rWINNERのナム・テヒョンが次世代俳優の有望株として浮上した。

ナム・テヒョンは14日に放送終了となったMBC every1のウェブドラマ「0時の彼女」(脚本:ユン・ジン、演出:イ・チョルミン)で初めての演技挑戦であるにもかかわらず安定的な演技を披露した。

15日、YG ENTERTAINMENTはMBC every1のウェブドラマ「0時の彼女」の放送終了を迎え、撮影現場で撮ったナム・テヒョンのオフショットを公開した。写真でナム・テヒョンはスーパースターコン・ジダン役に完璧に溶け込んだ姿を見せた。特に撮影途中でキャッチされた写真でも屈辱のないビジュアルとグラビアさながらの優れたプロポーションを誇り、視線をとらえた。

r (5)ナム・テヒョンはドラマで強くて無頓着な性格のように見えるが、実際には臆病で抜けたところの多い魅力の持ち主コン・ジダン役を演じた。ナム・テヒョンは自然なセリフと感情演技はもちろん、ディテールな表情演技を完璧にこなした。

ナム・テヒョンは今回のウェブドラマを通じて爆笑を誘うおじいさんの扮装やときめくキスシーンなど、話題のシーンを見事にこなして俳優としての可能性を認められた。次世代俳優の有望株として浮上した彼の今後の歩みに注目が集まる。

「0時の彼女」は5月4日からNAVER TV CASTとMBC every1チャンネルを通じて順次に公開され、人気を博した。本編の再生回数は本日午前9時30分基準122万7696回で公開10日で100万回を突破し、成功したウェブドラマの仲間入りを果たした。

[su_row][su_column size=”1/2″][/su_column]
[su_column size=”1/2″]
[/su_column][/su_row]