【オフィシャルレポ到着!】

EXID 日本ツアースタート!

2018年に日本デビューを飾り、今年4月3日には満を持してJAPAN 1stALBUM『TROUBLE』をリリースした韓国の5人組ガールズグループのEXID。

この8月には大阪・名古屋・福岡・東京 の全国4会場5公演ツアー『EXID 2019 Summer Live Tour -TROUBLE-』を開催。ここでは、ツアー初日となった8月11日Zepp なんば大阪での模様をお届けする。

開場前からフロアはEXIDの特製ペンライトを持った観客で埋め尽くされ、会場両サイド壁には、回転するEXIDのロゴがライトで映し出されていた。

開演時刻になり、オープニング映像がステージバックにあるスクリーンに流れると観客の歓声が鳴り響き、メインダンサー&サブヴォーカル&リードラッパーのジョンファ、リードヴォーカルのヘリン、リードヴォーカル&リードダンサーのハニ、メインラッパーのエリー、リーダーでありメインヴォーカルのソルジが順番に登場。ホワイトもしくはシルバーを基調とした、それぞれ違う衣装を身に纏い、スクリーン以外は何も無いシンプルなステージで颯爽と踊っていく。

1曲目「ME&YOU」は今年5月に韓国でリリースされたシングルで、ソルジやヘリンの歌声に、エリーの切れ味良いラップが重なる様が本当にかっこいい。エレクトロなダンスミュージックサウンドで、一気に会場は盛り上がる。5人の相変わらずの美脚にも思わず見とれてしまう。日本語で歌われた「CREAM」では、ソルジとジョンファが踊りながら、互いの手を合わすキュートなシーンも見受けられた。

 「私たちは、EXIDです!」とエリーが大きく呼びかけ、ヘリンも「お久しぶりです~!」と嬉しそうに語りかける。エリーは「私たちが日本語を上手になる前に、ファンの方々が韓国語を上手になってくれている!」と感謝も伝えた。ジョンファも「『TROUBLE』の曲をたくさん準備してきました!」と元気いっぱいに話し、ハニはあまりにも熱狂している観客を「暑いの大丈夫?!」と優しく気遣う。フランクながらも丁寧に接する彼女らの姿勢は本当に素晴らしいが、そんな中でも、突然「チェンジしてくるね!」と衣装などのケアで袖に戻る自由なヘリンも微笑ましかった。そこから、5文字で近況を伝える謎のトーク(!?)が展開され、和気あいあいと脱線しながらも楽しそうに5人は喋っていく。

トークが一段落したところで、アルバム『TROUBLE』から歌うことが告げられ、まずは表題曲「TROUBLE」へ。m-floの☆Taku Takahashiプロデュースによる楽曲では、エリーのラップも際立ち、何より5人の踊りに痺れる。続く、穏やかなビートの「EVERY NIGHT」では、スクリーンに映し出された緩やかに回るシャングリラの映像とソルジの響き渡る歌声が相まって素敵であった。

「Cookie&Cream」では、エリーがラップしている時にメンバーふたりずつ袖近くまで戻り、またすぐ中央に戻り、綺麗な横一列で踊るフォーメーションにも目を引かれた。

一旦、5人は袖に戻り、スクリーンにはファンへの直筆の日本語での手紙、レコーディングや野外フリーライブ、サイン会、MV撮影時などの模様が映し出される。その間にシースルーのアウターと美脚が映えるホットパンツが特徴的な衣装に着替えた5人が、横一列で体を軽く揺らしながら「The Vibe」をしっとり歌い上げる。エリーが「How You Doin’!? OK?!」と呼びかけてから、少しアップビートな「How You Doin’」へ。可愛らしい声で歌うジョンファが印象的だった。ヘリンが手拍子を求めての「To good To me」では、エリーのラップもクールであったりと、このブロックは全体的に決め決め過ぎずラフなスタイルがアクセントとなっていた。

直後のMCでソルジは、「The Vibe」と「How You Doin’」は韓国でのファンサイン会でしか今まで聴けなかった曲で、本日公式では初めて披露した事を明かす。また、「To good To me」も日本語バージョンは本日初披露との事。そんな粋な計らいに観客は大喜びだったし、こういった細かな心配りがあるからこそ、観客は彼女たちを応援するのだ。

