2018年3月15日、韓国セクシーカールズグループ界最強のライブクィーン LAYSHA(レイシャ)の 初単独&無料招待イベント 「LAYSHA 1st SHOWCASE IN JAPAN[Pink Label]」 が 、ライヴ&サウンド・スペース “SOUND MUSEUM VISION” (東京 渋谷) にて開催された。

LAYSHAは 2015年、デジタルシングル「Turn up the music」にて韓国でデビューしたガールズグループ。 2016年には多方面で活躍する人気ラッパーNASSUN をフューチャリングに迎え2ndデジタルシングル「Chocolate Cream」で セクシーさとHOPHOPとの融合を試み、見事に成功させた。

かなりセクシーで本格的なダンスパフォーマンスは 多くの人々心を掴み、世界中に多数のファンが存在している。 LAYSHAのダンスをカバーした映もYOU TUBEで多数アップされている。TVよりも LIVEを中心として活動し、その艶やかなダンスを直接披露することで どんどんファンを増やしている。ひとたびパフォーマンスが終われば色っぽさの中に可愛らしさを垣間見せ、そんなギャップもまた魅力のひとつとなっている。

2017年12月には、セクシーさとポップさが相まったキャッチーなナンバー「Pink Label」を発表し、韓国セクシーガールズグループ界無敵のライブクィーンとして、しっかりその地位を固めている。

公演当日、会場は 男性客が目立ったが、LAYSHAのダンスに魅せられカバーダンスをしている女の子たちも多数訪れた。 LAYSHAの衣装そっくりな服を着ている人も見受けられた。

 

開演時間となりLAYSHAが登場すると 大きな歓声が起こった。

『CHOCOLATE CREAM』を歌いながら セクシーに からだをくねらすLAYSHAの姿に、即ファンたちは釘付け。 曲の甘美な雰囲気と相俟って 会場のボルテージは最初から急上昇となった。

歌い終わると 「안녕하세요~레이샤입니다~!(こんにちは。LAYSHA で~す!)」と、ニッコリキュートな笑顔を浮かべ4人揃って挨拶。 全員が美人で高身長、そして グラマラスなナイスバディという女性なら誰もが嫉妬してしまいそうなくらいの完璧さ。

ヘリ「はじめまして。私はLAYSHAの末っ子、ヘリです。日本語は下手ですがよろしくお願いします。」

ゴウン「はじめまして。私はリーダーのゴウンです。 」

チェジン「みなさん、こんばんは。 LAYSHAの チェジンです。よろしくお願いします。」

ソム「はじめまして。こんにちは。私はLAYSHAの かわいい担当、ソムです♡」

日本に来たのは初めての4人は、まだ ちょっと たどたどしい日本語が かえって可愛いらしかった。 緊張していると語ったが、沢山集まった日本のファンを見て嬉しくて仕方ない様子だった。

ここで早速フォトタイムを行なったあと、トークタイムとなった。フォトタイムで撮影した写真は 個々のSNSで「 #LAYSHA 」をつけてUPして、是非 広めてほしい、出来るだけ多くの人にLAYSHAを知ってもらいたいと語っていた。

(※ ハッシュタグ例 ⇒ #LAYSHA #レイシャ #레이샤 など)


LAYSHAのMVやLIVEでのファンカム(※ファンが撮影してUPした動画や写真)の再生回数は驚く程の数字を記録しているが、それに加えそのLAYSHAのカバーダンス動画も世界各国のファンがUPしている。
今回LAYSHAと共にその動画を見て、LAYSHAが自分たちのダンスを客観的に見て 改めてどう思うか話を聞くことになった。
映像を見ながら、自分たちのダンスを真似る女の子たちを「可愛い~♡」と言う一方、あまりにもセクシーなダンスに「ダメ~~♡ダメ!」と慌てたり照れる場面もあり、会場は爆笑となった。

ここで質問コーナーを行うことになった。

◆セクシーさを勉強するために、どんなことから学んでいますか?

