オフィシャル提供

(※本記事掲載写真枚数はメンバー均等ではありませんことを予めご了承願ます)

2017年 デビューするや 美しすぎるビジュアルで“全員センター級”と大きな話題になったK-POPボーイズグループ、THE BOYZ。  韓国の主要ミュージックアワードにて新人賞6冠を獲得、 Billboardが選定する「10 Best New K-Pop Acts of 2018」にもランクイン!  ビジュアルだけではなく、実力もホンモノということが証明された。

韓国であっと言う間に大人気となったTHE BOYZを 敏感な日本のK-POPファンが見逃すはずもなく、ラブコールがどんどん増していった。

そして2019年11月、アルバム『TATOO』をひっさげ ついに日本デビュー! 今後日本活動も精力的におこなって行くことになった。

オフィシャル提供

そんなTHE BOYZが出演する U-NEXTオリジナルのK-POPバラエティ番組 『THE BOYZ be ambitious~THE BOYZ の北海道満喫ツアー2019~』 の配信が決定! THE BOYZが北海道を旅しながら色々なことに挑戦する。 ステージとはまた異なる素の様子も見ることが出来る、ファンには たまらない番組となっている。

その番組配信を記念して 2019年11月25日(月)、ファンを招いて 豊洲PITにて番組公開特別イベントを開催した。 また同日、記者会見が行われ、韓国大衆文化ジャーナリストである古家正亨氏の進行の元、THE BOYZから番組について話を聞くことが出来た。

◆まず 『THE BOYZ be ambitious~THE BOYZ の北海道満喫ツアー2019~』 は、どんな番組なのか紹介してください。

ジュヨン :この 『THE BOYZ be ambitious』 は、僕たちが初めて北海道へ行って撮影したリアリティ番組になります。 海外でのリアリティ番組は2回目になるんですが、さまざまな経験が出来たので、皆様も楽しんでご覧いただけたらうれしいです。

ジュヨン

ケヴィン :この番組のタイトル名 『THE BOYZ be ambitious』ですが、僕たちが撮影に行った展望台にクラーク博士の銅像がありました。 博士が残した言葉の中に “ Boys be ambitious(少年よ、大志を抱け) ”という有名な言葉がありますが、それをそのままいただき、この番組のタイトル名としました。 まさに 「THE BOYZよ、大志を抱け」 という意味が込められています。 そのタイトル通り、大志を抱いて一生懸命撮影しました。

ケヴイン

◆日本で初めてのリアリティ番組の撮影でしたが、どんな楽しいことをしたのか聞かせてください。

キュー :僕たちメンバーは初めて一緒に じゃがいもの収穫をしました。 そのじゃがいもでバーベキューをしたのが思い出に残っています。

キュー

ジェイコブ :そして僕たちは初めて釣りをしたんですが、とても楽しかったです。

ジェイコブ(オフィシャル提供)

ニュー :僕はクルージングが1番記憶に残っています。 それだけではなく沢山の経験が出来ましたので、そんな様子を みなさんにも番組でチェックしていただけたら嬉しいです。

ニュー

◆撮影中、何かハプニングなどはありましたか?

ソヌ :今回 僕たちはガラス工芸の体験もしました。 最初はきれいなコップやグラスを作るつもりだったんですが、チカラの加減がうまくいかなくて…何故だかお茶碗を作ってしまいました(笑)

ソヌ

エリック :とうもろこし畑の迷路に挑戦したんですが、入口から入って中で迷ってしまい、入口から出てきてしまいました(笑) そんな楽しいエピソードもあります。

エリック

ここで番組放送に先立ち、特別ダイジェスト版が記者たちに上映された。

バスから 観光スポットとして有名な時計台を見て興奮する様子、 忍者屋敷に行って手裏剣や吹き矢に挑戦したり、宝探しに夢中の少年らしい姿…。

青の洞窟クルーズを体験したあと、クルーザーのデッキで手を伸ばし、カモメに直接エサやりの体験をする場面も。 ガラス作りに真剣に挑戦する姿、オフショットの温泉映像、お寿司を食べに行く姿…

ファンにはたまらない、THE BOYZの様々な表情が ギッシリとつまった番組だった。

ハンニョン

初めての土地で初めて経験することばかりだが、素直に説明を聞き、真面目に取り組みながらも、少年の心を失わず、好奇心いっぱいな様子、心から楽しむ姿を見せた。 飾らない姿を見せるTHE BOYZに ファンはますます惹かれること間違いなしの魅力に溢れた番組となっている。

ニュー (オフィシャル提供)

上映が終わると再び、THE BOYZが 番組について語った。

ケヴィン

◆『THE BOYZ be ambitious』 を絶対に 見なくてはいけない3つの理由があると聞きました。 その3つを教えてください。

ヒョンジェ :まず僕たちが日本で初めて撮影したリアリティ番組だからです!

