2013年韓国デビューしたTOPPDOGG。 2014年より日本での活動もスタート、Zepp ダイバーシティ東京でライブをおこなうなど 大きな人気を得た。

そのTOPPDPGGが グループ名をXENO-T(ジェノティー)に変え 心機一転を図った。 グループ名 XENO-Tは 「xenogeneic(別の種類の)」と「Top class(トップクラス)」の2つの意味を融合させ、志を新たに 更なる飛躍を目指す。

メンバーは
Sang-do(サンド)

Ho joon(ホジュン)

B-Joo(ビジュ)

XERO(ゼロ)

San won(サンウォン)
の5人。

(※本記事では以下名前カタカナ表記)

日本での活躍も重視するXENO-Tは、2018年5月30日 『どこにいても』で 待望の日本デビューを果たすことになった。 そんな順調なスタートをきったXENO-Tが 日本デビューシングル “発売記念無料SHOWCASE “を5月1日、平和島 HY TOWN HALLにて開催した。

『Purfume』からスタート! セクシーな雰囲気の曲に合わせ踊る姿に なんとも大人の色気を感じる。
歌い終わると、大きな歓声が沸き起こった。

続く『Annie』は ミディアムテンポのリズム。刻みが心地いい。スタンドマイクを使い、この曲に乗せ 美しい歌声と感情を聞かせた。 始まって2曲でダンスの実力、歌の実力の両方をしっかりと 見せつけた。

MCのAkiも登場し、一緒に公演を盛り上げていくことに。

ファンから「かっこいい!!」という声が上がると、メンバーたちは「よしっ!」と嬉しそうな表情を浮かべた。

サンド「今日は沢山見に来てくださって本当にありがとうございます。まだ僕たちXENO-Tを知らないかたもいらっしゃると思いますので、ひとりずつ自己紹介をします。」

XENO-Tのライブを初めて観に来た人がかなり多く、メンバーたちはとても感激していた。

サンウォン「XENO-Tでラップとプロデュースを担当している、世界で一番セクシーな末っ子、サンウォンです。」
ラップ担当だが 歌も得意で人気の韓国ドラマOSTをアカペラでワンフレーズ歌って聞かせた。また、特技のラップも聞かせ、才能の幅の広さをアピールした。

ビジュ「こんにちは。XENO-Tで ボーカルとダンスを担当、唇が厚いビジュです。」
そう言いながら唇を突き出して 愛嬌いっぱいのかわいい表情を見せた。 4月、Akiがレギュラー出演している「韓流ザップ(BSスカパー!にて毎週火曜日23時~25時、レギュラー放送中)に XENO-Tがゲスト出演した際も披露し、出演者たちや視聴者に大好評を得たダンスを本公演でも披露した。 ハンパないダンススキルの高さを見せつけた。

サンド「僕はXENO-Tでボーカルを担当しているリーダーのイケメン、サンドです!」
グループの中で一番日本語が得意ということで、アカペラで 日本のドラマOSTをワンフレーズ歌い、そのきれいな日本語の発音と歌声で魅了した。

ホジュン「XENO-Tのボーカルとダンスを担当しているキュートボーイ、ホジュンです。」
キュートがポイントのホジュンには 愛嬌アピールが課せられ、韓国で愛嬌ブームになった『귀여미(キヨミ=かわいい)』に合わせ様々なかわいい愛嬌を見せた。 照れくさそうにしながらもきっちり愛嬌をキメるホジュンにファンは胸キュン♡

Akiのムチャぶりで ビジュも挑戦することに。 突然のフリに「だめよ~!!」と言いながらも曲がかかると 即 愛嬌ダンスを見せるところはさすが! 2人のかわいいキヨミダンスで大盛り上がりを見せた。