ゴウン「他のかたが踊るダンスや表情を研究しています。」
チェジン「ちょっとセクシーな雑誌などのモデルさんのポージングとか見て、自分のダンスに取り入れるように研究しています。」




◆今後の日本での活動の予定は?

ゴウン「皆さんがどれぐらい私たちに関心を持って下さるかにかかっていますよ(笑)」

◆好きな男性のタイプは?

ヘリ「がっしりした感じの男性が好きですね。」

ゴウン「私だけを見つめてくれて、私に執着してくれる人がいいです(笑)」

チェジン「私も結構がっしりとした体型で、私と心が通い合う、気が合うかたがいいですね。」

ソム「私は ユーモアのある男性が好きです。」

楽しいトークのあとは POPさと悩ましさが混在する アップテンポナンバー『PINK LABEL』で 再びファンをがっつり虜にした。


初来日した LAYSHAへのプレゼントとして、 LAYSHAを愛する女の子たちのダンスチームによる カバーダンス披露がおこなわれた後、LAYSHAについてのクイズに正解した人にプレゼントが贈られるなど、日本のファンと楽しい時間を過ごした。

楽しい交流のあとはLAYSHAの DANCE MEDELYで大盛り上がり。いろいろなタイプの曲に合わせ、キュートだったりセクシーだったり、ちょっとせつなかったり…。 さまざまな表情を見せるLAYSHAの姿に会場に集まった人たちは すっかり魅せられた。

楽しい時間はいよいよ最後に近づいた。メンバーたちは再び、フォトタイムの写真に #LAYSHA などをつけて 拡散してほしいと伝えた。

ゴウン「私たち、海外の遠征には沢山行きましたが、日本でも こんなにも多くの皆さんが応援して声援を下さって、とても温かい気持ちになりました。 正直、日本に来る前は誰も私たちを知らなくて、公演に誰も来なかったらどうしようと、とても心配しました。でも、もうその心配はなくなりました。本当にまた来たいです。」

ヘリ「今日は初めてで、ちょっと失敗してしまったのではないかと思うところもあったのですが、次回は完璧なステージをお見せしたいと思っていますので応援よろしくお願いします。」

チェジン「日本のファンのかたはおとなしいと聞いていたのですが、こんなにも大きな声援をいただき、とてもとてもびっくりです。 私たちがすごくやりやすいステージに 皆さんがしてくださいました。これからも努力していきますので応援と関心をお願いいたします。」

ソム「私たちが思っていた以上の多くのかたたちが来てくださってとても嬉しかったです。今度来たときは、みなさんを含めたもっともっと沢山の人たちの前でパフォーマンスができるといいなぁと思っています。今後も、もっと勉強しなくてはいけないなと今日は一番感じました。」


感想を述べたあと 最後の曲『PARTY TONIGHT』を披露した。その後、来場者全員とハイタッチ会がおこなわれた。

ダイナマイトボディで激しく踊る姿と、かわいい笑顔や仕草のギャップが とにかく魅力的。 加えて、肌も美しく美形の4人。 今回のショーケースをファーストステップとして、日本での本格的活動開始に期待したい。

text & photo:  Chizuru Otsuka
客席バック写真は公式より提供



【イベント概要】
タイトル:LAYSHA 1st SHOWCASE IN JAPAN [Pink Label] 出演者:LAYSHA(レイシャ)
日時:2018年3月15日(木)18:30 開場 / 19:00 開演 (20:00終了予定)
*終演後、SHOWCASE観覧者全員参加可能な握手会あり
会場:SOUND MUSEUM VISION
〒150-0043  東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F
オフィシャルサイト:http://www.promax.co.jp/info/2018/LAYSHA2018/
公演に関するお問い合わせ:SOUND MUSEUM VISION 03-5728-2824(平日13:00~21:00)
主催:BLUE BUCKS / JS Entertainment
制作・運営:PROMAX / シブヤテレビジョン
制作協力:SHOW DIRECTOR KOREA