r (78)
Block BのユニットBASTARZが、アルバム発売を控えた生放送MONCASTでサーバーをダウンさせ、関心の中でついにベールを脱いだ。

発売を控えて進行された生放送でBASTARZは、前例のないサーバーダウンを起こした。午後11時30分からBASTARZの3人のメンバーが見られるというニュースにアクセスが集中し、サーバーダウンしたのだ。関係者は「ある程度ファンが集まると予想はしていたが、サーバーがダウンするほどとは思わなかった」とし、BASTARZへの大きな関心に驚きを表した。

BASTARZは昨夜0時、各音楽配信サイトで1stミニアルバム「品行ゼロ」を発売した。1stミニアルバムのタイトル曲「品行ゼロ」は、強烈な予告映像で多くの人々の関心を集中させ、公開と同時に注目を集めた。

Block Bのジコの手から誕生した「品行ゼロ」は、P.O、ユグォン、ビボムの3人のメンバーの声を捉え、何一つ不足を感じられない強烈なサウンドで耳を捉えた。特に、シンセサイザーサウンドの壮大なメインテーマと共にステージを掌握できるプライドを表した歌詞が印象的だ。

今回のミニアルバムでは、P.Oの活躍も際立つ。ボーカルのユグォンとビボムのデュエット曲を除く全曲の作詞に参加した。また、ラップトラックの「腹を切れ」をはじめ、軽快なグルーブやファンキーなベースラインが魅力的な「チャールズ・チャップリン」の作曲に参加し、音楽的な能力を発揮した。特に、P.Oの曲「チャールズ・チャップリン」はアルバム構成当時、タイトル曲にするかどうかを検討していたという。

BASTARZは16日から正式に放送活動をスタートさせる予定だ。