新型コロナウィルス感染拡大防止のため外出や移動の自粛、テレワークの推奨などが行われ、在宅中心の生活が「巣ごもり生活」と称されて足掛け 1 か月。 毎日の生活はどんな変化が起こっているのでしょうか。
そこでスカパーは、 新型コロナウイルスによる外出自粛 に 関するアンケート調査を実施しました。

【調査概要 】 実施: 20 20 年 4 月 19 日( 日 20 日( 月
方法:インターネットアンケート( 協力会社 ネットエイジア株式会社
対象: 全国 10 60 代男女/有効回答 数 10 00 名
男女各 500 各年代は 166 または 167

※ 本記事内 情報 すべて「スカパー 調べ 」

新型コロナウイルス感染不安・外出不安は8 割超

新型コロナウイルス感染拡大に対してどれくらい不安かを聞いたところ、「非常に不安」 52.9 %、「やや不安」まで含めると 87.3 %の人が不安と回答。
また、外出することに対してどれくらい不安かを聞いたところ、「非常に不安」 35.1 %、「やや不安」まで含めると 82.3 %の人が不安と回答しており、ウイルス感染に対する不安は非常に大きいことがわかります。

今年の4 月以降、約 8 割の人が「家で過ごす」時間増 6割以上の人が「家族と過ごす」時間増

今年の4 月以降、「家で過ごす時間」は、以前と比べて どう変化したかを聞いたところ、 75.4 %の人が 「増えた」と回答。また、 今年の 4 月以降、「 家族と 過ごす時間」は、以前と比べて どう変化したかを聞いたところ、 63.4 %の人が「増えた」と回答しており、ウイルス感染防止のために実施されている外出自粛は、人々にとって不安ではある一方で家族との時間が増える結果をもたらしているようです。

家族と何をする? 1 位は「テレビを見る」
家族とテレビを見て「これまで見なかった番組を見るようになった」
~テレビは家族の会話の 話題 や“笑い” も提供~

「家族と 過ごす時間が増えたと回答した人に対し、 家族と何をする時間が増 えたか聞いたところ、最も多かったのは「テレビを見る」で 77.8 %の人が回答。次いで「会話をする」 58.7 %となっ ており、家族と過ごす時間の増加に伴い、コミュニケーションの機会も増加しているようです。
また、「家族とテレビを見る時間が増えた」と回答した人に対し、それによってどのような変化があったかを聞いたところ、上位は「これまで見なかったような番組もみるようになった」 43.2 %、「家族との話題が増えた」 41.6 でとなっており、 家族でテレビを見ることで視聴番組の幅が広がるだけでなく、
「家族との会話」に話題を提供し たり、家族に「笑い」をもたらし ていることが伺えます。

ちなみに、家族と一緒に見たい番組のジャンル を聞いたところ、最も多かったのは「バラエティ番組・お笑い番組」( 16.3 %)、次いで「国内ドラマ(連続ドラマ)」 14.9 %)、「ニュース・報道番組」 11.2%となっており、家族を見るなら“みんなで笑って楽しめる”ような番組が好まれる傾向がみられます。

スカパーでは 、家を 楽しくする お得な キャンペーンを実施

こんな時だから、おうちで家族で楽しんでもらいたい!「家を楽しくするのは、テレビだ。 」をキャッチコピーに皆様にエンターテイメントをお届けするスカパー では、人気の『基本プラン』が最大 2 ヶ月間無料 になる 「イエナカ応援 キャンペーン 」 を 4 月 29 日(水・祝)〜 5 月 31 日( 日 の期間実施します。 詳細は下記のキャンペーン概要、および特設サイトをご確認ください。

《イエナカ応援 キャンペーン 概要》
・正式名称 :基本プラン視聴料加入翌月無料キャンペーン
・ 期間 :2020 年 4 月 29 日(水 ・祝) ~5 月 31 日( 日 )お申し込み受付分
・内容 :期間中、スカパー 新規ご加入と同時に基本プランをご契約されたお客様は、基本プランの初回視聴料が0 円となり、基本料 429 円 (税込 のみで視聴いただけます。


※適用条件や注意事項 などの詳細はキャンペーン特設サイトでご確認ください。

特設サイト
URL https://www.skyperfectv.co.jp/special/kihon/campaign/