【オフィシャルレポ 到着!】

パク・ジュニョン 2019年9月16日(月・祝)

「渋谷マウントレーニアホールライブ2019 Vol.8 ~韓ドラの感動をもう一度・・・~」ライブレポート


 韓国出身の歌手パク・ジュニョンが9月16日、東京・渋谷のマウントレーニアホールで「渋谷マウントレーニアホールライブ2019 Vol.8 ~韓ドラの感動をもう一度・・・~」を開催した。

デビュー以来、秋にライフワークとして行っているこのライブも8回目。回を重ねるごとにチケットは入手困難となり、今年も300席が即日完売となる人気公演だ。

毎年様々なテーマを設けて選曲されるこのコンサートだが、10月23日に自身初の韓国ドラマ・挿入歌カバーアルバムが発売されることを記念し、『韓ドラの感動をもう一度・・・』をサブタイトルに掲げた。

全身白の衣装に身を包んだパクは、ドラマ「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」で登場し、しっとりとファンを魅了。ライブでも人気の高い「My Memory」(『冬のソナタ』より)、パクが自らリクエストし収録が決まったという「烙印」(『チュノ~推奴~』より)などカバーアルバムより5曲、自身のオリジナル曲など計17曲を熱唱した。

アルバムのレコーディングやジャケット写真の撮影などは既に終了したと言い、「あとはみなさんにお会いできるのを待っている状態。楽しみにしていてください」と期待を煽った。

「マウントレーニアでのライブも今回で8回目を迎えました。年数を重ねていけることに幸せを感じています。みなさんのおかげです」とファンへの感謝を伝えたパクは「また来年も、この時期になったら『ジュニョンに会いたいな』とみなさんに思ってもらえるよう頑張ります。毎年少しずつでも成長した姿を見せられるよう、次回も新しいことにチャレンジしていきたい。来年もぜひ来てください」と決意表明で客席を沸かせた。

5月29日に発売された最新シングル「永遠にサランヘヨ」はオリコン週間シングルランキング 演歌歌謡部門(6/10付)で初登場1位を獲得するなど、着々と成長を続けているパク・ジュニョン。

現在は7周年を記念した全国7ヶ所でのツアー中、そして10月23日には新たな試みであるカバーアルバム「LOVE~韓国ドラマを歌う~」の発売も控え、精力的に活動を行っている。

日頃から「歌で日本と韓国をつなぐ架け橋になりたい」と目標を語っているパク・ジュニョン。

このアルバムがその一翼を担ってくれることを願いつつ、新たな一歩を踏み出すライブとなった。

パク・ジュニョン オフィシャルサイト

http://www.go-go-juny.com/


パク・ジュニョン

「渋谷マウントレーニアホールライブ2019 Vol.8 ~韓ドラの感動をもう一度・・・~」

【セットリスト】

M1  最初から今まで  (『冬のソナタ』より)

M2  永遠にサランヘヨ

M3  河口湖

M4  チャラ

M5  酔っぱらっちゃった

M6  逢いたい~ポゴシプタ~  (『天国の階段』より)

M7  たかが恋、されど愛

M8  My Memory  (『冬のソナタ』より)

M9  シャバンシャバン

M10 追憶のブルース

M11 羽田発

M12 烙印  (『チュノ~推奴~』より)

M13 旅立ちの酒場

M14 初めて出逢った日のように  (『オールイン』より)

M15 海鳴り

M16 ゴンドゥレマンドゥレ

EN  無条件


アルバム「LOVE~韓国ドラマを歌う~」2019年10月23日発売

<初回限定盤>¥3,182+tax(CD1枚+DVD1枚)

<通常盤>¥2,273+tax(CD1枚)

【CD】全8曲収録
M1  逢いたい~ポゴシプタ~ (『天国の階段』より)

M2  初めて出逢った日のように (『オールイン』より)

M3  My Memory (『冬のソナタ』より)

M4  最初から今まで (『冬のソナタ』より)

M5  烙印 (『チュノ~推奴~』より)

M6  その男 (『シークレット・ガーデン』より)
M7  悲歌 (『チェオクの剣』より)

M8  雪の華 (『ごめん、愛してる』より)

【DVD】(初回限定盤のみ同梱)
・「パク・ジュニョンのぶらり釜山里帰り 完全版」 (ドキュメンタリー映像)

・特別インタビュー映像
・「永遠にサランヘヨ」ミュージック・ビデオ

※収録内容および曲順が一部変更になる場合があります。