韓国でデビューしてからわずか8ヶ月で国内で新人賞を2冠達成し、 一躍脚光を浴びている韓国の12人組ボーイズグループTHE BOYZが、 9月14日(金)に東京Zepp DiverCity (TOKYO)で行われた“11thKMF2018”に出演した。

今年で開催11年目を迎えるK-POPアーティストの“新人登竜門”と言われるK-POPイベント“KMF”への出演とありその注目度は高く、 THE BOYZメンバー来日時の羽田空港には多くのファンが駆け付け、 現場は一時騒然とした。

2回のライブパフォーマンスでは、 9月5日に韓国でリリースされたシングルアルバム『THE SPHERE』のリード曲「Right Here」をはじめ、 デビュー曲「Boy」、 デジタルシングル「KeePer」などを披露。 曲により七変化する12人によるフォーメーションダンスは圧巻。 メンバーのヨンフン、 ヒョンジェ、 ジュヨンは、 イベントの第1部のスペシャルMCをすべて日本語で務め、 会場を埋めつくした日本のファンから熱い声援が送られた。

またこの日のステージで、 10月16日からスタートするTOKYO MXのKカルチャー情報バラエティ番組『オトセヨ?』にレギュラー出演することが発表されるとファンは歓喜の声を上げた。 “オトセヨ?”とは韓国語で“どうですか?”という意味で、 今韓国ではやっている最新トレンド情報や穴場スポットなど、 韓国のカルチャーを紹介する番組で、 THE BOYZがナビゲーターを務める。

音楽シーンで注目の男性アーティストをフォーカスする音楽番組『BREAK OUT』(テレビ朝日系列)では、 9月19日(水)に関東を始め、 全国にてTHE BOYZ特集が放送されることもすでに発表されている。 多様化かつ細分化する音楽ジャンルの中から、 国内、 海外問わずシーンの最前線で活躍するアーティストを紹介する番組でTHE BOYZが特集されるとあって、 ファンの間では「いよいよ日本での活動が本格的に始まるのでは?」という期待感が高まっていて、 目が離せない。 地上波に相次いで進出するTHE BOYZは、 韓国だけでなく日本でも注目の的となっている。

いよいよ9月12日よりこれまでに韓国でリリースされたタイトル『THE FIRST』、 『THE START』、 『KeePer』『THE SPHERE』の配信が日本でスタートし、 同日にLINEの公式アカウントもオープン

年末の新人賞受賞を狙うTHE BOYZは日韓両国でのさらなる活躍が期待される。

・THE BOYZ日本オフィシャルサイト:http://theboyz.jp
・THE BOYZ日本オフィシャルツイッター:@THEBOYZJAPAN

LINE公式アカウントID:@the_boyz


■配信中(Apple Music、 LINE MUSIC、 レコチョク他)

『THE FIRST』

1.Intro
2.Boy
3.Walkin’ In Time
4.Got It
5.I’m Your Boy
6.Boy (Inst.)
https://aoj.lnk.to/g5PgZAW

 

『THE START』

1.The Start
2.Giddy Up
3.Text Me Back
4.Just U
5.Back 2 U
6.Get It
https://aoj.lnk.to/bFKPZAW

 

THE BOYZ Special Single「KeePer」(Prod.PARK KYUNG)

KeePer (Prod. PARK KYUNG)
https://aoj.lnk.to/buu0nAW

 

『THE SPHERE』

1.Right Here
2.L.O.U
3.KeePer (Prod. PARK KYUNG)
https://aoj.lnk.to/QpplZAW


■テレビ朝日系列『BREAK OUT』
9月19日(水)25:26~(予定)(関東地区)
番組公式ホームページ:https://break-out.jp/

■TOKYO MX新番組Kカルチャー情報バラエティ『オトセヨ?』10月16日(火)~放送開始
毎週火曜日23:30~24:00
・番組公式ホームページ:https://s.mxtv.jp/variety/otoseyo/
・『オトセヨ?』オフィシャルツイッター:@otoseyo_tv