BEASTがデビュー後初の中国ファンミーティングを成功裏に終了し、順調に中国活動のスタートを切った。
r (2)
BEASTは24日、中国・上海にある上海グランド・ステージ(上海大ステージ)で中国初の単独ファンミーティング「2015 BEAST ファンミーティング in 上海」を開き、約4000人の現地ファンに会った。BEASTがデビュー6年で初めて開催した今回の中国ファンミーティングには、上海をはじめ多くの地域から集まった数千人の現地ファンが参加し、現場を明るいピンク色のペンライトで埋め尽くした。

初の中国単独ファンミーティングであるだけに、BEASTはデビュー以来地道に愛されているヒット曲のパフォーマンスを披露し、現場に集まったファンたちは熱い歓声を上げた。2014年上半期にヒットした「Good Luck」で華やかな公演の幕を開いたBEASTは、その後「12時30分」「Shadow」「Fiction」「雨が降る日には」など、ジャンルを横断する圧倒的なステージでパフォーマンスで、90分間ファンと共に呼吸した。

また、BEASTはファンと忘れられない思い出を作るためのスペシャルファンイベントとして、ステージの上にファンを招き、メンバー同士で熾烈なクイズ対決をすることで現場のファンを爆笑させた。BEASTが中国の有名な曲をヘッドフォンで聞きハミングすると、ファンがそれを聞き曲のタイトルを当てるゲームを行った。BEASTは予想できなかった音楽に戸惑うのも最初だけで、すぐにファンと見事な相性を見せて順調に正解を当て、現場を盛り上げた。

特にヤン・ヨソプは韓国でもよく知られた映画「ラブソング」の主題歌を、ソン・ドンウンはアン・ジェウクが韓国語で歌い人気を集めた曲「友だち」(原題:朋友)の原曲を中国語で歌い、ファンと共に美しいメロディに仕上げ、拍手を受けた。長い時間が流れてから中国のファンと共にする席であるだけに、BEASTと中国のファンたちはお互いに共感しながら意味のある時間を送った。
r
これについてBEASTは「このように初の中国ファンミーティングを通じて皆様にお会いでき、とても嬉しかった。ファンミーティングならではの楽しさを通じて皆様の近くで共感できたようで意義深い時間だったと思う」と感想を伝えたことに続き、「BEASTは今後も様々な中国活動を予定している。今のようにBEASTに地道な声援をお願いしたい」とのコメントも忘れなかった。

BEASTは今回の上海ファンミーティングを成功裏に終えたことで、好調な中国進出が確認されただけに、今後より多くの中国語圏の国々へと次第に活動のステージを広げていく予定だ。これまで中国国内の公式単独活動が皆無だった状況でも、成功裏に中国活動のスタートを切ったBEASTが、中国語圏のファンの心までつかみ、彼らのより広くなった位置づけを証明できるかが楽しみである。

BEASTは韓国内外で精力的に活動し続けることはもちろん、5月にメンバーのチャン・ヒョンスンがソロ活動を予定しており、ヤン・ヨソプ、ヨン・ジュンヒョンに続き、BEAST内のソロ活動のバトンを引き継ぐ。また現在、tvN月火ドラマ「ゴハン行こうよ2」に出演中のユン・ドゥジュンは、グルメブロガーであり、プロの保険設計士ク・デヨン役として出演し、ドラマファンから好評が相次ぐ中、BEASTを代表する演技アイドルとして活躍している。

[su_row][su_column size=”1/2″][/su_column]
[su_column size=”1/2″]
[/su_column][/su_row]