【韓ペン オリジナルインタビュー】

※本記事1番下に、 プレゼントのご応募方法の記載がございます。是非最後までご覧いただき、沢山の皆様のご応募をお待ちしております!

2020年2月1日 ・2日両日各2回 合計4回、 元BOYFRIENDのJEONGMIN (ジョンミン)が  Future SEVEN(東京・南青山)にて 「2020 JEONGMIN WINTER DREAM TOKYO LIVE」を開催した。

JEONGMINは BOYFRIENDのメンバーとして2011年5月 韓国にて『BOYFRIEND』でデビューするや、大人気となった。 BOYFRIENDは日本でも注目されるグループとなり、2012年6月には日本で4万人を動員したショーケースを開催、8月にシングル 『Be my shine 〜君を離さない〜』 で日本デビューを果たした。 その後、様々なシーンで大活躍したが、2019年5月、所属事務所契約満了にてBOYFRIENDは惜しまれながらも解散。 現在は各々 個人活動を精力的に行っている。

そんな JEONGMIN に  「2020 JEONGMIN WINTER DREAM TOKYO LIVE」公演開催に先立ち、インタビューをさせていただいた。 グループ活動から個人活動へ…現在の心境などを丁寧に すべて日本語で語ってくれた。

◆まず自己紹介をお願いします。

JEONGMIN 「僕は去年からソロアーティストとして活動しているJEONGMINと申します。 よろしくお願いします。」

◆シングルを立て続けに出したり、ライブを行ったりと ソロ活動が 順調に進んでいますね。 グループからソロになってみていかがですか?

JEONGMIN 「大変なことも、いいことも両方あります。 今は自分が本当にやりたいこと…やりたい音楽が出来るのは幸せですね。 でも、メンバーたちがいないので、とても寂しいです。」

◆BOYFRIENDを解散して、他にグループを作るなどは考えず、ソロ活動を決意したのは何故ですか?

JEONGMIN 「グループを作ることは全く考えませんでした。 なぜなら、BOYFRIENDは解散しましたが “僕の人生の中で グループはBOYFRIENDだけ “ だからです。 ソロ活動をやりながら、未来に機会があればまたみんなで集まってBOYFRIENDの公演をやりたいですね。」

◆先日 ドンヒョンさん(※元 BOYFRIENDメンバー)も ファンミーティングで 「いつかBOYFRIENDのメンバーみんなで また集まってコンサートをしてみたい」 って言っていたようですね。  皆さんで そのようなことを話したりしているのですか?

JEONGMIN  「はい。 そんな話をみんなと たまにしたりしています。 でも、今はそれぞれ個人活動を行っていて、みんなとても忙しくしているのでいつか時間を作ることが出来たら、また何かみんなで一緒にやりたいねって話しています。」

◆ソロ活動とグループ活動、それぞれ いいところ、そうではないところがあると思います。両方を経験してみて、どんなところが良いところ、どんなところがそうではないと思いますか?先程少しお話し下さいましたが、もう少し詳しく聞かせてください。

JEONGMIN 「ひとりで活動することの いいところは 、僕がやりたい曲を作って、やりたいことをやってということが自由に出来るところだと思います。 僕の全てを僕の音楽で表現出来ることですね。 でも、スケジュールが終わった時とかステージの上で ひとりだから寂しいし、大変なこともあります。 寂しい気持ちが 溢れて来ます。」

◆グループ時代とソロのいま、自分自身、どんなところが変わったと思いますか?

JEONGMIN 「グループ時代ももちろんそうでしたが、今はさらに人生を賭けて音楽をやっています。 グループ活動をしている時はメンバーが6人だったから、歌でもMCタイムでも、こういうのを 韓国語で티키타카(ティキタカ)って言うんですが 6人がバラバラなことを言ってたとしてもどこか話が合って弾んだり、ライブでのやりとりがうまく行ったり…。 でも、ソロだとそういうやりとりとかがなくて 全て自分にかかってくるので、改めてステージって難しいものだと感じています。 」

◆現在は ライブがメインだと思いますが、他のメンバーは舞台やミュージカルなどに出演しています。 JEONGMINさんは今後なにか挑戦してみたい 新しいことはありますか?

