VIXXのリーダー N(エン)が 「いつも傍にいてくれるファンに少しでも恩返しを」と、自身の誕生月である6月に毎年開催している単独ファンパーティー “えん返し”。
2016年に初めて開催して以来、3度目の今回は 「えん返し 2018 Take a trip to Japan」と名を打ち、過去最多 全国5大都市(札幌、名古屋、大阪、福岡、東京)にて開催した。

2018年のテーマは “旅”。このテーマに添って今回も 構成・セット・演出など様々な部分のプロデュースに加わり、よりNらしさを感じることが出来る公演を作り上げた。今回の公演 “旅”というテーマに合わせ 公演チケットも新幹線の切符のようなデザイン。チケットを手にした時から これから始まろうとしている旅へのワクワクした気持ちを感じられる粋な演出を見せた。 “えん返し”は 毎年ファンから“神イベント”と呼ばれるほど、Nの魅力がたっぷりつまった楽しさ溢れる公演。今年はどのような内容で魅了してくれるのか??

(※本レポは 6月18日 15時 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール<東京>で開催の公演)

ステージには 木製の駅名標やベンチが置かれ、まるでちょっと片田舎の駅を訪れた雰囲気。

開演時間となり、Nが姿を見せると大きな歓声が起こった。 ステージに立ち 流暢な日本語で 挨拶をし、まずはNが書いたVIXXの曲『サボテン』からスタート。 アコースティックギターのサウンドに乗せ、Nの優しい歌声がとても心を癒してくれた。 旅に出てリフレッシュしているような気分になった。

歌い終わると 挨拶をしたのち会場を見渡し、
「“えん返し”に初めて来た人~?」と客席に問いかけた。すると予想外に多くの手があがり、思わず「え? 今までなんで来なかったの?」とちょっと驚きながら問いかけるN。 「赤ちゃんを妊娠してたから。」と言う声に「あ~、そういう理由なら大丈夫。」とニッコリしながら返したが、「お金が無かったから~。」と言う声には「そ、それも…大丈夫かも(笑) ごめんなさい。 僕のせいだよね? 」と苦笑。 しかし 「9月からファンになったから。」と言う声には「9月より前から僕はず~っとかっこよかったのに! だからそれは理由にならない!許せない~(笑)」と ブラックジョークで返し大爆笑となった。 そんなやりとりも、NとSTARLIGHT(※VIXXファンの呼称)の とても良い関係を感じさせた。

「今年の “えん返し”は 僕が好きな人たちと一緒に旅行に行くような気持ちで準備しました。期待して下さい。」

そう言うと、最初のコーナー【友旅】に突入した。
「旅行に行った時の楽しかった思い出で、毎日を頑張って過ごせますよね? 僕も旅行を思い出して癒されることが多いので、今回は 皆さんも癒されるように 旅行をコンセプトにしました。」
そう言うと、旅先で撮り溜めた写真をいくつか紹介した。

「旅行と言えばエッセイでしょう? 今回は(※会場で発売した Nの書き下ろしエッセイ集)短い文ですが長い時間悩みつつ 僕の感情を書いてみました。 あ、グッズのイラストマグネットもかわいいでしょう? イラスト、僕が描いたものですよ。あ~、 僕って色んな能力がありますよね~。魅力が沢山あるよね~(笑)」と、ドヤ顔で己を賞賛するNにファンは大笑い。 時にはあえてブラックな発言をしたり、わざと自分を褒めてみたり…。ファンを楽しませるために 絶妙なトークでファンをぐいぐい惹きつけるあたり、やはりなかなかの強者だ。

未公開の写真として昨年の“えん返し”で  客席をバックに撮影した写真を公開した。
N「この時は?」
ファン「かわいい~!」
N「今は?」
ファン「かっこいい!」
N「この時は?」
ファン「かわいい~!」
N「今は?」
ファン「かっこいい~!」
と、何度もファンからの褒め言葉を聞き出し満足そうにするN。

