© 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved

第69回ベルリン国際映画祭で大喝采を浴びたほか、ファンタジア国際映画祭で作品賞、主演男優賞を受賞。その他世界の映画祭を席巻!韓国映画界を代表するハン・ソッキュとソル・ギョングのダブル主演で贈る、予測不能の超一級サスペンス・ノワール『悪の偶像』(6/26(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー)の韓国版キャラクタービジュアルを解禁致します。

© 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved

本作はある“ひき逃げ事件”をきっかけに交錯していく“加害者の父”と“被害者の父”の運命をスリリングに描き、予測不能のストーリー展開に人間の業と結びついた濃密なエモーションを持ち合わす超一級サスペンス・ノワール。

監督は『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』(13)のイ・スジン。同作品で第43回ロッテルダム国際映画祭タイガー・アワードを受賞し、巨匠マーティン・スコセッシ監督から絶賛された気鋭監督が、満を持してオリジナル脚本に基づく長編第2作を完成させた。

この度解禁するのは、ハン・ソッキュ、ソル・ギョング、チョン・ウヒぞれぞれの韓国版キャラクタービジュアルだ。

ハン・ソッキュ演じるエリート政治家ミョンフェのビジュアルはマイクに向かって演説しているような姿、一方ソル・ギョングが演じる息子をひき逃げ事件で失った被害者の父ジュンシクは顔を伏せうずくまっているいる様子が見て取れる。そしてチョン・ウヒが演じる“消えた目撃者”リョナは目や口に布がまかれ、体は椅子に縛られ、監禁されている様子が見て取れる。権力を使って徹底的に事件の真相をもみ消そうとするミョンヒ、悲しみを押し殺し必死にリョナを探すジュンシク、壮絶な過去を背負って生きてきたリョナ、それぞれのキャラクターが色濃く反映されたビジュアルとなっているが、共通するのは3人ともがまるで真っ暗な闇の世界にいるようなビジュアルとなっている点だ。監督のイ・スジンは「映画の登場人物たちと同じような状況に置かれた時、自分はどんな選択をするのか考えてみるといいと思います」と語っている。

© 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved

1つのひき逃げ事件をきっかけに、露になっていく様々な人間の業、気が付けば後戻りできないところまで足を踏み入れてしまった二人の父が行きつく先に待っていたものとは?二転三転していく展開が息つく暇を与えない。

“二度目、三度目…、真実が見えてくる―。” リピート割引キャンペーン実施決定!!

※二回目以降¥1,100(税込)!※シネマート新宿・心斎橋、シネマスコーレ(名古屋)にて実施!

STORY 市議会議員のミョンフェは、ある夜息子ヨハンが飲酒運転中に人をひき殺してしまったことを知る。政治家の危機に直面したミョンフェは、密かに揉み消し工作を実行するが、被害者の新妻であるリョナという女性が事故現場に居合わせ、行方不明になっていることが判明。事実が明るみに出るのを恐れたミョンフェはリョナを見つけ出そうとする。一方、小さな工具店を営む被害者の父ジュンシクは、リョナが妊娠していると知り、何としても彼女を捜し出すことを心に誓う。かくして別のルートで“消えた目撃者”の行方を追うふたりの父親は、耐えがたい葛藤に胸を引き裂かれながら、後戻りできない“罪”の闇に足を踏み入れていく…。

監督・脚本:イ・スジン(『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』)

出演者:ハン・ソッキュ(『シュリ』)、ソル・ギョング(『オアシス』)、チョン・ウヒ(『哭声/コクソン』) 、ユ・スンモク、ジョー・ビョンギュ、キム・ジェファ

2019年/韓国/韓国語/144分/シネスコ/5.1ch/原題:우상/英題:IDOL/日本語字幕:仲村渠和香子/映倫G

提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム    

公式サイト:http://akuno-guzo.com

6/26(金)シネマート新宿・心斎橋ほか全国順次ロードショー

掲載写真すべて © 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved