韓国の6人組ボーイズグループ NewKiddが初来日した。

NewKiddは 2017年11月30日、プレデビューシングル『Will You Be Ma(少年が愛する時)소년이 사랑할 때』の音源とMVを公開。 誰もが経験する 少年期の不器用で切ない初恋の甘酸っぱさを描いた歌詞と トロピカルハウスが基盤の清々しいサウンドに 多くの高い評価が集まり、NewKiddの今後の活動にも大きな期待が寄せられた。 そんな中 2018年の正式デビューも決定し順風満帆な日々を送っている。

 

NewKiddというグループ名は、“新たな顔” 、 “夢を開く新しい世代の鍵”という2つの意味を込め “New Generation key of the Dream”の頭文字をとって名付けられた。
まさにK-POPに新しい時代を切り拓く、煌く新星の登場だ。

そんなNewKiddを もちろん日本のKPOP界が見逃すはずもない!
今回 新人として異例の速さで初来日を果たし、初単独イベントNewKiddキックオフファンミーティング『BOY BOY BOY』を8月10日(金)、8月11日(土)の2日間にわたりTSUTAYA O-WESTにて開催した。


昨年のプレデビュー第1弾シングル『少年が愛する時』に参加したメンバーは4人。

SM ROOKIESとして活動したのち 2017年 秋に韓国KBSで放送されたサバイバル番組「THE UNIT」に出演、見事勝ち抜いたメンバーで構成された 9人組ボーイズグループUNBの重要メンバーとしても活動中のチ・ハンソル(23歳)、184㎝の長身を活かしたダイナミックなダンスと涼しげな目元が印象的なユン・ミン(17歳)、メインボーカルを担当するしっかりもののリーダーのジンクォン(17歳)、Mad Clown×Aileeのコラボ曲『Thirts』のMVにメンバーのハンソルとともに高校生役で出演し自然な演技で話題になったウチョル(15歳)。

こ の4人のメンバーに加え、新たにフィ(15歳)、チェ・ジアン(20歳)の2人をメンバーに迎え、6人組ボーイズグループとして完成し今回初来日した。

初々しいNewKiddの姿を是非観たいという沢山のファンが会場を訪れ、客席は立ち見まで出る盛況ぶりだった。

大きな歓声に迎えられNewKidd はステージ登場し、プレデビュー曲『Will You Be Ma(少年が愛する時)』を最初に披露した。

ジンクォン「はじめまして。NewKiddのやさしいリーダー、ジングォンです!」

ハンソル「はじめまして。NewKiddのスーパーダンシング歌手 ハンソルです。」

ユンミン「はじめまして。おしゃれなダンサー ユンミンです。」

ウチョル「はじめまして。 NewKiddのリトルプリンス、ウチョルです。」

チェ・ジアン「こんにちは。NewKIddの魅力的な顎のライン、チェ・ジアンです。」

フイ「はじめまして。フイです。よろしくお願いします。」

と爽やかに挨拶をした。

初来日の気分を聞かれると、
「メンバーと一緒に日本に来れて本当に嬉しい。」
「昨日は緊張して眠れなかった。」
「日本のファンに直接会えてワクワク、幸せな気分。」
とメンバーたちが真面目に答える中、突然 フイが
「とんこつラーメンが好きで~~す!」と叫び、大笑いとなった。

初々しい姿で挨拶をしたあと 防弾少年団の『I Need You』のカバーを披露し、さっきまでの可愛らしい少年たちはどこに行った?と思う程、男らしくチカラみなぎる熱い姿を見せた。 ダンスパフォーマンスでは現在 右に出る者がいないと迄言われる防弾少年団をカバーし大勢の人たちの前で披露するのは、相当ダンスに自信がないと出来ないだろう。 しかしそのハードルの高さへの挑戦は見事に成功していた。



続いてメンバーやグループの魅力を解剖するたのコーナー「○✖クイズ」がスタート!メンバーについての質問をしながら、メンバーの特技など魅力を伝えるコーナー。

「リーダーのジンクォンは 面白い声が出せるか?」との問いへの答えとして、アヒルやカラスの鳴き声、 卵を産むニワトリの声真似をアクションをつけて披露し大爆笑となった。ジンクォンは おばさんの家で実際ニワトリを飼っていて、観察して習得したそうだ。

「ハンソルはフリースタイルダンスが上手かどうか」の問いに対し、みんなが「○」を出し、その答えを証明するようにダンスを披露した。 その舞い姿はあまりにも美しかった。 ハンソルは普段は天然なところもチャームポイントだが、ダンスを踊ると凄いカリスマを発揮する。ハンソル自身も「僕のからだには人格が2つ宿っています(笑)」と語っていた。

