2019年5月30日(木)、日本でも大きな人気を誇る俳優 ソンフンが『MY SECRET DATE in JAPAN』をZepp Tokyo(東京 お台場)にて 15時と19時の2公演 開催した。(※本レポは19時公演)

今年2月には DATVにて『私は道で芸能人を拾った』が放送され、輝く韓流スター カン・ジュンヒョク役を見事にこなし、人気はますます上昇!平日にもかかわらず会場には昼夜合わせて1200人ものファンが集まり、ソンフンの人気の高さを証明した。

ドラマ『じれったいロマンス』のOST『君だけの世界』のイントロが始まると「Let’sgo!」というソンフンの声が響いた。 それと同時に客席から「きゃ~!!!」と、絶叫に近い黄色い声が上がった。 いきなり客席左扉からソンフンが登場し、ファンは大興奮!

ソンフンは 大歓声の中、客席通路を笑顔で歌いながら進み、ステージに向かった。 ステージでは アイドルグループ THE KINGが ソンフンを迎え、共にこの曲を披露した。

MCの古家正亨氏もステージに登場。客席を見渡すと、ソンフンファンたちのあまりの興奮ぶりに驚いた様子だった。

ソンフン「昼公演も来たかたは?」

そう尋ね、「はーい!」と挙手するファンを見ると、なぜか後ろを向いてしまったソンフン。

ソンフン「だって…、同じコメントが言えないじゃないですか~(笑)」

と、最初からジョークを飛ばし会場を和ませる。

ソンフン「今日初めて僕を見るかた! 今日は、皆さんの持っている僕に対するイメージをぶち壊しますからね(笑)  皆さんが抱いているドラマのイメージのソンフンはここにはいません(笑)  昼公演で、2時間はとても短いと感じました。 なので出来るだけ速く進めて、少しでも沢山話すので、皆さんも感情を押さえ込まないで、笑いたい時は笑って…泣きたい時は泣いて…叫びたい時は叫んで…それぐらい感情表現を出してくださいね。」

古家「(昼公演で)泣きたい時なんてありましたっけ??」

ソンフン「いや~。今日の僕を見て 『何故今日私はここに来てしまったんだろう?』って思うかもしれないじゃないですか(笑)」

と言い、大爆笑となった。 公演が楽しくて仕方ない、そして飾ることなく素の自分を包み隠さず全て見せる…そんなソンフンの温かさや男気を最初から感じさせてくれた。

今回のファンミーティングのタイトル「MY SECRET DATE」を名付けた理由を聞かれ、

ソンフン「今日はこの会場にいる人と私だけの秘密のデートになるでしょう?(笑)」

とウィットに富んだ答えで返した。

古家「日本でのイベントは昨年9月以来ですが、その間はドラマ撮影でしたか?」

ソンフン「月火水木金土日、月火水木金土日…休まず撮影をして来ました(笑) 」

そんな多忙なソンフンの近況を知るべく、最初のコーナーは【今 関心のあること3つ教えて】。

1つ目のキーワードは【ダイエット】

古家「ソンフンさん、なんか痩せた気がする~! 13kgくらい痩せた気がする!」

すると、その言葉にすごく嬉しそうにまるで小学生のように

ソンフン「ハイッ!!!(笑) 」

と元気に手をあげ、自らパチパチパチと拍手で讃えた。

ソンフン「いや、13kg無理に痩せたんじゃなくて、前が13kg 無理に太ってたんですよ(笑)」

古家「それは運動しないのに食べて…を繰り返してたから? あ、役者さんだから役づくりですよねぇ…????(笑)」

ソンフン「そう!そのとおりですよ(笑)そうすればそういう役が来ると思ってわざと太っていただけですよ(笑)」

古家「それでオファーは?」

ソンフン「…太ったら… バラエティばかり入って来ました…」

と、ふたりのテンポのいい楽しいやりとりにファンたちは笑いっぱなし。

2つ目のキーワードは【運動】

ソンフン「忙しくて2ケ月程運動が全く出来ていなくてストレスが貯まるのですが、先日バラエティ番組『私は一人で住む』に出演し、ストレス発散方法について色々撮影したんです。 その時、小さい頃からストレスが貯まるとよく空を見上げていたかな…と、思い出したんです。そして亡くなった祖母を思い「うまく行きますように、今日も一日ありがとうございます。」と祈ることでストレスが発散というか、心がほぐれエネルギーが出てきます。」