JEONGMIN 「僕はまだ日本語のアルバムで、ソロデビューしていないので、今年は是非したいなぁと思っています。」

◆ソロになって今まで3枚のシングルをリリースして来ましたね。  それぞれの曲についてお伺いします。まず『Twenty One, Me and You(스물한살 그때)』 はどんな曲ですか? この曲を聞いてあらためてJEONGMINさんの歌声の美しさを感じた人は多かったと思います。 なんとなく BOYFRIENDからソロへの移行にいろいろ大変だった時のJEONGMINさんのお気持ちが入っているのかなとも感じましたが、いかがですか?

JEONGMIN 「皆さんはこの曲を聴いて、愛を歌った曲だと思うかもしれませんが、実はこの曲は 21歳の時の僕に今の僕が話しかけている内容なんです。 その時(21歳)の僕は まだ 愛も世界も…とにかく全ての物事が僕には難しいと感じていたけれど 、それはその21歳の頃だけの悩みではなくて 今もそしてみんなもずっと同じだよっていうことを話しかけているんです。 去年この曲を書いた26歳の僕が 21歳だった時の僕に 5年後になっても みんな悩みを抱えているし、世界も変わらず動いているからって伝えてあげようと書いたものです。 」

◆2ndシングル『Why?』は どんな曲ですか? 色々なJEONGMINさんの姿が見られますが、MV撮影時のエピソードなどあれば聞かせてください。

JEONGMIN 「この曲は日本で作ったんです。 日本でソロとして初めての活動をした時、ライブ後、部屋に戻った時に作って韓国で最終仕上げをしました。  昔の僕はその時とても幸せだったのに、なんでそれに気付かなかったんだろうっていう気持ちを表現しました。 今までの僕の曲はいつも僕自身に対して語っています。 」

◆1月4日に出たばかりの『Winter Dream』 は どんな思いが込められていますか? 

JEONGMIN 「ファンのかたたちと一緒にPVも撮ったんです。 前からファンのかたたちと一緒に映像を作りたいと思っていて、ファンミで撮りました。 この曲はメロディーだけ聞いたら、冬の曲ですがクリスマスとかそういう楽しい雰囲気ですよね? でも、歌詞を見ると つらい冬、悲しい冬、寂しい冬だったけど、そんな時 僕の側にいてくれる少女、それがファンの皆さんなんですが、そのヒトがいてくれるから冬のあたたかい思い出を作ることが出来た…っていう、僕にとって意味のある曲になっています。」

◆『Winter Dream』は BOYFRIEND時代、何曲も楽曲提供された音楽プロデュースチーム、Sweetuneプロデュースですが なにかアドバイスなどを もらいましたか?

(※と、 質問で 「プロデュースチーム Sweetune…」と、言った瞬間 JEONGMINさんが 「Sweetune!!!♡」と言って後ろに座っていた男性がまさにそうだと教えて下さいました。 そして その隣に座る女性が作詞を手がけたかただと紹介して下さいました。)

JEONGMIN 「僕はまだまだ音楽を勉強中ですが、いつも音楽を作りながら Sweetuneのアニキたちに色んなことを教えてもらっています。 これからの僕の人生でどんな音楽をしていくべきなのか、そんな僕の悩みなどをいつも聞いてアドバイスをして下さっています。 綺麗な曲を作っていただき感謝しています。 BOYFRIENDの時から今日までずっといろんなことを教えてもらっています。」

◆JEONGMINさんの魅力は どんなところだと思いますか?

