1-07

©IMX
ドラマ「朝鮮ガンマン」も大好評、中国での主演作「シチリアの陽射しの下」(原題)に続き、7月より韓国MBCで放送予定の新作「夜を歩く士」(原題)にも大きな期待が集まっている韓国実力派トップ俳優イ・ジュンギが5月6日(祝・水)横浜・パシフィコ横浜大ホールにて「2015 Lee Joon Gi SPLENDOR Family Day」を開催した。

これまでも毎年春には、自身のバースデーをファンと共に祝うバースデーコンサートをソウルで開催していたイ・ジュンギ。先日2日にもソウルでのファンミーティングを大盛況で終えたばかりだが、同じ時期に日本にも来てほしいという多くのファンの要望で今回のスペシャルなファンミーティングが実現。

GW最終日となる横浜には、イ・ジュンギの5か月ぶりの来日を待ち望んでいた約4000人ものファンが集結。ステージが暗転し、黒のサマーニットに身を包んだイ・ジュンギが甘い歌声で「For a while」を歌いながら登場すると、会場からは悲鳴のような大歓声が響きわたり、その変わらぬ人気を改めて証明した。
一旦退場したイ・ジュンギへ、MCの合図で、「ジュンギオッパー!」とファン達が力強く呼びかけるが、一向に姿が見せないイ・ジュンギ。「せ~の!」と客席への逆合図で、3回力強く叫ばせるイ・ジュンギの茶目っ気たっぷりの演出で、ようやく華麗なポーズと共にステージへ再登場。

「本当にお久しぶりですね。みなさんのイ・ジュンギです」と満面の笑みであいさつし、場内が大声援に包まれると、ファンミーティングがスタート。今回の公演は1部と2部に分かれたステージ構成となっており、前半はMCを迎えて、トークからスタート。
MCからズバリ、今の心境を聞かれると、「みなさんとは年末のツアーでお会いすることが多いので、暖かい時期にお会いするのは新鮮な気持ちです。相変わらずお綺麗ですね~デートする感じ?」とユーモアたっぷりに語り、ファンを喜ばせた。
昨日来日したというイ・ジュンギ。その過ごし方は、「昨日早く来て、ショッピングをしたり、GWなので街の様子も見学したくて、行ってみたりしました。いつもの様にドン・キホーテも行きました。(笑)原宿や表参道にも行ってきました。天気もよく人も多かったので、何だか旅行に来た気分になりましたね。」と説明。

(ファンから)気づかれたのでは?との質問に「僕はそこまで人気ではないので…(笑)元々人の多いところの方が安全ですね!帽子をかぶっていれば、紛れることができます。韓国でも人が大勢いるお祭りやフェスティバルにもよく行きます。」と大胆な発言に、ファン達もビックリ。会場に向かって、「次は一緒に歩きましょうか?原宿を貸し切ることになりますね(笑)」と話し、ファンを笑わせた。最近は、「新しい映画を撮り終えて、先日はファンミーティングもしました。休まずに活躍しています。新しいドラマ(夜を歩く士)も決まりました。久しぶりのドラマですからね」とうれしい報告に続けて、新ドラマの話題へ。
1-01