3つ目は【撮影中のドラマ】

ソンフン「撮影中のドラマ『レベルアップ』、本当に期待しています。 台本も良く、撮影現場の雰囲気もいいのですが、公開されてみないと反応はわからないので、期待と不安が半々です。 私の役がちょっと特殊で…、内容が平凡じゃないロマンス…なんですね。(韓国で)7月10日夜11時スタートです。 楽しみにしてくださっていいと思います!」

ここで ドラマ『私は道で芸能人を拾った(原題)』のメイキング映像が上映された。

ソンフン「最近はドラマ出演も ありがちではない新鮮な素材の作品を選ぶようにしています。 ですからこの作品への出演を選びました。 楽しそうなシチュエーションが多く、僕も楽しく撮影できたのですが、それが皆さんにも伝わればいいなと思っています。」

古家「7月にDATVで再放送されるそうです! これは見ないと!」

ここで本日のゲスト THE KINGが登場し ドラマ『私は道で芸能人を拾った』のOST、『Knock Knock』を披露した。THE KINGは この日、5曲が収められたアルバムを日本で初めてリリースした。先輩で憧れのアーティスト 嵐のように東京ドームでいつか公演ができるように頑張って行きたいと語り、ステージを後にした。

再びソンフン、そして本日のもうひとりのゲスト 俳優ホソンがステージに登場した。ホソンは 現在25歳。今回初めて出演したドラマ 『私は道で芸能人を拾った』でソンフン演じる韓流トップスター/ジュニョクの同じ事務所の後輩歌手&俳優/ミル役を演じた。初めての演技でとても緊張したと語るホソンに、 ソンフンは自分がデビューした頃より100倍上手だったと後輩を褒め、ホソンは先輩に褒められホッとした様子だった。 機会があれば日本でも演技にチャレンジしたいと語るホソンに、古家から客席のファンに向かって「愛してる」と告白する演技をしてみようと ムチャぶりされ、先輩であるソンフンがまず見本を見せたあと ホソンもチャレンジし、ファンたちは二人のイケメンの熱い告白に完全にハートを撃ち抜かれた様子だった。

ここで7月26日シネマート新宿(東京)およびシネマート心斎橋(大阪)にて公開されるソンフン初主演映画『ヒョンジェ ~釜山港の兄弟~』の予告編が上映された。 二卵性兄弟として生まれながら、刑事とマフィアという 相反する立場で再会した、兄弟の悲しい秘密、運命を描いたアクションサスペンス。予告編だけでも迫力が伝わって来て、上映が待ち遠しい。

ここで少しラフなファッションにチェンジしたソンフンがステージに登場し、ドラマ『私は道で芸能人を拾った』OST、『Thinking about you』をステージ中央に置かれた椅子に座り、甘い歌声でしっとりと聴かせた。

続くコーナー【トイレットペーパーダッシュ聖火リレー】では ゲストの THE KINGそしてホソンも登場し、抽選で選ばれたファンも交えゲームを行うことに。

ソンフン&ホソン+ファンチーム、THE KING+ファンチームの2組対抗で 積み上げたトイレットペーパーを手のひらに乗せながら歩きパイロンの周りを一周するリレー。一周ごとにペーパーの個数が増えて行く。ゲームではソンフン&ホソンチームが見事な運動神経で優勝した。

本来は賞品として勝者チームに参加したファンのみ、出演者全員と写真が撮れることになっていたが、 負けたTHE KINGチームに 中国からこのイベントのために来日したTHE KINGのファンがいることを知ったソンフンは 「賞品は勝者だけ? 参加してくれたファン全員にしましょう!」と、きめ細やかな配慮を見せた。

その後、ソンフンが客席内に入り、フォトセッションタイムのサプライズ企画が行われ、ファンたちは近くに来てくれた憧れのソンフンの姿を撮り、思い出を形に残した。

7月に韓国でソンフンと一緒に過ごすツアー(※7月12~14日  http://www.sunghoon.jp/news/190603_01.php)も 発表し、とても楽しみにしている様子だった。

ここからは いよいよラストスパート。 動きやすい白いスニーカーに履き替え、ソンフンは気合充分!