JEONGMIN 「以前は、僕の魅力は笑顔、そして お茶目な感じ、 隣のお兄さんみたいな気さくな感じって言われていました。 でも、この前ファンミをやった時に ファンの皆さんに “なんで僕を好きなんですか?”って聞いてみたんですね(笑)  その時 来ていたかたたちは 7~8年くらい僕を応援してくださっているかたが多くて。 で、“昔はとても可愛くて、かっこよくて、綺麗だなってファンになったけど、今では なんでかわかんないけどとにかく好き♡”って言っていました(笑)  “全部が好き、空気みたいに自然で、なくてはならない存在”だって言っていました。 そして僕はいつも公演などでファンのかたたちに “何が聴きたい?”とか “なにしてほしい?”ってフランクに聞くんですが、それについてファンが答えてくれたら、僕がその希望に普通に応えるとか… そんなお互いに自然体でいられる感じが、好きって思っていただけているのかもしれませんね。 」

◆いよいよ明日、あさって 新曲を生で初披露するライブ 「2020 JEONGMIN WINTER DREAM TOKYO LIVE 」 が、始まります! 楽しみにしているファンのみなさんに、今回はどんな公演になるか ちょっとだけ教えてください。

JEONGMIN 「今回の公演の準備は本当に大変でした。 僕の色んな姿を見せてあげたくて、いろんな事に挑戦したし、踊りも歌もたくさん準備することに挑戦してみたんですが、頭ではなく心で伝えたい、命を賭けて今回の公演に挑戦したいと思っています。 僕だけの公演の魅力をお見せしたいと思っています。」

◆今回のライブで、ここを1番見てほしいという部分は?

JEONGMIN 「やっぱり 東京では初めて公開する 『Winter Dream』ですね。 皆さんに聴いてもらったら、まず感謝の気持ちを心から伝えたいですね。 今回の公演を準備している時、ファンの皆さんがいっぱい僕にメッセージをくれて、いろんな曲をリクエストしてくれました。  “JEONGMINの声でこんな曲が聞きたい”とか 言ってくださいましたので、それを楽しみに見て来て欲しいと思っています。」

◆2月といえば、 女の子にとって重要なイベント バレンタインデーがあります!  JEONGMINさんは もし女の子から告白されるとしたら どんなシチュエーションで どんな告白をもらいたいですか?

JEONGMIN 「僕はね、  女の子に  “バレンタインだからチョコレートが食べたいなぁ~♡”って言って、一緒にお店に行って、その子に “ねぇ、チョコ買って♡”って言います(笑) そうしたら女の子が “えっ?”ってなりますよね。 そうしたら “これ買ってくれたら僕と付き合うんだよ~♡”って言います(笑)  僕が買ってあげるって言うんじゃなくてね。」

◆いいですね、それ! 好きなチョコを選んでもらえるし♡

JEONGMIN 「あれ???  いいですか?? これ。 僕が買ってあげるって言わないのに??」

◆え?だって バレンタインだからチョコは女の子が買うものだし、男の子が欲しいチョコがわかっていいと思いますよ。

JEONGMIN 「え?? 男が チョコを買うものじゃないんですか?? バレンタインって。」

(※ JEONGMINさんは バレンタインは男性がチョコを持って女性に告白するものだと思っていたので、日本では女の子がチョコをプレゼントして男の子に告白するイベントだと説明すると)

JEONGMIN 「あ、じゃ 答えを変えます! そうしたら、僕がチョコを買ってあげます(笑) そして告白する!」

◆でも 3月14日のホワイトデーで、男の子がキャンディーとかを買って、バレンタインで受けた告白に対し、“OK”と伝えるイベントがありますよ。

JEONGMIN 「お! じゃ、僕はその日も僕が買ってあげます♡ チュッパチャプスを買ってあげます(笑)  バレンタインのチョコは300円くらいのガーナチョコを買ってあげる!(笑) 高いのは買えないから、ガーナね(笑)」

◆2020年のJEONGMINさんは、どんなJEONGMINさんになると思いますか?

JEONGMIN 「もっとプロフェッショナルなJEONGMINになりたいですね。 去年の僕は、ひとりで活動するのは初めてだったので、まるで子供みたいだったと思います。 ひとりでするのが初めてだったから、これがあってるのか どれがあってるのかわからなくて悩んだりしたのですが、 今年はもっと成長して そういうことをしっかり決めたり、わかったりすることが出来る僕になる日が早く来て欲しいと思っています。」

◆たとえばBOYFRIENDのメンバーたちのように、JEONGMINさんもミュージカルに出たり、舞台に出たりしたいとかはあまり考えていないですか?