©IMX
今月10日から撮影が予定されているというイ・ジュンギへ、撮影に向けての準備を聞くと、「時代劇なので乗馬の練習や、体力作りをしています。何より大切なのは、バンパイアの役なので、セクシーな姿も見せないと」(ここで、即席でセクシーな表情をするイ・ジュンギに、客席から悲鳴が起こる)MCが思わず、「ジュンギさんに血を吸われたい人~」と投げかけると、客席からは大歓声が沸き上がった。これには思わずイ・ジュンギも「歯が折れちゃいそうですね(笑)みんな、変態みたい」とジョークを交えるキュートな一面を見せた。乗馬シーンについては、「時代劇にはつきものですよね。自由自在に馬を扱わないといけませんが、生きた動物なので注意しないといけません。常に緊張します」と述べるとここで、スクリーンには新ドラマへ向けて、乗馬の練習に打ち込むイ・ジュンギの映像が流れた。「乗馬は本当に全身運動のスポーツなので、女性が綺麗な体を作るのにおすすめです!」(ファンへ向けてエアー乗馬をするイ・ジュンギ)そのセクシーな姿は、ファンの熱い視線を集めた。
続いては、過去の主演作の名場面と共に当時の様子などについて語った。
「アラン使道伝(2012)」大勢の敵に囲まれながら次々に倒していくシーンが流れると・・・。
イ・ジュンギ:この戦うシーンはワンシーンワンショトで撮影しました。20通りくらいのアクションをワンショットで撮ったんです。でもアクションが大好きなので(こういうシーンをやっているときは)喜びを感じるし生きているんだな~と思います。だからもっとアクションの完成度を高めたいです。
MC:小さい頃からアクションが好きだった?
イ・ジュンギ:そうですね。当時は香港映画が人気で影響を受けました。ジェット・リーやジャキー・チェンを見てあんなふうになりたいと思いました。
続いて「TWO WEEKS(2013)」では様々な撮影エピソードを語った。
警察の車に乗り、その車が横転するシーンや、ジュンギ自身が土に埋められるシーン、川の水に流されるシーンなどのムービーが流れ、それを真剣に見つめるジュンギ。
ジュンギ:本当に難しい作品でした。土に埋まるシーンは自分自身でやらなくちゃと思ってやったけど、やったあとで後悔しました(笑) 土に埋まって死ぬのは一番残忍だと思いました。口にストローをくわえて どんどん土をかけられて撮影したけれど 土の重さで圧迫されて呼吸できなくなるんです。土をたくさん食べました。夕飯を食べていなかったのでお腹がいっぱいになってよかったですよ(笑)
川に流されるシーンは水をたくさん飲んでしまいました。川が急流だったのでカメラさんがそこに入って撮るのは危険だと思い、カメラは離れたところから撮ってもらい僕だけがその急流に入ったんです。なにかあったら大変なことになるので撮り終わったときは無事におわって本当に良かったと思いました。流されている最中には(このシーンを自分でやると言ったことを)後悔しました。なんとかして生き残らないと…と思いました。
「朝鮮ガンマン(2014)」では刀を使った激しいアクションシーンが流れる。
イ・ジュンギ:夏の山の中で撮影しました。本物の剣や昔の服を使って撮影したので重くて大変でした。これは初日の風景ですが、いつも撮影初日をとても楽しみにしています。
「シチリアの太陽の下で(2015年 中国映画)」について。
イ・ジュンギ:(現代のラブロマンスなので)みなさんこういう姿を見たかったんじゃないですか?以前『初雪の恋 ヴァージン・スノー(2007年 日韓合作)』を撮影したとき、一ヶ月くらい日本に滞在したけれどあまり寂しさを感じなかったので共演の宮崎あおいさんともあまり話すこともそこまで多くはなかったんですが、今回の映画では、中国とイタリアでの撮影時 寂しくて中国スタッフや共演者に自分からたくさん話しかけ夜中までずっと話していました。おもしろい中国語を教えてもらったり、いろいろ話し、まったく口を休めることがなかったです。だからとてもいい時間がすごせました。相手役チョウ・ドンユィ(周冬雨)さんの名前は韓国では、すごく상남자(かっこいい男性)の名前になるんですが、すごくかわいい人でした。中国では(上下関係が厳しい韓国とちがって)上下関係がないので初対面のときはラフな挨拶でちょっとびっくりしました。だから最初は彼女と僕はひとまわりも年齢がちがうのに ちょっと見下されているのかと思ってしまい…..。関係が最初はぎこちなかったけれど、話していくうちに第一印象が変わっていきました。第一印象が全てではないと感じました。キスシーンの話をしませんでしたね(笑) チョウ・ドンユィさんにとって出演作品で初めてのキスシーンだったそうで「わたしの唇をうばった初めての男」と言われました(笑) 初々しいシーンを楽しみにしていてください。

それぞれの作品について振り返った後はファンが開演前に用意した質問をその場で選び、直接イ・ジュンギへ質問できるという“スペシャル質問コーナー”へ。

Q.“イ・ジュンギ病”を患っています。薬をお願いします。
(照れながら)ファンへビッグスマイルのプレゼント。
Q.日本で別荘を買うならどこがいいですか?
(質問したファンの住まいが神戸と分かると)神戸!お肉が大好きなので!!
Q.今までファンからもらって一番うれしい言葉は?
「セクシー!」一生セクシーでいたいです。
Q.寝る前に音楽は聴きますか?
僕の音楽を聴きます(笑)(寝る時のファッションは)何も身に着けないです。健康のためですよ。(笑)
Q.どんな風に告白されたらうれしいですか?
あまりにも好きな気持ちが大きくて、お酒を一杯飲んで、少し酔っぱらってから電話で告白されるのがいい(照)お互い好きな気持ちがあるので恋のかけひきというか、本心を隠すつもりでお酒に酔った状態がロマンチックでいいですね。具体的な言葉は….う~ん、一緒にやってみましょう。
ここで、急遽ファンと甘い告白シーンを実演するサービス精神旺盛なイ・ジュンギ。その様子に会場からは羨望の眼差しと黄色い歓声が飛び交った。
お礼に、ケーキカットするナイフでも朝鮮ガンマンさながらな見事な刀裁きを披露し、ファンの手持ちカメラでイ・ジュンギを収められるといううれしいフォトタイムも設けられた。

