたと思います。」

高橋「是非、第二回もやりたいと思っていますので、みなさんチカラを貸してくださいね。最後に・・・やっぱりこの番組と言えば、Kくんが作ってApeaceが歌う主題歌があるよね?」

そう言うと 番組の企画で KがApeaceに楽曲を提供し、番組のエンディング曲にもなった2016年12月発売の『Change My Life』を出演者全員で大合唱した。 Apeace以外の出演者も 一緒に歌ったり 踊ったり。 大盛り上がりとなった素敵な一日の締めくくりを思い切り楽しんでいた。

あまりの楽しさから
高橋「Kくん、コラボ最高や! Apeaceにもう一曲作ってあげてよ。 エンディング曲パート2頼むわ! 是非こういうのを実現していって、韓流ザップをもっと大きくしていきたいと思います。」と突然オファーする場面も!

その後 特別に30秒間フォトタイムが行われ、その後 客席をバックに記念撮影。 今日一日の思い出を心の中だけではなく しっかり形にも残した。
また、各アーティストからそれぞれが選んだプレゼントが各1名ずつ当たるなど、盛りだくさんな一日だった。
会場をあとにする観客たちは 口々に「楽しかった~!」と満面の笑顔で話していた。

日頃はなかなか観ることができないアーティストの魅力を生で感じることができるのがこのようなイベントの醍醐味だ。 是非第二回・第三回と続いていくことを切に願う。 そしてこれを機にアーティスト同士、ファン同士の交流も深まっていくことが今後の韓流の勢いを大きくしていくことにつながっていく。

この楽しかった公演の模様は 2018年4月3日(火曜日)23時~25時、BSスカパー!「韓流ザップ」にて放送される。 レギュラー放送の内容とはまた別の楽しい雰囲気を感じられるのが楽しみだ。

★韓流ザップ 公式HP https://www.bs-sptv.com/zap/hanryu/
★韓流ザップ 公式Twitter @HANRYU_zap (https://twitter.com/HANRYU_zap
★BSスカパー 公式HP https://www.bs-sptv.com/

 

・Text: Chizuru Otsuka

・写真はすべてオフィシャル提供 クレジット ©スカパー!/韓流ザップ


放送概要

★「韓流Zepp」~チョコあげちゃいますバレンタインSP~
放送日:2018年4月3日(火)23時~25時
出演:高橋茂雄(サバンナ)、K、AKI、Apeace、HALO、D.tion、JIN SEOK、HOON(from U-KISS)、X-TIMEほか
公式サイト  https://www.bs-sptv.com/zap/hanryu/

★「韓流ザップ」
放送日:火曜日23時~25時
MC:高橋茂雄(サバンナ)、K
チャンネル:BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス579)
視聴方法:スカパー!のいずれかのチャンネルまたはパックセットなどの契約者は無料で視聴可能
公式サイト: https://www.bs-sptv.com/zap/hanryu/ ※公式サイトではゲストへの質問も募集しています。