r (6)
俳優オン・ジュワンがKBS 2TV新水木ドラマ「覆面検事」(脚本:チェ・ジンウォン、演出:チョン・サン、キム・ヨンス)でお茶の間に復帰する。カリスマ性溢れるエリート検事に変身し、もう一度女心を揺さぶる予定だ。

「覆面検事」はすぐに手が出る、ふてぶてしい性格で計算的な人物ハ・デチョル検事と、正義感に溢れ、インテリで情熱的な捜査官ユ・ミニの活躍ぶりを描いていく作品だ。MBC「ひまわり」、MBC「ニューノンストップ」、KBS 2TV「ビッグマン」などを執筆したチェ・ジンウォン脚本家の新作だ。キム・ソナ、チュ・サンウク、チョン・グァンリョル、パク・ヨンギュなど幅広い演技派俳優たちのラインナップで早くからネットユーザーの関心が集まっている。

劇中でオン・ジュワンは一度の挫折もなく出世の道を走ってきたエリート検事カン・ヒョヌン役を務める。

カン・ヒョヌンは勢いのある検事たちの集まりである正検(チョンゴム)会の主要メンバーであり、ユ・ミニ(キム・ソナ)をめぐってハ・デチョル(チュ・サンウク)と恋と信念について厳しく対立しながら三角関係を形成し、劇を興味深く率いていく人物である。

特にオン・ジュワンは韓国で人気を博し、2月に放送終了となったSBS「パンチ」で検事イ・ホソン役を務め、インパクトのある演技を披露したことがあり、今回の「覆面検事」で演じるカン・ヒョヌンというキャラクターへの期待も高まっている。

オン・ジュワンがエリート検事カン・ヒョヌン役を務め、新しい演技変身を届けると期待を集めている「覆面検事」は、「優しくない女たち」の後番組として韓国で5月に放送スタートする予定だ。

[su_row][su_column size=”1/2″][/su_column]
[su_column size=”1/2″]
[/su_column][/su_row]