甥っ子や 家族と撮影した写真を見せながら「僕はステージの上にいる時の性格と肌はお父さんに、外見とステージを降りた時の性格は はお母さんにそっくりです。お母さんはすごく恥ずかしがり屋で、僕もステージを降りたら恥ずかしがり屋です。」
と、Nが言うと一斉に会場から「え~~~?????」と言う声が響き Nは目をまるくして
「……。なんで?…びっくりしましたよ…。本当ですよ。 そう僕が言ったら 普通ファンの人なら“そうそう!”って言ってくれるよねぇ?」とちょっと拗ねたような顔で客席を見つめた。ところが数人の人が「あ~~。はいはい…そうそう…。」と、淡々と返すだけ。Nは思わず「…あははは…..。」と苦笑い。 ファンとNのやりとりがかなり面白い。 これもNの性格をファンがよく理解しているからこそ。

その他、渋谷の大型量販店で買い物した後、スクランブル交差点で撮った写真など、ステージでは なかなか見れないNのオフタイムの姿を見ることが出来た。 量販店ではお寿司の形をしたマグネットや泡のクレンジングフォームなど買ったと語り、本当に身近な人との会話のように、飾り気のないNを見せていた。 ファンにはNとの距離がとても近く感じられたことだろう。

「今回韓国で発売したVIXXのアルバムに僕が書いた曲が収録されました。この曲はファンの皆さんのことを思いながら書いた曲です。」
そう説明して『似る(닮아)』をベンチに座りながら歌った。 好きになって長い間一緒に過ごしていく中で お互いが似ていく…。そんな素敵な関係を表現したこの曲は まさに今日のNとファンを表しているようだった。 ちょっと毒舌を言うNにはさらっとした反応で返すファン… お互いに相手を理解しているからこその絶妙なやりとりだった。

韓国でのカムバック活動時の写真を披露し
「このために8キロもダイエットしました。 だからこの時の写真や映像はすごくカッコイイものが多いです。 僕自身ダイエットを幸せな気持ちでやっていた記憶があります。 8キロですよ~! 8キロのかわいいお肉が僕から無くなったんですよ~。寂しいですねぇ(笑)」
と言うと、ファンから「8キロも… 健康に悪いよ。」と声が。
「そう、けんかが悪いよね。」と、Nが健康を喧嘩と言い間違えると、一斉に「健康!!!」とツッコミが入り「はいはい、健康! ああ…日本語の先生が沢山いますねぇ~(笑)」とため息をつきながら苦笑する場面も。
「健康には気をつけてダイエットしましたよ。朝はりんごと はちみつ入りさつまいも。昼は普通の食事。夜は鶏の胸肉だけでした。」

今回のアルバムについては
「タイトル曲が変わったり、振り付けが変わったり、色々大変なことがありました。でもその分完成度が高いアルバムになりました。 みなさん、どの振り付けの部分が好きですか?」
そう Nが尋ねると、すかさず客席から「ケンのパート!」という声。
「え??? 今 Nさんがステージにいるのにケンさんのパート???(笑) いや、僕とケンさん二人での所ですよね?(笑) そこは二人で作りました。ステージを見て “かっこいい!” って声を聞くとすごく嬉しかったです。本当に僕かっこよすぎましたよねぇ?」
と、とにかく何度も自分を褒める子供のような可愛いNにファンの表情は緩みっぱなしだった。

ホームレスの人たちの生活支援となる雑誌“BIG ISSUE”のために撮影した写真も披露され、撮影に携わった人たちも皆ボランティアでの参加をしてくれたこと、雑誌の売上でホームレスの人たちの役に少しでも立てることがとても嬉しいと語った。 これからも自分が役に立てることならすすんでやりたいとも語っていた。

東方神起の『どうして君を好きになってしまったんだろう』を披露し、さすがのNでもこの曲を歌うたびに 大好きな先輩の曲ゆえ緊張すると言っていた。

続いて 【僕と一緒にクッキーを食べませんか?】のコーナー。
旅で思い出を作るように、この日を忘れられない日にしてもらいたいとファンの思い出作りを計画。 事前に集めたメッセージの中からひとつを選んだ。 選ばれたメッセージには 公演当日がちょうど17歳の誕生日で、公演に同行した母親に 自分を産み育ててくれたことへ感謝の気持ちを伝えたいという内容だった。 選ばれた親子はステージで Nとしばらくトークしたあと、クッキーをプレゼントされ、最高の誕生日となった。 クッキーを準備している間、今回日本にいた期間中もVIXXのメンバーたちと連絡をとりあい、個人やグループトークなどを通じ会えない時間も常に繋がっていることを話しファンを安心させた。

