201501061122345(1)

キム・ヒョンジュンの元交際相手のチェさんがキム・ヒョンジュンを相手に10億ウォン相当の損害賠償請求訴訟を提起したことが明らかとなった。

キム・ヒョンジュンの元交際相手のチェさんは、現在キム・ヒョンジュンの子供を妊娠していることが知られており、4月初めにキム・ヒョンジュンを相手に損害賠償請求訴訟を起こした。

告訴理由は子供の妊娠によるキム・ヒョンジュンとの葛藤する過程で経験した“精神的被害”で、請求額は10億ウォン余りになることが明かされた。

これに対しキム・ヒョンジュンの法律代理人は4日、メディアとの電話インタビューで「(損害賠償請求訴訟に関連し)現在、訴状だけ提出された状態。どのように対応するか準備している」とし「相手の主張の事実関係は調査中」と伝えた。

彼はまた「(暴行に関連した)刑事訴訟に対してはすでに示談が成立した状態。しかしチェさん側と親子関係の存在については、まだはっきりしていない。妊娠したという診断だけ受けた」と付け加えた。

この報道に先だってチェさんは、ネットユーザー100人以上を情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律違反の疑い(名誉毀損·侮辱)の疑いで告訴した。 チェさんの法律代理人は、「チェさんが虚偽事実の流布と侮辱的な文によって精神的被害を被ったとサイバー捜査隊に最近の調査依頼した」とした。該当されるネットユーザーは、ほぼキム・ヒョンジュンのファンとされている。

チェさんは昨年8月、キム・ヒョンジュンを暴行致死及び傷害容疑で告訴した後、キム・ヒョンジュンの謝罪により告訴を取り下げた。 以後、2月にキム・ヒョンジュンの子供を妊娠したと主張したが、キム・ヒョンジュンはこれについて反駁している。