「グループで一番からだが弱いのはウチョルだ」に対し、○✖の答えが分かれたが、実際はいつも体を鍛えているそうで ファンに笑顔を向けながら腕立てをして男らしさをアピールした。

「メンバーの中で愛嬌が一番多いのはユン・ミンだ」という問いに「✖」を出したフイとチェ・ジアンに対し、「自分たちのほうが愛嬌が多いから✖にしたのだろう?」と逆にツッこまれ 急遽フいとチェ・ジアンも愛嬌を披露する羽目に!
チェ・ジアンは 「せ~の!」の声とともに愛嬌ポーズをおこない、はにかみながらもキュートな表情を見せた。

フイは韓国の子供番組から大ブームとなった『サメの家族』を口ずさみながら愛嬌を見せた。最後にやることになった ユン・ミンはプレッシャーの中、かっこかわいい表情でファンをキュンとさせていた。

「チェ・ジアンは変わった発声方法で練習する」という問いに対し、チェ・ジアンは パンチのあるジャズのスキャットを披露し、歌の上手さと魅力的な声をアピールした。

また「からだの柔らかさはフイが一番」との問いに、自分のほうが柔らかいとハンソルが前後に180度開脚すると、 フイも幼い頃からやっていたバレエや現代舞踊で培った柔軟さを披露しファンを驚かせた。



楽しいコーナーでNewKiddのメンバーの特技や魅力を伝えたあと、それぞれウィンクをしながら一旦 袖へ。

次はメンバーたち 1~数名に分かれて曲を披露。

最初に登場したのは フイ。なんと ガールズグループ BLAKPINKの 『BOOMBAYAH』を華麗に披露。

そのあと ジンクォン、チェ・ジアンも加わり 三人でMOMOLANDの『BBoom BBoom』を 大いに踊り会場を盛り上げた。女の子よりも女の子らしいのでは?と思えるようなキュートさとセクシーさを見せてくれた。 「女性アイドルのダンスを踊る秘訣は骨盤の動き」とフイが言うと、ジンクォンは「爽やかな表情もポイント」だと付け加えた。


続いて一気に雰囲気を変え、 先ほど登場した3人に加え、ユンミンとウチョルも参加して5人で 防弾少年団の『FIRE』を披露した。 迫力満点!!そして本当にNewKiddはダンスが上手い。パワフルかつ揃ったダンスで魅せた。


ここで再びコーナー企画「箱の中身は何?」ゲームが始まった。 ジャンケンで3チームに分かれ、アイマスクをつけて箱の中に手を入れるゲーム。

チームは フイとジンクォン、ユン・ミンとハンソル、 ウチョルとチェ・ジアンに分かれ、中身のわからない箱に手を入れる恐怖と戦いながらも楽しそうにゲームをおこなっていた。 ちょっとしたところにメンバーたちの性格が垣間見えた 楽しい時間だった。 正解を出すのに 必要とした時間が多いチームが負けで、ジンクォン&フイチームが負けとなり 罰ゲームとして お尻で文字を書いて見せ、ちょっぴり恥ずかしそうにする二人に 大笑いとなった。
また、ゲームなどで見せるさりげないメンバー同士のやりとりなどから、チーム仲の良さを強く感じた。






続いて THE UNITに出演し、現在UNBのメンバーとしても大活躍しているチ・ハンソルがソロで、テミンの『Goodbye』に合わせカバーダンスを披露した。 しなやかで 風をも感じさない美しい繊細な踊り、そして力強さも感じる踊りでファンをステージに釘付けにした。

このあとステージにはピアノが登場。 4歳からピアノを学んで来たチェ・ジアンの登場!… と、思いきや なんと今回の日本でのファンミーティング開催の為に 初めてピアノに挑戦した二人 、ユンミンとジンクォンのピアノ演奏が披露された。




ユンミンは 『変わらないもの』 ジンクォンは『時代を越える想い』をそれぞれ奏でた。 二人とも とても始めたばかりとは思えない腕前を見せ、この日の為に相当の努力を重ねて来たことをこの演奏から感じ取ることが出来た。 相当プレッシャーがあったのだろう。 弾き終わると二人とも安堵したような笑顔を浮かべていた。

ジンクォンは「心臓がドキドキしましたが、皆さんに初めてピアノを披露できてとても嬉しかったです。 至らない部分もあったのに沢山応援して下さりとても嬉しかったです。これから もっともっと練習して、もっと大きなところで大きなピアノで曲をお届けできたらと思います。」と笑顔で語った。

