201505262007776276_5564542630a3a歌手兼俳優キム·ヒョンジュン側が元ガールフレンド チェ氏の妊娠、流産に関連する診療記録の照会を要請した。

キム·ヒョンジュンの法律代理人イ·ジェマン弁護士は26日午後OSENとの通話で「チェ氏側は、昨年妊娠をしたが、キム·ヒョンジュンの暴行で流産したと主張している。診療記録は、これを確実に証明することができる材料にもかかわらず、提示していない」と述べた。また、「診療記録は、本人が病院を訪ねて行けば簡単に受けることができる。チェ氏側は、これを法廷で出すとする、そうでない場合に備えて、裁判所に国民健康保険公団とチェ氏が診療を受けた産婦人科 5つの記録の事実照会書を要請した」と説明した。

この弁護士は、両側の合意の可能性については、「もしチェ氏側が昨年和解金名目で受け取った6億ウォンを返していることを明らかにし、キム·ヒョンジュンの名誉を回復してくれれば可能だが、現在の状況では、事実上、難しいと思われる」と述べた。

去る22日キム·ヒョンジュン側の要請で、ソウル中央地方裁判所第25民事部は、国民健康保険公団との合計5つの産婦人科に事実の照会を要請した。

キム·ヒョンジュンは、2012年から約2年以上交際したチェ氏と妊娠と流産を巡って攻防を行っている。先にチェさんは昨年8月、キム·ヒョンジュンを暴行致死と傷害の疑いで告訴した後、キム·ヒョンジュンの謝罪を受けて取り下げた。だがチェ氏はキム·ヒョンジュンの子供を妊娠したが流産になったと慰謝料と示談金名目で6億ウォンを請求し受け取っていたことが分かった。 さらにチェ氏は今年4月、キム·ヒョンジュンを相手に精神的な被害を被ったと16億ウォンの損害賠償請求訴訟を提起した。最初の弁論期日は来月3日となる。

一方、キム·ヒョンジュンは12日、京畿道高陽市陸軍30師団新兵教育大隊に入所した。