ヒョンジェ(オフィシャル提供)

ハンニョン :皆さんは THE BOYZのリアルな姿を見る事が出来ます!

ハンニョン

ジュヨン :そして僕たちの楽しんでいる様々な姿もお見せ出来るからです!

ジュヨン(オフィシャル提供)

◆この番組はいつどこで見ることが出来ますか?

サンヨン :12月の初旬からU-NEXTでチェック出来ますので是非まずはリアルタイムでご覧いただきたいと思います。 そして記者の皆さんには沢山の宣伝をお願いしたいと思います!

サンヨン(オフィシャル提供)

◆ハイライト映像は今日から配信スタートだそうです。 最後に11月に日本で初のオリジナルミニアルバム『TATOO』をリリースし、これから日本での活動をますます本格的に始めるそうですが、意気込みやファンの皆さんにメッセージをお願いします。

ソヌ :はい、僕たちは『TATOO』という曲をリリースしました。 本当にファンの皆さんから沢山の愛をいただいて僕たちも とても喜んでいます。 これからも日本の皆さんに沢山会いに来ようと思っていますし、活動を通して様々な姿をお見せする予定ですので、これからも沢山の愛と関心をもっていただければ嬉しいです。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ソヌ(オフィシャル提供)

ジュヨン :今日は僕たちに会いに来て下さりありがとうございました!

ジュヨン

全員 :ありがとうございました!!

キュー( オフィシャル提供)
ケヴィン(オフィシャル提供)
ハンニョン(オフィシャル提供)
エリック (オフィシャル提供)

(※以下掲載写真はすべてオフィシャル提供)

このあと 同会場(豊洲PIT)にて ファン参加で 番組公開記念特別イベントを行った。 前方に着席エリア、後方にスタンディングエリアが設けられたが、1番後方までギッシリ満員の大盛況だった。 THE BOYZの人気の凄さがわかる。

イベントでもTHE BOYZからファンに 番組の魅力を沢山伝えていた。

ジェイコブ :本当にベストを尽くして撮影しました。 僕たちのリアルな姿をお見せ出来ると思います。

ジェイコブ

サンヨン :まずメンバー同士のケミストリーを通して生まれた楽しいエピソードも沢山あるので 僕たちの新しい姿に期待してください。

ヒョンジェ :まだ皆さんにお見せしていないような 僕たちの姿、キャラクターも出てくるので楽しみにしてください。

見たことのない姿を見ることが出来るとメンバーから言われ、番組へのファンの期待は高まるばかり。

ファンにも 記者会見で公開されたダイジェスト版が公開され、ダイジェストながらしっかりと魅力が伝わってくる映像にファンは釘付けとなった。

メンバーの様子に「可愛い!」「やばい!」「かっこよすぎる~!」など、大きな反応を示していた。

ファンの大きな反応で しっかりと手応えを感じ、THE BOYZにとって一生懸命撮影したことへの大きな労いとなったようだ。 

◆忘れられない撮影中のエピソードは?

キュー :僕たちがじゃがいもの収穫をしていた時、トンボが沢山いたんですが、そのトンボがメンバーの頭や肩にとまったりしました。 

サンヨン :メンバーみんなと釣りに行きました。 僕は釣りの経験があったので実は自信があったんですが…。釣りをするにはミミズをエサにして、釣り針につけないといけません。 でも針に刺すとミミズが痛そうで、僕も心が痛くて。 僕は決してミミズが怖かったから針に刺せなかったのではないですよ。 ミミズがかわいそうだから刺せなかったんです。 でもそうしているうち、他のメンバーはみんな釣りを始めていたんです。 なので結局僕は1匹も釣れませんでした…。 いやぁ、僕は釣りがあまりにもうまいのでメンバーに譲ってあげたんです(笑)

エリック :僕が 足が速いのは皆さんご存知でしょう? そして頭もいいんです(笑)  それで迷路に挑戦して、誰よりも早く出れると思っていたのに…。 途中で迷ってしまって….入口から出てきてしまいました(笑)

◆ガラス細工をやってみてどうでした

エリック :あんな風にガラス製品を作るということを初めて知りました。 なのでこれからはもっと大切に扱わなくちゃいけないなって思いました。

◆もしまたリアリティ番組をやるとしたら、どこでどんなことをしてみたいですか?