 打って変わって、「DDD」では激しいダンスビートで、メンバーが後ろを向いて腰をふるダンスが何とも言えないセクシーさで最高だった。観客も曲の最後に「EXID!」とコールを叫んだりと、より一体感を増していく。

「AH YEAH」では、エリーの野性的なラップと美脚が生かされたダンスと全てがキレキレの素晴らしい状態に。「AH YEAH」も続く「HOT PINK」もスクリーンにタイトルがデカデカと映し出され、盛り上がりのボルテージは最高潮! ラストは、スクリーンのMVと一緒に歌われた「UP&DOWN」。

アンコールを求める「EXID! EXID!」という熱烈なコールの中、ヘリンが歌いながらステージに現われ、「Vaporize Yourself」へ。フロアにステージからゴールドのテープが飛び交い、5人はサイン入りのカラーボールもフロアに投げ込む。

歌い終わり、「いつも私たちはツアーの最後に『Vaporize Yourself』を歌うのですが、今回は変えてみようと思います。次の曲が本当に最後になるので、最後にメンバから一言!」とエリーがメンバーに振る。ジョンファとハニが「5人揃って」という言葉を強調して話しかける姿には流石にグッときたし、ヘリンも「みなさんに5人で逢いに行けるのは、さほど多くありませんが、みなさんが逢いに来てくれるのが感動的です。一番最初の曲は、鳥肌が立ち泣きそうになりました…」と打ち明けると、エリーも「5人では久しぶりで緊張してました…」と語った。ソルジも「とても今日は幸せです…」と伝えて、メンバーが大切に想っている曲であり、今回のアルバムのラストナンバーでもある「Memories」へ。

ピアノの旋律が美しい曲を、横一列に並び、強い気持ち強い愛を込めて歌う。日本語で歌われ、歌詞もスクリーンに映し出され、思わずセンチメンタルになるが、そんな雰囲気を吹き飛ばすかのようにエリーがラップを決めていく緩急の付け方も気持ちよかった。

ステージ右端では、ジョンファとハニが別れを惜しむかのように手を振っているのにも胸キュンになってしまう…。「バイバイ! 愛してるよ~!!」と言いながら、メンバーが去った後、スクリーンには年末にリリースされるニューシングルの予告も。まだ、このツアーは始まったばかりであるが、また年内にニューシングルを引っさげて、日本に来て欲しいと観客全員は想ったであろう。とにかく、次回のツアーも楽しみでならない。

TEXT:鈴木淳史

Photo:小坂 和義

●『EXID 2019 Summer Live Tour -TROUBLE-』

・2019年8月12日(祝・月)Zepp Nagoya (名古屋市中村区平池町4-60-7)

開場16:00 / 開演 17:00

・2019年8月14日(水)Zepp Fukuoka (福岡市中央区地行浜2-2)

開場17:00 / 開演 18:00

・2019年8月16日(金)Zepp Tokyo (東京都江東区青海1-3-11)

【1部】開場14:00 / 開演 15:00

【2部】開場18:00 / 開演 19:00

※ドリンク代別途必要

※4歳以上有料/3歳未満は入場不可

公演のお問い合わせ:

【名古屋公演】サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

【福岡公演】BEA 092-712-4221

【東京公演】キョードー東京 0570-550-799


●リリース情報

日本2nd Single「MAGIC(仮)」

2019年12月4日(水)発売

【初回限定盤A】 CD+DVD+グッズ

TKCA-74840  2,364円(税抜)

[CD]

・MAGIC(仮) ・C/W曲

[DVD]

MAGIC(仮)MUSIC VIDEO+メイキング映像

[グッズ]

アクリルスタンド(メンバーソロ 5種ランダム封入)

【初回限定盤B】 CD+DVD+グッズ

TKCA-74841  2,364円(税抜)

[CD]

・MAGIC(仮) ・C/W曲

[DVD]

2019年2nd JAPAN TOUR映像

[グッズ]

アクリルスタンド(メンバーソロ 5種ランダム封入)

【通常盤】

TKCA-74842  1,227円(税抜)

[CD]

・MAGIC(仮) ・C/W曲