ゼロ「僕はXENO-Tでラップとダンスを担当しているセクシーカリスマ、ゼロです。」
声もセクシーなゼロには、魅力アピールとしてセクシーダンスが 課せられた。
ゼロ「今、もともと準備してる曲は無いし、なんの曲がかかるかわからないですが~。」
と、突然のAkiからの指令に ちょっぴり戸惑いを見せるゼロだったが、突然かかった音楽に合わせ しっかりとセクシーなダンスで悩殺した。


ここでAkiの視野に入ったのは 再びビジュ。 視線を感じ 「だめよ~~~!!!」と言いながらも曲に合わせ悩ましげなダンスを披露しファンを興奮させた。

沢山の魅力を発散し、あらゆる可能性を持ったグループだということをしっかりと見せた。 また、メンバー全員がとても明るく、その楽しい雰囲気が 客席をグングン惹きつける。



日本での初めてのショーケースはどうかと聞かれると
サンウォン「楽しくて、もう飛び跳ねてどっかへいっちゃいそうなくらいです!(笑)」

サンド「日本でデビューするのでとても新鮮な気持ちです。メンバーで末っ子サンウォンくんが作った曲でデビューできるので最高の気分です。」
と、答えた。

日本語を勉強したかを聞かれると ちょっとだけと答えたのち、最近覚えた日本語を聞かれると
サンド「う~ん、あ! 先ほど (笑)」
ビジュ「ひとつ(笑)」
サンド「もうひとつ!(笑)」
ビジュ「よしっ!(笑)」
サンウォン「ほとんど」「勉強している」
ゼロ「がんばって!(笑)」
と、次々に言い出す言葉が可愛らしく、ファンを笑いに誘った。


『들어와 (Open the door)』『Emotion』ではファンキーなサウンドに乗って 踊るXENO-Tに客席は一気にヒートアップ!



サンウォン「心を開いてほしいなっていう気持ちをこめてこの『들어와 (Open the door)』という曲を選びました。 “들어와”~♡」
かっこつけた低い声で「들어와(トロワ)」と言うサンウォンに合わせ、急遽“かっこよく
『들어와』が言えるか選手権“なるものが行われることになった。

ジャケットを脱いだり、手を広げたり…様々なポーズをとりながら、囁くように甘い声で悩殺するメンバー。



ファンからは サンウォンが一番かっこよかったという声が多く、気をよくしたサンウォンは
「エコーください。……  들어와… 」
と、キメポーズでもう一度言い、会場からは大きな歓声が上がった。 言い終わると照れまくる姿がまた可愛いかった。

大盛り上がりをみせたコーナーが終わると
サンド「僕たちXENO-Tがついに日本で正式デビューすることになりました! 5月30日発売、タイトルは『どこにいても』です。」

作詞・作曲に携わっている末っ子のサンウォンは
「この曲『どこにいても』は EDMを基盤として東洋的なイメージを表現した曲です。強めのビートで起承転結がハッキリとしていて、メンバー個人個人のパフォーマンスを見せることが出来る曲です。よろしくお願いします。」
と、たどたどしい日本語ながら一生懸命 曲について説明した。