心から一緒に楽しもうと EDM Ver.のソンフンオリジナル曲『My Style』そしてドラマ『高潔な君』のOST、『はじめましょうか』をTHE KINGと共に披露し盛り上がった。ソンフンもファンも、ボルテージがぐんぐん上がっていく! 気分が高まったソンフンは飲んでいたペットボトルの水を客席に向かってまき、ファンたちはますます大興奮となった。

大盛り上がりで2曲を歌い終わると

「実は日本で最初のファンミーティングを始めてからずっと一緒にやってくれていた舞台照明監督が、今日をもって引退することになりました。 皆さん、大きな拍手を送ってください。 今まで一緒に出来て とても光栄でした。 今日は最後の公演ですから照明監督さん、好きなだけ好きなように照明を当ててください! 40年間のキャリアを持つ監督の今まで積み上げた技術で 巨匠として、照明っていうのはこんなもんだ!見てみやがれというくらいの勢いで思い切りやって見せてください(笑)」

と、語った。

今まで照明という “ステージにいる人に光をあて輝かす” けれど、自らは決して光のあたることのない裏方に徹してきた照明監督の幕引きを最高に幸せな時間にするべく、ソンフンは自分の公演のラストを監督に委ねた。 ずっと共に公演を作ってきた二人の信頼関係、絆はとても強かった。 裏方の最後の一日を決して忘れられない日にしてあげたいと願うソンフン。 なんと人間愛の強い、ステキな男性なのだろう。

「皆さん! あとで後悔しないように、ここを壊すくらいの勢いで、ノリにのってくださいね! Are you ready???」

そういうと ステージ中央に作られたDJブースに立つDJ Roiii(=ソンフン)の手からEDMサウンドが響き渡った。 なんとも気分を高揚させ掻き立てるような派手な高音域のシンセサイザー、重低音のビート。 炸裂する音に会場はまるでクラブのような大盛り上がりとなり、ソンフンの手から生み出されるサウンドマジックに皆 酔いしれた。最後の仕事となった監督があてる照明は、鮮やかにハイスピードで美しく変化し、興奮を誘うのに大きな役割を果たした。 THE KINGやホソンもステージに登場し、共に酔いしれた。興奮したTHE KINGが客席におり、ファンと共に踊る様子も見られた。

ソンフンのチョイスする曲は 興奮を煽り、ソンフンが叫ぶとファンも大きく叫び、驚く程の盛り上がりを見せた。

最高に熱い気分にしてくれた20分のEDM PARTYが終わっても、しばらく興奮が止まらなかった。ソンフン自身も

「20分という時間は短かったですね。皆さん、僕が思っていた以上にノッて下さってありがとうございます。実は機材もあるし、皆さんの反応もわからないから、(ペットボトルの)水をまくかどうか、ものすごく悩んだんですよ~(笑)  で、今日やってみたんですが…(笑) 次回からは皆さん! 濡れる覚悟で来てください!(笑) 今日は皆さんと一緒にいれて光栄でした。 そして最初のファンミーティングからずっとやってくれた照明監督が今日をもって40年のキャリアで引退なさることに感謝の気持ちを表したいと思います。そして最後にファンの皆さま 愛してるよ!!!」  

そう語って、ファンミーティングは終了した。 気さくで爽やか、そして優しさと人への愛で溢れるソンフン。 ソンフンは 外見の美しさだけではなく、内面まで美しい、真のイケメンだった。  

Text : Chizuru Otsuka

Photo : オフィシャル提供


【公 演 概 要】

イベントタイトル:MY SECRET DATE in JAPAN

開催日:5月30日(木)①15時開演 ②19時開演

会場:Zepp Tokyo(お台場)

MC:古家正亨

出演:ソンフン、THE KING 、ホソン

主催:株式会社 インタラクティブメディアミックス

◆ソンフン Japan Official Site https://www.sunghoon.jp/

◆ソンフン日本公式Twitter @SunghoonJp (https://twitter.com/SunghoonJp