【オフィシャルレポ到着】

韓国オーディションプログラム 『MIXNINE』出演!『君の声が見える』という有名な音楽番組だけでなく、様々な放送に出演し多数の公演を通じて名前を知らせた実力派プロデュース型 K-POPアーティスト “BUILD UP(ビルドアップ)”。

2020年1月11日よりスタートしたBUILD UPの「JAPAN LIVE – DREAM CATCHER – 」が3月7日に最終日を迎えた。

最終公演である夜の部には、たくさんの人が駆けつけ満席状態に。
オープニングはBUILD UPらしく、元気でポップな楽しいダンスナンバー!

ファンとのコール&レスポンスも息の合ったタイミングで会場がひとつになる。
自己紹介を挟み、さらに立て続けに3曲の激しいダンスナンバーで盛り上げる。
3曲目には先月2月15日にリリースしたばかりのBUILD UP2つ目のシングルアルバムのタイトル曲である「夢の国」を披露。すでに会場のボルテージは最高潮に!

ここからの中盤は少ししっとりとバラードで聴かせた。
オリジナル曲「THINK OF YOU」ではステージライトが消され、会場のファンらの携帯のライトだけで歌唱するという演出。
さらに「香り」では切なく感情のこもった歌声に会場からは涙をすする音が。

その雰囲気のままに、メンバーから今の気持ちを手紙にしてファンへプレゼント
するコーナーへ。

「ステージもはじめて、日本もはじめて、だから不安だったけ
ど日本のファンにあったらそんな不安はなくなりました。まだ僕のことをよく知
らなくても写真を撮ってくれたり応援してくれましたね。最初にここのファンに
会えたことは幸運です。(ミンジュン)」

「みなさんが愛してくれるほどに『僕の魅力ってなんだろう』と最初は悩みました。でもいまはもうそんな悩みはなくなりましたよ!僕の性格がみなさんのおかげで明るくなった気がします。みなさんにとって僕はどんな人でしたか?帰りたくないです。(ソンウク)」

「僕の『歌手』としての人生のスタートをみなさんと過ごせて幸せでした。不安もありましたが『ユビのおかげで幸せだったな』と思ってもらえる人になりたいです。みなさんは大切な人です。ありがとうございました。(ユビ)」

「この2ヶ月間幸せでしたか?3人から6人になったけど、どんな僕たちもたくさん愛してくれて大切にしてくれてありがとうございました。絶対みなさんの手を離しません。一緒にゆっくり上っていきましょう。(ジョンギュ)」

「みなさん本当にありがとうございました。いつも一生懸命してくれてありがとうございます。浮気をしてもいいけど、また会ったら僕だけ見てね。(ドラム)」

「ときめきは最初にあったときのままなのに、時間ははやくすぎてしまうものなんですね。公演全てがいつ思い出しても笑顔になれる大切な宝物だと信じています。(ジヒョク)」

そしてしんみりした雰囲気を吹き飛ばすかのように再びBUILD UPの得意とするダンスナンバーで明るく盛り上げた。会場からの歓声も天井が割れんばかりに響いた。

アンコールになると、突然ファンらがスローガンを掲げるのと同時にスクリーン
にサプライズ映像が!今期の思い出が映し出される映像!これにはメンバーも涙
を隠せず大号泣。

そしてやっぱり最後は盛り上るダンスナンバー!「これから次のステージにむけ
て一生懸命頑張ります。よろしくお願いします!」とリーダーのジヒョクが頭を
下げて感動的で明るく盛り上がった最終公演は幕をおろした。

BUILD UPはこれからも韓国、日本、そして新時代に向けて世界で活躍していく!
ぜひ今後の情報に注目してほしい!

BUILD UP 日本公式Twitter:https://twitter.com/BLDP_JP

【 BUILD UP(ビルドアップ/BLDP)】
 BUILD UPは「夢と音楽をコツコツと、もっと高い場所に向かって築きあげてい
く」という意味でつけられたグループ名。

韓国を代表する高速ラッパーアーティストのOUTSIDERが総プロデュース。
韓国のオーディション番組JTBC「MIXNINE」を通して初めて紹介され、2019年11月メンバー:ドラムの訴えかけるような声とジヒョク、ジョンギュの感性的なラップメイキングが加わった自作曲 「THINK OF YOU」でデビュー。ドラムはMnetの人気番組「君の声が見える6 SEVENTEEN編」でSEVENTEENの「拍手」を熱唱し鳥肌のたつような驚きの高音で話題になったボーカル兼シンガーソングライター。

一方、ジョンギュはBlock.B、SISTAR、MissAなど韓国の有名歌手達のバックダンサーとして活動しながら長い時間の間様々な経歴と実力を積んできた。

また、チームリーダーのジヒョクはトレンディーな作詞、作曲、振り付け制作能力を基盤にデビュー前に「PRODUCE 101」への出演で話題となったチャンムンボクのミニアルバムタイトル曲「RED」の作詞、作曲、振り付けにも参加するという確固たる音楽性を証明する履歴を持っている。

また美声のシンガーソングライターであるリードボーカルのユビ。演技、アクロバットなどのマルチな能力を持つソンウク、チームのムードメーカーを担う末っ子ミンジュンが合流し、現在アジアツアーライブコンサート中の新人グループ。