今回韓国でレコーディングしたりMV撮影した時のエピソードを聞かれ、
サンド「MV撮影はまずボーカルパート、そしてラップパートが撮影したんですが…。サンウォンくん、僕たちボーカルパートが撮影している時に すごく僕たちのことを 見つめてきたんですね。 だからてっきりお兄さんたちを心配してくれているんだと嬉しく思っていたんです。 で、ラップパートの撮影の番になり、見ると…。 なぜか同じようなジェスチャーをやっているんですね、サンウォンくん。 なんとビジュくんがやっていたのを、まるまる真似していたんですよ!(笑) 」
ビジュ「僕があまりにもかっこよくて、真似したんだよねぇ??(笑)」
サンウォン「いや、ビジュ兄さんが、僕がやろうと思っていた動作を先にやっちゃったんですよね(笑) もともと、僕もそうやろうと思っていたから….。真似したわけじゃないんですよ(笑)」
ビジュ「あれ?この部分、アドリブでの振りだから、何回か撮ったけど、そこだけ真似して撮ったんだよね??(笑)」
サンウォン「…(笑)。….、そのくらい本当にかっこよかったんですよぉ~(笑) …(真似したこと)認めます(笑)」
サンド「日本語でレコーディングしたんですが、韓国語Ver.もあるんですよ。日本語Ver.とは若干違う歌詞なんです。 先に日本語のレコーディングをしたんですが、映画を見ているような気分でした。本当にかっこよくて…。僕は個人的にゼロくんのパートがすごくかっこいいなぁって思っています。あとでお見せしますので、皆さん心の準備をしておいてくださいね!(笑) レコーディングエピソードですが、ビジュくん、すごく上手いなって思って聞いていたのに、“もう一回やらない?”って言ってきたんです。 どうしてそう言ったのか聞いてみたくて。」
ビジュ「僕…実は、完璧主義者なんです(笑) 僕が気に入るまでやらないと気が済まないんですよ(笑)」




ここでついに5月30日発売、日本デビュー曲『どこにいても』を披露する時間に。
サンウォンが説明した通り 、EDMを基盤としたフューチャーベースな曲で、東洋的なイメージの  はかないコード進行、メロディー、強めのビートが混ざった  とても印象に残る曲となっている。 曲の中でも起承転結がしっかりとしていてストーリーがある、まさに映画のような雰囲気。 曲の中にはメンバーひとりひとりのパフォーマンスをうまく織り込んでいることで、また印象を深めている。 曲が進むにつれ、東洋的な雰囲気から西洋的な雰囲気に変化していく…。 XENO-T自身が本当に表現したかったものに仕上がっている。 心に残るせつなく美しいメロディーから始まり、 音符の並びがとても洒落た展開を見せる。 曲を聴いているだけで、まさに映画のような ストーリー性を感じる。聴く者に 様々な光景を想像させる曲を、メンバー個々のパフォーマンスで更に強く、物語へ導いていく。


歌い終わると大きな歓声と拍手が鳴り止まなかった。

ステージで『どこにいても』を 初めてステージで披露した感想を聞かれると、
サンド「もっともっとこの曲をステージで披露することに慣れていかなければいけないなと思いました。今ちょっと残念なステージをお見せしてしまったのではと心配なのですが、もっともっとかっこいいステージをお見せ出来るように努力したいと思います。 」
と、見事なステージを見せたにもかかわらず、常にもっと向上したい気持ちを感想として述べた。

ゼロ「僕たちがショーケースを皆さんにお見せすることになり、毎日一生懸命練習して来ましたが、こうして披露することが出来てよかったと思っています。『どこにいても』というタイトル通り、永遠に一緒にいましょうね。ありがとうございます。」

ホジュン「僕たち4月に日本に来ましたよね?その日から今日(5月1日)まで短いと言えば短かったですが、長い時間でもありました。待っていて下さり本当にありがとうございました。これからも僕たちが『どこにいても』 沢山応援お願いします!」

サンド「『どこにいても』をステージとして初めてお見せしたのですが、沢山練習したし努力もしたので、もっとすごく気楽にステージが出来るかなって思っていたんです。MVの撮影をしながら、沢山振り付けを覚えたり練習を重ねて来たので、今回ステージにあがるまでは全然緊張しないと思っていたんです。でも、いざステージに上がってイントロが聞こえてきた時、気分が妙な感じでした。なんだか溢れ出すような感情を感じ、この瞬間がすごく幸せだなって感じました。これからも沢山かっこいい姿をお見せしますので、いっぱい僕たちに関心を持っていただけたらと思います。」

ビジュ「僕たちが『どこにいても』を初めてステージでお見せしましたが、今ここで出発点に立ったような気持ちです。 これからこの道を一生懸命 完走していきたいと思います。」

