韓国発の6人組ガールズグループGFRIEND(読み:ジーフレンド)が今年本国で発表したアルバム「回:LABYRINTH」「回:Song of the Sirens」の人気曲を日本語バージョンで新たにレコーディングし、デジタルシングルとしてリリースする事が発表され、トラックリストも公開となった。

日本ファンにもお馴染みの「Crossroads」「Apple」のタイトル曲に加えて、今回日本語ver.でC/W収録されるのは「Labyrinth」と「Tarot Cards」の2曲。「Labyrinth」はエレクトロニックギターサウンドにGFRIENDのパワフルなボーカルが加った躍動感に溢れる楽曲で、日本からも著名作曲家・Carlos K.が制作に参加している。「Tarot Cards」はキャッチーなメロディーラインが印象的ないかにも“日本受け”しそうなポップナンバー。

デジタルシングルはそれぞれ「回:LABYRINTH ~Crossroads~」「回:Song of the Sirens ~Apple~」と題され、10月14日、21日と2週連続でリリースされる。


■商品概要

【タイトル】

「回:LABYRINTH ~Crossroads~」

【発売日】

2020年10月14日(水)

【収録楽曲】

1.Crossroads -JP ver.-

2.Labyrinth -JP ver.-

【タイトル】

「回:Song of the Sirens ~Apple~」

【発売日】

2020年10月21日(水)

【収録楽曲】

1.Apple -JP ver.-

2.Tarot Cards -JP ver.-

■プロフィール

ソウォン、イェリン、ウナ、ユジュ、シンビ、オムジの6人のメンバーで構成された「GFRIEND(ジーフレンド)」は、「いつも一緒にいる友人のような良い音楽でみんなのそばにいたい」というテーマを掲げ、2015年1月に本国デビューしたK-POPガールズグループ。以降、叙情的なメロディーと強烈なパフォーマンスで独自性に富んだ彼女たちならではのジャンルを確立し、韓国を代表するアーティストへと飛躍を遂げた。 今年リリースしたアルバム「回:LABYRINTH」と「回:Song  of  the  Sirens」では作品を通じてより成熟した世界観を披露し、デビュー後初めてとなるビジュアル・音楽面における大幅なイメージチェンジに成功。全世界から熱い関心を受けている。

日本公式サイト

https://www.gfriendofficial.jp

日本公式Twitter