r (2)
新ドラマ「君を憶えてる」に俳優チョン・グァンリョル、EXO ディオ(本名:ド・ギョンス)、テ・インホが特別出演し、強烈な存在感を見せる予定だ。

KBS 2TV新月火ドラマ「君を憶えてる」は、危険だからこそさらに魅力的な天才プロファイラーイ・ヒョン(ソ・イングク)と彼を観察してきた警察大学出身の熱血エリート捜査官チャ・ジアン(チャン・ナラ)が一緒に事件を解決していきながら、時にはコミカルに、時には真面目にストーリーを展開していく軽快な捜査ラブコメディ。

チョン・グァンリョル、ディオ、テ・インホはそれぞれ過去と現在のイ・ヒョンと関連のある人物として登場し、ドラマティックな緊張感を加える予定だ。3人とも様々な作品を通じて圧倒的な演技力を披露してきたため、特別出演さえも華やかなラインナップを揃えた「君を憶えてる」に関心が集中している。

まず、チョン・グァンリョルは警察出身の犯罪心理学者で、イ・ヒョンの父親であるイ・ジュンミン役を演じる。イ・ジュンミンは韓国初のプロファイラーで、幼い頃から奇怪な天才性を見せたイ・ヒョンのためにホームスクーリングをしながら息子を観察し、備忘録を作成した父親だ。チョン・グァンリョルは今まで多くの作品で役そのものになりきってエネルギー溢れる演技を見せてきた。今回の作品でも息子を普通に育てたい父親の気持ちと世界から危険な息子を守るための死闘を細密な感情の変化とともに見事に演じる予定だ。

イ・ヒョンの父親であるイ・ジュンミンがプロファイリングしている危険な男イ・ジュニョン役には、ディオが出演を確定した。彼はイ・ジュンミンに付いてきたイ・ヒョンと偶然会話し、彼の天才性にすぐに気づく。その後、イ・ヒョンの人生に膨大な影響を及ぼすことになるミステリアスで危険な人物だ。ディオは昨年、ドラマ「大丈夫、愛だ」を通じて人の目には見えない分裂された自我を演じ、アイドルグループEXOのディオから俳優ド・ギョンスとして地位を確立した。そして、今回は善と悪が共存する顔でドラマの序盤、強烈な緊張感を呼び起こす演技を通じてまた違う俳優ド・ギョンスの姿を見せてくれる予定だ。

「ミセン」の憎たらしくて意地悪なソン代理に扮した俳優テ・インホは、財閥の御曹司ヤン・スンフン役で出演する。イ・ヒョンとチャ・ジアンが協力捜査を始めるきっかけを与える人物で、莫大な富と権力で法律を利用し、イ・ヒョンをイライラさせるが、彼の天才的な捜査の罠に引っかかってしまう。“悪い演技”の絶対王者であるテ・インホが見せる卑劣な御曹司の演技も視聴者の期待を高めている。

3人の特別出演でさらに豪華なキャスティングのラインナップを完成させた「君を憶えてる」は、犯罪が解決される時に感じる痛快なカタルシス(解放感)と甘くて殺伐としたロマンスで、お茶の間に新鮮なジャンルの新しい風を巻き起こすドラマだ。「ボスを守れ」「私の恋愛のすべて」を執筆したクォン・ギヨン脚本家と「オフィスの女王」を演出したノ・サンフン監督が意気投合した作品である。KBS 2TV「Who are you-学校2015」の後番組として、韓国で6月22日に放送をスタートする予定だ。

[su_row][su_column size=”1/2″][/su_column]
[su_column size=”1/2″]
[/su_column][/su_row]