【韓ペン オリジナルレポ 4月9日 14時半公演】

2017年WEBマンガ総選挙2位を獲得した大人気コミック原作の舞台「雷神とリーマン」が、韓国×日本のキャストにより4月7日、新宿シアターモリエールにて公演をスタートさせた。

サラリーマンでゲイの大村は、失恋したことから毎日をただなんとなく過ごすようになっていた。 仕事にも疲れて帰宅してみると、部屋に何やら浮遊する不審者! 神でいるのが嫌になり、人間になりたいと望む雷神の 雷遊だった。 そこから二人の奇妙な同居生活が始まっていく…。

そんな摩訶不思議な神との同居生活をテーマにしたこの舞台『雷神とリーマン』4月9日14時半公演に伺った。

大村役は アイドルグループとして日韓で活動、現在はソロアーティスト、俳優としても積極的に活動中のインジュン、 雷遊役は 日韓混合グループメンバーとしてデビュー、現在は俳優として日本でドラマ出演経験もあるミンス。 (※雷遊役は 個性派演劇集団「劇団番長ボーイズ☆」メンバーであり、双子の弟・要とのユニット「TWiN PARADOX」として、アーティストとしても活動中の二葉勇とのWキャスト)

二葉勇(雷遊 Wキャスト)

インジュンとミンス、この二人は先日同じ新宿シアターモリエールで上演された ミュージカル『マイ・バケットリスト』でも共演していたため、全くタイプの違う今回の役をどのように演じるか興味深かった。

 

買い物に行ったり、食事をしたり、お風呂に入ったり、寝たり… 雷神の雷遊にとって人間が当たり前に行っていることが、とても不思議で新鮮。 その1つ1つに面白味を見つけ、楽しそうに取り組んでいく。 私たちが日常行っていることにそんな魅力があったのかと、改めて私たちは日々の生活をいかに感謝の気持ちもなく当たり前のこととしてやり過ごしていたか反省させられた。

また、いじめや、挫折など人間の心のすさんだ部分も純粋な目で見つめ、正しいことやそうではないことに率直な気持ちでぶつかっていく。 雷遊が自然な気持ちで語る様々な言葉が どれもとても心に響く。 どの言葉もつい書き留めたくなるくらい、いい言葉ばかりだった。忘れていたこと、あえて気づかないようにしていたこと… そんなことに改めて向き合わせてくれた。

ミンス演じる雷遊は、人間界という新しい世界に飛び込んで感じる雷遊の純粋な感想や、新しいことを知ることへの喜び、公平な正しい判断の大切さを実によく伝えてくれた。 神という第三者から見た人間の矛盾な部分も上手に伝えている。 雷遊は神であるため、言葉遣いもかなり堅く、日本人でも なかなか日常では使わないような言葉も 沢山出てくるが、それをきちんと理解して心を込めて語りかける。


一方、一人暮らしの生活にいきなり同居人を迎える羽目になった大村を演じるインジュン。 細かい目の動き、くるくる変わる表情…実に演技がうまく、インジュンは実は本当にサラリーマンでゲイなのでは??と一瞬錯覚してしまう程、役になりきり、こなしている。 また、関西特有の言葉遣いやイントネーションで話す大村のセリフも見事に克服しているのも注目だ。 ゲイの大村の家に飛び込んできた男性の雷遊。 好みのタイプゆえ、ときめく心を必死に抑えながら、雷遊が人間の生活に溶け込めるように一生懸命力を貸していく、そんな大村の優しい温かい心がインジュンの演技からはしっかり伝わって来た。

大村が出先で雷神に会いたいと思った瞬間、雷遊が神だからこそ出来る瞬間移動技で大村の前に現れるなど、実際の恋愛シーンでそんなことがあったら最高に嬉しいよね…と、思うような胸キュンポイントも盛り込まれている♡  また、キャストのアドリブなども楽しみの1つだ。

とにかく全編を通して 人の優しさや ぬくもりを感じる…そんな舞台になっている。
日々の生活で心が荒れたり、疲れたり…。この舞台はそんな気持ちを静め 癒してくれる。
また、改めて大切なことに気づかせてくれる。

この公演の中では、インジュン、ミンスのダンスを少し見ることが出来るのもファンには嬉しいだろう。ふたりの息もピッタリ合っている。 そして、ミュージカル『マイ・バケットリスト』から更に演技力も高まっている。
また、脇をかためる役者たちも とてもいい演技を見せ、公演を盛り上げるのに大きな役割を果たしている。

原作の漫画が面白いので、舞台化されると どのように表現されるのかと考えていたが、実に面白い公演となっていた。
本公演は4月14日まで 新宿シアターモリエールにて上演されている。
温かい気持ちになれる場所へ是非とも足を運んでほしい。
公演最後には、アフタートークや、フォトタイムなど 様々な特典会も用意されており、楽しみの1つとなっている。 特典会の内容は日々異なるので公式HPにてチェック。
◆公式HP:http://r-t.jp/raijinb

・text & phto :  Chizuru Otsuka

・公演本編の写真は オフィシャル提供 (C)舞台「雷神とリーマン」実行委員会


タイトル:舞台『雷神とリーマン』

公演日程:2018年4月7日(土)~2018年4月14日(土)
会場:新宿シアターモリエール
〒160-0022 新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル2F
出演者
雷遊役(Wキャスト) ミンス/二葉勇(劇団番町ボーイズ☆)
リーマン大村役  インジュン
和田侑徳、山形啓将、平岡千香子、井伊亮太

演出:藤原新太
原作:RENA
主催:舞台『雷神とリーマン』実行委員会
制作:ライズコミュニケーション
協力:株式会社リブレ

チケット料金
当日券9,300円(税込) 学生割引7,000円(税込)
リピーター割引8,500円 ※未就学児童入場不可

・公演に関するお問い合わせ:ライズコミュニケーション 03-5790-2661(平日13:00~17:00)

公式HP:http://r-t.jp/raijinb

◆公演日程詳細(雷神 雷遊役/リーマン大村役)
4月7日(土)13:00~二葉勇/インジュン、18:00~二葉勇/インジュン
4月8日(日)13:00~ミンス/インジュン、18:00~ミンス/インジュン
4月9日(月)14:30~ミンス/インジュン、19:00~ミンス/インジュン
4月10日(火)14:30~二葉勇/インジュン、19:00~二葉勇/インジュン
4月11日(水)14:30~二葉勇/インジュン、19:00~二葉勇/インジュン
4月12日(木)14:30~二葉勇/インジュン、19:00~二葉勇/インジュン
4月13日(金)14:30~ミンス/インジュン、19:00~ミンス/インジュン
4月14日(土)13:00~ミンス/インジュン、18:00~ミンス/インジュン
※出演者及びスケジュールはやむを得ず変更になる場合があります。予めご了承ください。
※開場時間は開演時間の30分前を予定しております
※各公演後に特典会も実施いたします(詳細はHPでご確認ください)