ここで コンビニで撮影し、Nが一人で何役も演じた日本で有名なCMのパロディ映像を ファンと一緒に鑑賞した。 ファンを喜ばすために いろんなことに挑戦してくれるNの姿に、みんな大喜びだった。

次のコーナーは 【お元気ですか?】
ファンからいつも手紙を貰うので、Nも手紙を書いてみたと言い、ちょっと恥ずかしそうな表情を浮かべながら読み始めた。
「今年の “えん返し”は 本当に旅行をしているような感じでした。 飛行機や新幹線などにも乗って、美味しいものも食べて。 今回は “えん返し”公演の前日に 毎回手紙を書いたけれど、今日の公演が最後だと思うとうまく書けないです。 時間が足りず、言えなかったことも沢山あります。これからももっと一緒に思い出を作っていきたいです。 来場してくださったかた全員との握手会で “つらくない?”って聞かれたけれど、ぜんぜんつらくなかったです。スタッフからも 目がキラキラしてて、自分が知ってるNではないみたいと言われました。 楽しくて幸せでした。10年後も20年後もみなさんと会って今日の思い出話をしたいです。みなさんがいるから僕がここにいます。ありがとうございます。」
Nの手紙に涙を流すファンもいた。

「会場が大きくないと沢山のファンと会えないということもあるけれど、こうやって一人一人と目を合わせられていいですね。 僕の話に耳を傾けてくれてありがとう。 最後の曲は僕がみなさんのために 作った曲 『トゥダットゥダッ』です。愛する人とか親しい人とケンカする時、こんなに愛してるのに… 君のとなりは僕じゃなきゃ だめなのに…みたいな感じって言えばいいのかなぁ。好きなのにうまくいかなくてちょっともどかしいような、そんな感じを表した曲です。 途中僕が合図したら大きな声で “좋아해~(チョアヘ=好き)”っていってくださいね。」
そう言うと 大きなクマのぬいぐるみを彼女に見立て、仲良くしたりなだめたりしながら歌っていた。

最後にまるで旅の思い出を残すように 会場をバックに セルカを撮った。 そして ファンにも素敵な思い出を残してほしいとフォトタイムを行い、ステージを左右に動き、様々なポーズで かわいいN、かっこいいN…などの姿をファンの心とカメラにしっかりと焼き付け ステージをあとにした。

大きなアンコールの声が湧き上がり 、その声に応え Nが登場。 なんと、Nの文字のバルーンを頭につけた愛嬌たっぷりの可愛い姿で客席の扉から現れ、 VIXXの『Time Machine』を歌いファンたちと ハイタッチをしながら通路を練り歩いた。

メインステージに戻ると
「来年もやります…と 今は 約束出来ないけれど、みんながいるところなら どこでも行きます! 次はもっと沢山の会場、もっと小さな会場でも みんなに会いに行きます!長い旅行を一緒に過ごしてくれてありがとう。また是非会いましょう。」
と、誠意ある挨拶をし 楽しい旅行をしめくくった。
公演終演後は ファンひとりひとりに手渡しでプレゼントを渡す素敵なお見送りタイムが行われた。旅には欠かせないお土産は素敵な思い出と一緒に大切にされるだろう。

韓国男子ゆえ国務に就く可能性なども今後考えられるのだろう。「また来年会いましょう」と言う言葉が 場合によっては叶えられないこともある。でもそうしたら嘘をついたことになる… ファンを心から大事に思っているNは大切な人に嘘をつきたくないと考え、あえて「また来年」と言う言葉を口にしなかった。 その場しのぎに「また来年」と言う言葉を口にして喜ばせることは簡単だが、誠実なNは それを望まなかった。 そんなNだからこそ、ファンたちから愛され、今回の公演でも見られるような しっかりとした絆が生まれるのだろう。 外見も中身も男前なNが次に“えん返し”する時は、どのようなコンセプトで楽しませてくれるのか。 来年なのか、はたまた少し先になるのか…。とても楽しみに待ちたい。