サンウォン「『どこにいても』という曲作りをする時、この公演の準備なども含めスケジュールがすごくタイトだったので曲を書くのに一週間くらいしか時間がなく、ちょっと難しいと感じたりもしました。 皆さんのことを考えながらサビの部分を作ったんです。本当に一生懸命頑張って作った曲でもありますから、沢山愛していただけたら嬉しいです。XENO-T、そしてファンの皆さん、一緒に頑張りましょう!」
と、この曲への熱い思いとファンへの感謝の気持ちを語り ステージをあとにした。

彼らのパフォーマンスや気持ちに感動したファンからアンコールを求める声が自然と湧き上がった。

その声に応え、この季節にピッタリなサウンド『O.A.S.I.S』を披露し、華やかにXENO-Tらしく ステージを締めくくった。

日本デビューを機に、これからどんどん日本での活動も広げていきたいXENO-T。
美しいダンスと歌声に魅力を感じる人が続出中。 ToppDogg時代よりも、更に進化したXENO-Tに大きな期待が寄せられている。

XENO-Tは今回のショーケース後、関東でのイベントおよび公演を精力的におこなった。今後、関西でのリリースイベントおよびライブ開催、その後再び東京に戻り、リリースイベントおよび ライブが予定されている。是非会場に足を運んで、彼らの努力の結晶のパフォーマンスを見て欲しい。

text & photo : Chizuru Otsuka

 


◆関西でのリリースイベント詳細
①インストアイベント
【日時】2018年5月15日(火)15:00/18:00
【場所】あべのHoop 1Fオープンエアプラザ(大阪)
【内容】ミニライブ&特典会
【対象店舗・お問い合わせ】タワーレコードあべのHoop店 TEL: 06-6622-8051
※ミニライブは観覧フリーです。
※屋外の為、天候等によってはイベント内容に変更が生じる場合があります。
※こちらの会場は、整理番号での優先エリア入場はございません。各回、すべてフリー入場になります。
※14:00~会場にて対象商品の予約受付を開始致します。

②インストアイベント
【日時】2018年5月16日(水)17:00/19:00
【場所】ららぽーと甲子園 1階パークウォークコート(兵庫)
【内容】ミニライブ&特典会
【対象店舗・お問い合わせ】タワーミニ ららぽーと甲子園店 TEL: 0798-44-0711
※ミニライブは観覧フリーです。
※開店時~15:30まではタワーミニ ららぽーと甲子園店にて、16:00~イベント会場にて、対象商品の予約受付を開始 致します。

③インストアイベント
【日時】2018年5月17日(木)16:00(集合時間15:30)/19:00(集合時間18:30)
【場所】タワーレコード梅田NU茶屋町店 店内イベントスペース (大阪)
【内容】ミニライブ&特典会
【対象店舗・お問い合わせ】タワーレコード梅田NU茶屋町店 TEL:06-6373-2951
※ミニライブは観覧フリーです。
※会場は観覧フリースペースですが、混雑時には会場をクローズにして開催する場合がございます。その場合、優先エリア入場券、および特典券をお持ちでない方はご観覧いただけません。
集合時間に遅れた場合、優先エリア入場券、および特典券をお持ちでもご入場いただけない場合がございます。
※イベント当日、開店時より(11:00~)、店頭にて対象商品の全額前金ご予約の受付を開始致します。入場券は、1会計に付き、お一人様1枚のみ、番号ランダムでの配布となります。
複数枚ご予約の場合は、2公演分の各入場券を、各1枚ずつの配布は可能です。
※当会場は、配送は承っておりません。店頭でのお引渡しのみとなります。ご注意ください。

④インストアイベント
【日時】2018年5月18日(金) 15:00/18:00
【場所】イオンモール鶴見緑地 3F サンシャインコート (大阪)
【内容】ミニライブ&特典会
【対象店舗・問い合わせ先】山野楽器 イオンモール鶴見緑地店 06-4257-9390
※ミニライブは観覧フリーです。
※13:00~会場にて対象商品の予約受付を開始致します。