ここで質問コーナーは終了し、HAPPY BIRTHDAYの曲に合わせてケーキが運ばれてきた。4月17日に34歳の誕生日を迎えたイ・ジュンギ。「ジュンギオッパ(ジュンギお兄さん)お誕生日おめでとう」というファンたちの声に「僕たちの愛について祈ってからろうそくを消したよ」と言い、ケーキカット用のナイフを刀のようにまわしてアクションを見せるサービスを。

誕生日のお祝いへのお礼として「フォトタイム」が設けられ、ファンたちは自身のカメラにイ・ジュンギの美しい姿をおさめていた。また、イ・ジュンギも自身のスマホをセルカ棒につけ、何カットか客席をバックに写真を撮っていた。今韓国の若者の間で流行っている小さなハートを指で作ってポーズをとっていた。

トークと質問コーナーでファンとの距離が縮まったところで、「HAPPY TIME WITH JOONGI」と題したゲームコーナーがスタート。イ・ジュンギが画伯に変身し、与えられたお題の絵を15秒で描き、抽選で選ばれた3名のファンが当てるというもの。“虎”“ドラえもん”“恐竜”“イ・ジュンギ”など様々なお題を芸術的な(?)感性で描き続けるイ・ジュンギに会場は大爆笑。見事3つ正解したファンへのプレゼントとして、サイン入り2ショット写真と、ハグのプレゼント。
ファンと熱くふれあった後は、ファンが書いたイ・ジュンギへのラブレターをイ・ジュンギ自身が直接読むサプライズな企画も準備され、お返しにイ・ジュンギからもファンへ向けて手紙が読まれると、イ・ジュンギの温かい言葉の一言一言がファンの心に届けられ、会場は感動の渦に。
「今日は何とか落ち着かせて伝えようと思いました。みなさんが見えないところで泣いていますので今回は抑えます。僕は本当に幸せな人生を送っているなと思います。どんなに辛くても信じて愛を送ってくれるみなさんがいるので、どんなにつらい道でも正しく一生懸命歩いて行こうと思いますし、“みなさんをがっかりさせてはいけない”といつも思っています」と心からの感謝を伝えると、会場は大きな拍手で包まれた。

ステージ進行中にも、終始客席へ耳を傾け、コミュニケーションを取り続け、ファンを大いに楽しませた前半戦は終了し、後半のライブコーナーへ。
1-03

©IMX
“アーティスト”イ・ジュンギとして、「感謝の気持ちを歌で表現したいと思います!」と意気込みを語り、「I’m yours」、「Bring da beat」とポップなナンバーを繰り広げると、ファンはペンライトを左右へ揺らし、手拍子でリズムを取った。
爽やかな白いジャケットを羽織ったイ・ジュンギが再登場し、「Ma lady」を日本語でキュートなダンスと共に披露し、観客の歓呼を引き出した。続けて「惜しみなく与える木」を軽やかなダンスと共に歌い上げると、一体化したステージは、最高の盛り上がりのままラストソングは「Together」銀テープやハート型の紙飛行機が舞い、ファンと一緒に楽しんだステージは、「イ・ジュンギでした」と大きく手を振ってステージを後にした。
1-05
©IMX
「イ・ジュンギ! イ・ジュンギ!」のアンコール声とともに黒いサングラス、白い大きなパーカーを身にまとい再びジュンギが登場。「Born again & J style」でキレのある完ぺきなダンスを披露すると、会場のボルテージも最高潮。興奮醒めやらないファンからのエンドレスな「ジュンギ~」コールに、サングラスを外し、「本当に疲れました~。今日は何でこんな暑いんですか~服を脱ぐかな(笑)」と服を脱ぐ真似をし、最後の最後までファンを楽しませるイ・ジュンギに、大きな拍手と歓声が起こった。
熱気に包まれた会場へ「最後にもう1曲!Are you ready?」とファンを煽り、息をばっちり合わせたところで、「High Technology」途中見事なラップも披露し、多彩な一面を魅せた。カラフルな映像とともに華やかなステージに会場は大興奮。イ・ジュンギは「みなさん愛しています。また会いましょう!」と言いながら投げキスを飛ばしステージをおりた。約3時間30分におよぶ豪華なステージは、多くの観客に惜しまれながら大盛況で幕を閉じた。
1-06
©IMX
⇒もっと写真を見る
【DVD情報】
「2015 Lee Joon Gi SPLENDOR Family Day 公演」DVD-BOX、7月発売予定

イ・ジュンギ公式サイト http://www.joongi-splendor.jp/
イ・ジュンギ公式Facebook https://www.facebook.com/OfficialLeeJoongi
イ・ジュンギ公式instagram https://instagram.com/actor_jg/
イ・ジュンギ公式Twitter @JGshock
写真提供:IMX