このあと 6人体制になってリリースした『NewKidd02』の中のカップリング曲、 NewKidd初のバラード曲『Left Hand』を聞かせた。 ダンスの上手さだけではなく、NewKiddは 歌もとても上手いのだということを強く感じるじことが出来た。 高音の美しい声でちょっと大人な雰囲気のセンスの溢れる楽曲を綺麗に聞かせてくれた。

このあとファンに今日の思い出を残してもらおうとスペシャルフォトタイムが行われた。 ただポーズをとるだけではなく、ひとりひとりテーマに合わせポージングしたり、かなり長い尺をとってのフォトタイムとなり、 ファンにとってはかなり嬉しい時間だっただろう。







NewKiddと過ごした楽しい時間も残念ながらそろそろ最後に…。

初めてのファンミーティングがとても楽しかった様子のNewKIddはファン以上に名残惜しそうな表情を浮かべながら今後の予定の告知と最後の挨拶をおこなった。

ハンソル「ファンの皆さんが綺麗すぎて見とれてしまいました。これから僕たちNewKidd、一生懸命頑張ります。今回のファンミーティングがとても楽しかったので早く戻って来てまたやりたいなと思いました。」

ジンクォン「今回、初のファンミーティング、初のピアノ披露など初めてづくしでしたが、至らぬ部分もあったのに沢山応援して声も上げてくださり本当に感謝しています。これからもっと一生懸命頑張ってステキなステージを準備していきたいと思います。ありがとうございました!」


フイ「今回、初のファンミーティング、本当にドキドキときめいちゃいました♡ これからも沢山のよい姿を皆さんにお見せしたいと思います。今日は皆さんが来てくださって僕たちNewKiddも嬉しかったですし、僕自身も嬉しかったです。これからも沢山愛してくださいね。 皆さんの心の中にどんどん入ってときめかせたいと思います!」

ユン・ミン「日本で大切な思い出が出来てとても嬉しいですし、幸せです。 これからも機会が出来たら日本で色んなステージをお見せしたいと思います!」


ウチョル「日本で食べたお寿司がとても美味しかったです♡ そして初めてのファンミーティングにもかかわらず、こんなに沢山来て下さって本当にありがとうございます! NewKidd そして ウチョルのことも、これからも沢山愛して下さいね! 」

チェ・ジアン「日本での初めてのファンミーティングに本当に感謝しています。 本当にドキドキしました。僕ジアンの 『Boom Boom』をとてもよく見て下さって感謝しています!ありがとうございました。」




最後に再びチ・ハンソルに戻ると

チ・ハンソル「皆さん…う~ん… (※別れるのが悲しいと泣いたような仕草で 気持ちを表現した)」

そしてついに最後の曲【NewKidd02】のタイトル曲『Shooting Star』で楽しかった時間を締めくくった。

メンバーたちは本当に名残惜しそうにステージをあとにした。 まだ正式デビュー前にも関わらず、沢山集まってくれた日本のファンたちを心から愛しそうに見つめていた。

精一杯の努力を重ね準備して来た日本での初ファンミーティングは 大成功! 終演後、ファンたちはとてもいい表情を浮かべていた。そんなファンをメンバーがお見送りをして公演は終了した。


韓国では頂点を目指しデビューするアイドルグループが日々 沢山いる中、まだ正式デビュー前にも関わらずこのような大きな会場でファンミーティングを開催出来たNewKiddはとても恵まれている。しかし、逆にこのような場所を与えてもらえる実力と魅力をしっかりと持っているからこそと言えるだろう。
NewKiddは 正式デビューに向けて今後ますます多忙になっていく。日本のファンの応援がそんな彼らの多忙な日々を癒す 元気の源となっていく。 ダンスも歌もかなりのスキルを持つ上、ひとりひとりのキャラクターもなかなか面白いNewKidd。 日本初ファンミーティングは、新人ながら 何事にも、おじけることなく果敢にトライしていく清々しさとたくましさを強く感じた一日だった。

text & photo : Chizuru Otsuka


『Will You Be Ma(少年が愛する時)』

★NewKidd JAPAN 公式HP

http://www.newkidd.jp/

★NewKidd韓国公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/newkidd

★NewKidd韓国公式Instagram
https://www.instagram.com/jflo_newkidd/

★NewKidd韓国公式Twitter

★NewKidd fanmeeting japan 公式Twitter (@JapanNewkidd)