ハンニョン :済州島(チェジュとう)に行きたいですね。 済州には本当に綺麗な自然と、美味しい食べ物があるんです。 皆さんにも是非遊びに行って欲しいです。

ハンニョン

ジュヨン :ハワイです!(笑) 

エリック :実は僕とジュヨンはふたりでハワイに旅行に行ってきたんです。 本当にいいところだったので、今度はメンバー全員で行ってみたいと思いました。

ジュヨン :泳いだり、サーフィンもしたんですよ! (※そう言いながらサーフィンの真似をするふたり)

ジュヨン

番組撮影時の写真を見ながらトークも行われた。青の洞窟に行った際、クルーザーのデッキでカモメにエサやりをしながら写真を撮った時、みんなはエサやりに必死な中、ヨンフン(※ ケガのためこの日の公開イベントには残念ながら参加出来なかった)だけは カメラに向かってちゃんと左手で指ハートを作る余裕も見せていた。

ファンからの質問に答えるコーナーも設けられた。

◆アルバム『TATOO』の中でオススメは?

ソヌ :『Espionage』ですね。フックのところで全員で歌う時のメンバーの声がすごくいいんです。

◆韓国はかなり寒いそうですが、寒さを乗り切るコツは?

エリック :寒い時、THE B(※THE BOYZのファンの呼称)の皆さんのことを考えると心が温かくなります! でも…それでも寒い時は、ペディン(※ロングダウンコート)を着ます(笑)

◆メンバー内で流行っていることは?

サンヨン :フィルムカメラが流行っています。 前は僕だけだったのですが、今は 一人一台ずつ用意してお互い撮りあったりしています。

◆日本デビューアルバム『TATOO』のMV撮影時のエピソードは?

キュー :撮影では本当に沢山走ったので、走るスキルもあがったと思います(笑) なので今、みんなで競走したら誰が勝つかわからないくらい走りました。

そんな運動神経の良さと仲の良さを確認するゲームコーナーを行うことになった。

ケヴィン

並び順で真ん中からチームが分けられた。

Aチーム:エリック ケヴィン サンヨン ソヌ ヒョンジェ

Bチーム :ジュヨン ハンニョン  キュー ジェイコブ  ニュー

の2チームに分かれ、 1つの単語を聞いて 思い浮かぶイメージのポーズをとって、チーム内で何人が揃うかを競う。無邪気にゲームに夢中になるTHE BOYZの姿を見て、ファンたちも大盛り上がりとなった。Aチームが負け、 罰ゲームとして TWICEの『What is Love?』 を披露し、日頃見せるかっこいい姿とは一味違う、とても可愛らしい一面も見せてファンをキュンキュン♡させた。

楽しい時間もあっと言う間。 最後にTHE BOYZからメッセージが伝えられた。

サンヨン :今日のこのイベントの前、実は夢を見たんです。 で、ゲームをやりながら「これ夢で見た!」って思ったんです。 夢が現実になってとても嬉しいです。 そして皆さんといい思い出が作れて、とても嬉しいです。 これからも僕たちの『TATOO』を沢山聴いて愛してください。 そしてTHE BOYZのことも沢山愛してください。今日は本当に楽しかったです。

ニュー :そして後方席のかたもずっと立って見てくれて本当にありがとうございました!

最後にファンをバックに記念撮影をし、イベントは終了した。

THE BOYZ自身とても楽しみながら撮影した 『THE BOYZ be ambitious ~THE BOYZの北海道満喫ツアー2019~』。 公開記念特別イベントは メンバーもファンも一緒に本当に楽しい時間を過ごした。

ダイジェストで公開された部分を見ただけでも非常に面白く、北海道の魅力、THE BOYZの魅力が伝わってくる! 番組でTHE BOYZのリアルな姿を見て ますますTHE BOYZの魅力にハマってほしい。

・text &photo(©Kanpen 表示のあるもの): Chizuru Otsuka

・photo :オフィシャル提供


番組情報

作品名:THE BOYZ be ambitious ~THE BOYZの北海道満喫ツアー2019~

配信開始日:2019年12月上旬

配信形態:見放題

出演:THE BOYZ

概要:U-NEXTのオリジナル番組。 THE BOYZメンバーが北海道の観光地をめぐるバラエティ。 ここでしか見られないTHE BOYZの素顔が楽しめる。 4K対応作品。

URL: http://video.unext.jp/title/SID0044956

★U-NEXTについて

U-NEXTは 見放題作品No.1(※)の 動画配信サービスです。 14万本以上の映画、ドラマ、アニメが見放題で楽しめるほか、公開・放送されたばかりの最新作を含む2万本以上のレンタル作品、さらに42万冊以上のマンガや書籍もラインナップしています。 1つのアプリで「観る」「読む」をシームレスに楽しめる、ジャンルを越えたエンタメ体験をお届けしています。

(※  2019年10月時点/ GEM Partner調べ)

U-NEXT:  http://video.unext.jp