・text :  Chizuru Otsuka

・photo :  全てオフィシャル提供  (C)Jellyfish Entertainment Japan


公 演 概 要
◆公演名:えん返し 2018 Take a trip to Japan

◆日時・会場

<札幌公演>
2018年6月10日(日) 昼公演 13:15開場 / 14:00開演 夜公演 17:15開場 / 18:00開演
Zepp札幌

<名古屋公演>
2018年6月13日(水) 昼公演 14:00開場 / 15:00開演 夜公演 18:00開場 / 19:00開演
Zepp名古屋

<大阪公演>
2018年6月14日(木) 昼公演 14:00開場 / 15:00開演 夜公演 18:00開場 / 19:00開演
Zeppなんば

<福岡公演>
2018年6月16日(土) 昼公演 13:15開場 / 14:00開演 夜公演 17:15開場 / 18:00開演
福岡イムズホール

<東京公演>
2018年6月18日(月) 昼公演 14:00開場 / 15:00開演 夜公演 18:00開場 / 19:00開演
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

◆料金:
【ファンクラブ先行・モバイル先行】 全席指定 7,800円(税込) ※抽選番号付きスペシャルチケット
【楽天チケット独占先行・一般発売】 全席指定 8,600円(税込)
※終演後、チケット購入者全員との握手会あり
※3歳以上チケット必要、3歳未満入場不可 ※各会場、別途ドリンク代 500円

主催: Jellyfish Entertainment Japan株式会社
企画・制作: Jellyfish Entertainment Japan株式会社 / 株式会社インタラクティブメディアミックス
協力:株式会社THE STAR JAPAN
運営:【札幌】株式会社ウエス/ハンドクラップ 【名古屋】SUNDAY FOLK PROMOTION 【大阪】キョードーグループ 【福岡】キョードー西日本 【東京】キョードー横浜


VIXX LIVE LOST FANTASIA IN JAPAN 8月開催決定!

韓国デビュー7年目、日本デビュー5年目を迎えたVIXX。
2014年の「VIXX LIVE FANTASIA in Japan [HEX SIGN]」以降、日本でも毎年変わらずコンサートを開催しファンへ感謝を伝えてきた彼らが今年も、韓国・ソウルで大盛況に終わったコンサートの日本公演を8月24日(金)大阪、8月26日(日)東京で開催する。

公演名:VIXX LIVE LOST FANTASIA IN JAPAN

日時・会場

●大阪公演
日時:2018年8月24日(金)18:00開場 / 19:00開演
会場:オリックス劇場

●東京公演
日時:2018年8月26日(日)16:00開場 / 17:00開演
会場:パシフィコ横浜 国立大ホール

料金:全席指定 10,260円(税込)
※3歳以上チケット必要、3歳未満入場不可となります。

チケット情報:
●ファンクラブ先行(抽選)受付期間:6月26日(火)18:00 ~ 7月2日(月)23:59
●モバイル先行(抽選)受付期間:7月8日(日)18:00 ~ 7月10日(火)23:59

詳細:VIXX Official FANCLUB「STARLIGHT JAPAN」 http://lovevixx.com/

お問い合わせ:
VIXX Official FANCLUB「STARLIGHT JAPAN」事務局
メール support@lovevixx.com

主催: Jellyfish Entertainment Japan株式会社
企画・制作: Jellyfish Entertainment Japan株式会社 / 株式会社インタラクティブメディアミックス
協力:株式会社THE STAR JAPAN


・VIXX 日本公式HP⇒ https://lovevixx.com

・VIXX   日本公式Twitter⇒ @RealVIXX_Japan (https://twitter.com/RealVIXX_Japan

・VIXX 日本公式モバイル⇒ https://sp.vixxmobile.com