【韓ペン オリジナルレポ】

2020年1月15日(水)、16日(木) ティアラこうとう小ホールにて 『レジェンド達のラプソディ 冬』が開催された。 

この『レジェンド達のラプソディ』は、昨年 「秋」に開催され好評を博し、今回 「冬」バージョンとして帰ってきた。

今回は韓国からミュージカル俳優の ホ・ギュと パク・ハングンが緊急参戦!

そして人気アイドルグループ CROSS GENE(クロス ジン)では定評ある歌を武器に精力的に活動する他、舞台俳優としても着実に認知されているイ・セヨン。

2011年「会いに行けるK-POPアイドル」としてデビューして以来、日本を拠点に大活躍しているApeace(エーピース)から 高音ボイスが魅力のチ・ヒョンソン。

2018年に来日し、日本で活動中。恋愛リアリティ番組「恋愛ドラマな恋がしたい」で人気を博し、来日後2年足らずで18本の舞台・CM・映画・連続ドラマに出演し着実に活動の場を広げているテジュの5名が出演。

ミュージカル俳優、アイドル、俳優が一同に介することで、どんな凄いものが生まれ来るのか…。

この 『レジェンド達のラプソディ』 は 各アーティストがリスペクトするアーティストや、愛してやまないドラマ、ミュージカルなどの楽曲を持ち寄り、自分たちの心の中のレジェンドを語りながら 披露する。

2020年1月15日、初日を迎え、PART1(※第一部)では まず 本人たちがレジェンドでもあるホ・ギュとパク・ハングンのふたりが登場。 ソロ曲、デュエット曲を多数披露した。 (※本記事内容は夜公演)

 『ママ・ドント・クライ』(ミュージカル ママ・ドント・クライ より)を披露したホ・ギュ

「このミュージカルに出演して今年で10年になります。 体力的にもきついし、皆さんに愛されているうちにこのミュージカルからは去ろうと思っていますが、今年は10周年なので特別に挑戦しています。」

『毒気』( ミュージカル  1446 -セジョン大王の物語- より)を聞かせたパク・ハングン

「世宗(セジョン)大王は 1446年にハングル文字を作った まさに韓国のレジェンドです。 1万ウォン紙幣にも姿が印刷されていて、韓国ではどこでも大王の姿を見る事ができます。」

など楽曲を選んだ理由やレジェンドたちについても語った。

ホ・ギュ そしてパク・ハングンの 声量の凄さ、楽曲の聞かせかた、魅せかたは、実力派揃いの韓国ミュージカル界においても 第一線で活躍しているのが納得出来る 素晴らしさだった。 ホ・ギュとパク・ハングンは日本で一緒にコンサートを開いたこともあり息もピッタリ。 トーク時のテンポのいいやりとりには「さすが!」と思わされるばかりだった。 様々な楽曲で実にダイナミックなステージを見せてくれた。

PART2では CROSS GENEの イ・セヨン、 Apeaceのチ・ヒョンソン そして俳優のテジュの3人が登場した。

左から テジュ⇒イ・セヨン⇒チ・ヒョンソン

3人は前日のリハーサルで初めて顔合わせしたというのが信じられないほど、とてもいい雰囲気を醸し出し、もう10数年来の友人なのではないかとすら思えた。 3人の波長が合っているのが客席にも伝わってきた。

3人は それぞれが 愛しているドラマやミュージカル、そしてアーティストの楽曲を披露しただけではなく、各自のソロコーナーで日頃大事に歌っているオリジナル曲も1曲ずつ披露した。 

3人とも 歌う曲によって 歌い方も表情も変わり、いろんな魅力を見せていた。

ミュージカルへの興味を聞かれると

チ・ヒョンソン 「昔ミュージカル俳優になりたいと思ったこともあったのですが、アイドルの道に進んだので最近はあまり観に行く機会がないです。でもYouTubeなどですてきな公演や楽曲などを探してみたりしています。」

イ・セヨン 「韓国にいる時には、劇場に出向くくらいミュージカルが好きです。 ミュージカルは人生を約2時間で学ぶことが出来ます。 兄と観に行くことがありますが、普段あまり泣かない兄も、ミュージカルを観ながら横で涙していることがあります。」

テジュ「ずっとミュージカルに出たいと思っていたのですが、今度初めてミュージカル 『ロザリー』 に ルイ16世役で出演することになり、とても楽しみにしています!」

と、語っていた。 3人ともミュージカルの魅力にドップリハマっているようだ。

そんなミュージカルや映画、ドラマ…音楽を愛し、信仰する ホ・ギュ、 パク・ハングン、 イ・セヨン、 チ・ヒョンソン、テジュ だからこそ、その魅力を理解し、心からその世界を伝えてくれるのが『レジェンド達のラプソディ-冬-』。

夜公演終演後、 PART2に出演した イ・セヨン、チ・ヒョンソン、テジュ の3人におこなった緊急インタビュー(後日UPいたします)では 初日の感想として 口々に「3人のケミストリーがすごくいい感じ。」だと述べていた。

息がピッタリ合うことで とても面白い雰囲気を出すことが出来ていると3人とも感じているようだった。

テジュ「今日観てくださったかたも、明日初めて来てくださるかたも ここに来てよかったなって思っていただけるように楽しませるステージを作ることだけに集中したいと思います。」

イ・セヨン 「僕たちと一緒にいる時のこの瞬間を 皆さんに幸せな思い出として持って帰ってもらえるようなステージを明日も作りたいです。」

チ・ヒョンソン 「今日出来なかったことや、さっきモニターを見て色々気づいたこともあるので、明日は完璧なステージにしたいと思います。」

と、1月16日の公演への意気込みを語ってくれた。

大きな感動、楽しさを与えてくれる『レジェンド達のラプソディ-冬-』は 本日1月16日にも開催される。

昼公演(14時開演)、夜公演(18時半開演) いずれも当日券が若干枚数販売される。

当日券は 各回開場時間(開演30分前)より販売が開始される。

出演者たちの魅力、ミュージカルやドラマなどの魅力…魅力がありすぎの贅沢な時間を会場で堪能してほしい。


公演詳細

『レジェンド達のラプソディ-冬-』

日程:2020年1月15日(水)・16日(木)

開場時間:①13:30  ②18:00  (両日とも)

開演時間:①14:00 ②18:30 (両日とも)

会場:ティアラこうとう小ホール(東京都江東区住吉2丁目28−36)

出演: ホ・ギュ 、パク・ハングン 、イ・セヨン(CROSSGENE)、 テジュ、 チ・ヒョンソン(Apeace)

ご観劇料:6800円(全席指定 税込)

当日券:各回開場時間より若干枚数販売

*公式サイト https://artistjapan.co.jp/performance/rhapsody_winter/

お問い合わせ アーティストジャパン 03-6820-3500