150110_100-0123-1
昨年10月に日本でのコンサートを成功させたばかりの「100%」が、1月10日(土)2015年の幕開けを祝う「100% 2015 HAPPY NEW YEAR LIVE」を開催した。会場となった東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールには、新年の幕開けを共に祝うため駆けつけたファンが会場を満員にした。

暗転した会場にはペンライトが光りだした。真っ白な衣装で登場した「100%」は「U Beauty」と「You&I」を披露。爽やかな歌声とダンスでファンの心を鷲掴みにした。「こんにちは! 『100%』です! 」と声を合わせると、メンバー1人ずつ自己紹介をしてファンの歓声に応えた。

 ロクヒョンは「僕たち『100%』が2015年のニューイヤーライブでこのようにみなさんにお会いできたことを本当にうれしく思います。」と満面の笑みで喜びを語った。続けてジョンファンは「今回のコンサートは2015年を4つの季節に分けて『100%』ならではの構成をしてみました! すごいでしょ? 」と満足げに話し、ファンの期待を高めた。最後にチャンヨンは「こうやってコンサートで新しい年を始めることができてとてもうれしく思います。楽しむ準備はできていますよね? 」とファンへ問いかけると、ファンからは会場が揺れんばかりの歓声が送られた。

 春をイメージしたステージのトップを飾ったのは「Only U」。可愛らしいダンスに大興奮のファンを「Only U」の歌詞に合わせ指をさすなど、ファンサービスもばっちり! 続いてロクヒョンの高音ボイスが印象的な「Flavor」では春を思わせるピンクの照明がステージを包み、ファンの視線を奪った。

 ここでスクリーンには「100%ニュース」と題した映像が流れ始めた。MCを務めたのはジョンファン。練習風景を写し、ファンと楽しめるようにと一緒に踊れるダンスのポイントや、掛け声をレクチャーし会場を沸かせた。

 ラフなスタイルに着替えた「100%」がステージに戻ると、激しいダンスパフォーマンスが始まり、力強くセクシーな振り付けでダンスの実力を存分に見せつけた。ノンストップで流れ始めたのは「Bad Girl」。ヒョクジンの高い歌唱力が目立ち、会場のボルテージも最高潮へ。

 「僕たちならではの春のステージはいかがでしたか? 」とファンへ問いかけたチャンボム。ステージの感想を聞かれたチャンヨンは「まず、とってもパワフルでしたね! 今回初めてダンスパフォーマンスを準備してきました。次はさらにかっこいいステージを準備しています! 」と話し、2つ目の季節、夏へと移った。

 「Summer Hero」ではアップテンポでさわやかなメロディーに合わせてファンのジャンプを誘った。メンバーの額には大粒の汗が光り、「100%」らしい夏を感じることができた。

 続いての映像は「Fall In Love」と題し、秋にまつわるエピソードなどを語った。ロマンチックだというジョンファンは理想のデートを「雪の降る道を手を繋いで歩き、作詞した街のクリスマスを歌ってあげたい」と語りファンのハートを奪った。

 ステージには秋をイメージしたシックな装いで戻ってきた「100%」が登場し「Missing You」をしっとりと歌い上げた。ボーカルを務めるロクヒョン・ヒョクジン・ジョンファンが披露したのは「Phone」。切ない歌詞を美しいハーモニーで聴かせ、高い歌唱力を見せつけた。

 「『パーフェクション』(=「100%」のファン)のみなさんは秋というと何を思い浮かべますか? 秋といえば、別れや愛という言葉を思い浮かべますよね。」とチャンヨン。ヒョクジンは「紆余曲折が多かったです。最近彼女と…冗談です! (笑)」と冗談交じりに話しファンを驚かせながらも「僕はデビューをするために釜山からソウルにやってきました。だから家族との別れがありました。」と別れについてのエピソードを語った。ロッキョンは「だけど秋は別ればかりではありません! 秋にも恋はできますよね? 僕たちがパーフェクションのみなさんへ愛を伝える歌を準備しました。」と話し、再び歌のステージへ。「Guy like me」ではオレンジの照明で秋を演出し、ファンの手拍子を誘った。
150110_100-1727-1
 冬のステージでは雰囲気を変えて全身ブラックの衣装。ジョンファンが作詞し、チャンヨンが作曲した「街のクリスマス」ではジョンファンがギターの弾き語り、チャンボムがボイスパーカッションを披露し、会場を沸かせた。

 チャンヨンが「今回のライブは四季をテーマにしてきましたが、ついに冬までやってきました。僕たちの公演もそろそろ終わりに近づいてきています。」と話すと、ファンからは悲しみの声が飛んだ。ジョンファンが「今回は四季になぞらえてやってきましたが、どうでしたか? 」とファンへ問いかけると、ファンからは大きな歓声が送られた。続けてロクヒョンは「なんだか目新しい気持ちになりました。なぜなら僕たちの歌を季節に合わせて歌うことは初めてだったので。僕たちも季節の雰囲気を出しながら歌うことができたのではないかなと思います。」と話した。

 ファンからも人気の「Cause You’re Beautiful」が流れ始めるとファンからは大歓声が。コミカルなダンスと愛嬌たっぷりの表情でファンを魅了し、近づく別れを忘れさせた。

「さあ、冬まで締めくくることができました! 残すところ2曲となりました。」とロクヒョン。続けて「ことし2015年も僕たち『100%』と共に過ごすそんな1年になってくれたらうれしいです! 」とチャンヨン。ヒョクジンが「引き続き僕たちのこと好きでいてくれますよね? 」とファンへ投げ掛けると「僕もだよ! (笑)」と愛嬌たっぷりに応えた。
ラストの2曲を飾ったのは高度なフォーメーションダンスと高い歌唱力が魅力の「Beat」と「Why」。再び会場のボルテージは最高潮へと達し、ファンの掛け声にも熱が入った。
150110_100-1922-1
 メンバーがステージを去った後も、「100%」コールは鳴りやまなかった。スクリーンには「充電完了! 100%! 」と映し出されると、羊の被り物をしたメンバーが登場! その可愛らしい姿にファンは大興奮。

 最後に1人ずつあいさつをした。ジョンファンは「本当にありがとうございます。」と頭を下げた。続けてロクヒョンは「やっぱり日本はいいですね! そして今日の公演は本当に楽しかったです。こんなに寒い中でもとても暑くなれたなと思います! みんな愛してるよ! 」と爽やかにあいさつ。チャンヨンは「ことし2015年はひつじ年なので羊の被り物をしました。僕たちの年齢だと決してかわいいものではないですが、かわいいなと思って見てください! (笑)」とジョーク交じりに話した。「また会いましょう! 」と言葉数少ないながらもクールにきめたのはチャンボム。最後にヒョクジンは「2015年もよい年にしてください! 気を付けてお帰り下さい! 気を付けてね~! 」と両手を振った。

 ラストソングはデビュー曲の「Bad Boy」。いつもは力強いパワフルなこの曲。今回は羊の被り物をしたままのかわいい「Bad Boy」を披露し、いつもとは違う雰囲気にファンの目は釘づけとなった。

 ライブ終了後にはメンバー全員とのハイタッチ会も開かれ、大盛況で幕を閉じた。2015年1月、日本での活動も最高の形で幕を開けることができた「100%」実力のある彼らの更なる活躍が期待される。

⇒もっと写真を見る

[su_row][su_column size=”1/2″][/su_column]
[su_column size=”1/2″]
[/su_column][/su_row]