JEONGMIN 「いやいや、考えてますよ! オファーを下さったら、僕は喜んでやってみたいと思っています!! 僕はミュージカルがしたいし、日本で韓国人役でドラマに出てみたいです(笑) 韓国人だけど日本語がちょっとしゃべれるヒトの役。 是非出てみたいです! これ、伝えてくださいね(笑) 皆さん、オファーしてくださ~い!(笑)」

◆最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

JEONGMIN 「皆さんにはいつも本当に感謝しています。 ありがとうございます。 僕が今日まで音楽をやってこれたのは皆さんのおかげです。 僕が今、ライブも出来て、こうやってインタビューも受けられて…。 全て皆さんのおかげです。 今年も頑張って活動するつもりなので これからもずっと沢山応援してください。 よろしくお願いします!!」

BOYFRIENDという素敵な仲間たちに囲まれた生活からソロ活動へ。 今は ソロアーティスト・JEONGMINの世界 を1から創り始めたばかり。  誰からも愛される温かく可愛らしい人柄はBOYFRIEND時代から変わらないが、ソロアーティストとしての 自信や品格がどんどん増しているのを感じる。 自分の気持ちを自分の言葉で自分の考えた世界で表現する…。 成長した自分が過去や現在の自分自身に語りかける楽曲だからこそ、聴く者の心へ染み入ってくる。  魅力溢れるJEONGMINワールドは 今後ますます人々を感動に導くだろう。 インタビュー後、写真撮影のため動かしたいくつかの椅子を元の位置に自ら率先して運んで戻すなど、アーティストなのに全く気取ることがない。 誰をも包み込むような優しさに溢れたJEONGMINのライブ。 是非、開催時、一度足を運んで、体験してほしい。

text & photo : Chizuru Otsuka


JEONGMIN JAPAN OFFICIAL Twitter  @Jeongmin_Japan

JEONGMIN 公式Twitter   @BOYF_JM


【プレゼント】

①JEONGMINさんから、直筆メッセージ入りカード(1名様)

②JEONGMINさん直筆サイン入りチェキ (2名様・写真は選択いただけません。)

【ご応募方法】

必ず下記条件を全てクリアしてから ご応募願います。

① 韓ペンの ツイッターを必ずフォローしてください。(フォローいただけないとご当選時にDMが送れません。お忘れなくお願いします。
@_Kanpen  (https://twitter.com/_Kanpen

② こちらのツイートを 必ずRT
↓ ↓ ↓
(  https://twitter.com/_Kanpen/status/1225049142348505088?s=20  )

③  上記②に記載のツイートに 「カード希望」または「チェキ希望」と書いてリプ。 両方にご応募いただけますが、その際はリプは 2つに分けてください。 (1つのリプでのご応募は1賞品になります。)その際インタビューの感想やJEONGMINさんへの応援メッセージなどお書き添えいただけたら幸いです。

なお、リプにはお名前・ご住所など個人情報は絶対に記載しないでください。ご当選者様にはDMにてお伺いいたします。

★ご応募締切  2月12日 PM18:00。 ご当選者様にはDMさせていただきます。繰り上げ当選になる場合もございますので DMをご確認お願いします。 ご当選時に韓ペンよりお送りしたDMに 個人情報記載でのご返信が可能なかたのみご応募ください。なお、いただいた個人情報はこのプレゼントでのみ使用致しますことをお約束します。

★発送は日本国内オンリーです。海外への発送は出来ません。

★発送時、多少歪みなどが生じる場合がございます。ご了承ください。

★現在郵便が大変混み合っており、通常より到着が遅れているケースが多々ございます。 都内より発送しますが、都内宛でも数日かかる場合がございます。発送時にはDMにてお知らせしますが、到着まで1週間近くかかる場合もあることをご理解ください。

★ご当選賞品は 転売・譲渡など全て禁止とさせていただきます。ご自身で大事にしていただけますようお願いします。