⑤CD発売記念ライブ XENO-T 4th LIVE in OSAKA -どこにいても-
【日時】2018年5月19日(土)、20日(日)13:00/18:00
【場所】246ライブハウスGABU(大阪)
【内容】ライブ&特典会
※詳細はコチラをご覧下さい。http://hy-ent.com/xeno-t_4th/?sess=new

《対象商品》
2018/5/30発売 XENO-T(ジェノティー)
●「どこにいても」 [初回限定盤] HYXEN-1  ¥ 2,484 (税込)
●「どこにいても」 [通常盤] HYXEN-2  ¥1,620(税込)
初回限定盤にはCD+フォトブック72ページ+Mカード(PV )
通常盤にはCD+Mカード(PV)となります。Mカードは初回限定盤と通常盤とで絵柄が異なります。(全10種類)

《インストアイベント特典会内容》
A(初回限定盤):団体撮影
B(通常盤):全員握手
A+B同時購入者:私物サイン(メンバー全員)
※ 撮影はお客様がお持ちの撮影機器(スマホ・カメラなど)での撮影になりますので、当日忘れずにご持参ください。また、団体撮影はスタッフからの撮影になります。
※特典会内容は予告無しで急遽変更になる場合がございます。

【インストアイベント参加方法】
イベント当日、 会場または店舗(会場によって予約受付場所は異なります)にて上記対象商品を全額前金にてご予約いただいたお客様に先着で【整理番号付き優先エリア入場券】と【特典券】を配布致します。
※5月16日「あべのHoop」の会場は 【整理番号付き優先エリア入場券】の配布はございません。各回、すべてフリー入場になります。
※それ以前にご予約されましても、【整理番号付き優先エリア入場券】や【特典券】はお付けできませんのでご注意ください。
※お支払いは現金のみとなります。また、ポイントカ-ドサービス/その他クーポン等の割引は全て対象外です。
※【整理番号付き優先エリア入場券】各回ごとに別に必要になります。ご予約の際にどちらの【整理番号付き優先エリア入場券】をご希望かお申し出ください。
※特典券は、当日その日限りの有効となります。
※特典券をお持ちの方は、ライブ終了後の特典会にご参加いただけます。
※対象商品を複数枚ご予約した場合も、【整理番号付き優先エリア入場券】は1会計につき、各回お1人様1枚までとさせていただきます。
※複数枚ご予約のお客様には、それに該当する特典券をお渡し致します。
※【整理番号付き優先エリア入場券】が無くなり次第、【特典券】のみをお付け致します。
※【整理番号付き優先エリア入場券】をお持ちのお客様は、イベント開始各回30分前に会場にお集まり下さい。整理番号順にイベントスペースに入場致します。
集合時間に遅れた場合は、整理番号が無効となり、最後尾のご入場になるか、もしくはイベントスペースにご入場頂けない場合もございますのでご了承ください。
※「整理番号付き優先エリア入場券」の整理番号はランダムで配布致します。ご予約された順番ではございませんので御了承ください。
※お連れ様同士で番号が離れておられる場合は遅い番号でご一緒にご案内が可能です。
※【整理番号付き優先エリア入場券】をお持ちのお客様のご入場後が終了致しましたら、フリー入場とさせていただきますので予めご了承ください。
※【整理番号付き優先エリア入場券】【特典券】を紛失・盗難・破損された場合、再発行は致しませんのでご注意ください。
※ 特典会は複数回ご参加いただけますが、イベントが長時間に及んだ場合、途中で終了となることがございます。

【詳細】→ http://hy-ent.com/2018/04/26/5674/

◆HY Entertainment 公式HP⇒ http://hy-ent.com/
◆HY Entertainment 公式Twitter⇒ @HY_ent_official (https://twitter.com/HY_ent_official )

◆XENO-T official Twitter⇒ @XENO_T_twt ( https://twitter.com/XENO_T_twt