韓国、日本ともに大人気のGirl’s dayが『Girl’s day 2014 Winter Party』単独コンサートを開催し、ファンたちと盛大なパーティーを楽しんだ。
141129_Girls_day-1221-1
会場となった東京ドームシティーホールには国内外からデイジー【「Girl’s day」ファンの呼称】が大集結。会場が暗くなると絶えずメンバーの名前を叫ぶ熱いファンの声が響き、ピンクのペンライト一色となった。VTRが流れると会場のボルテージも最高潮。1曲目の「Girl’s day World」が流れへそ出しのセクシーな黒の衣裳を身にまとったメンバーが颯爽と登場。「Expectation」では、サスペンダーを巧みに使ったセクシーなダンスでファンを魅了した。
141129_Girls_day-1452-1
4曲目「Please Tell Me」が終わると息をきらしながらソジンが「すみません。ちょっと待ってください」と水を飲むメンバーたち。そして「自己紹介します」というと「Everyday『Girl’s day』こんにちは、私たち『Girl’s day』で~す!お久しぶりですね!お元気ですか~?」と揃って元気にあいさつ。リーダーのソジンが「私たち『Girl’s day』がこうやって日本で単独コンサートをすることになりました。おめでとうございます~!」と自分で自分たちを称えると、会場からは大きな拍手が。ヘリが「たくさん待ちましたか?」と聞くと、ファンは韓国語で「はい」と答えそれに対しミナも「私たちも皆さんのことをずーっと待ってました!」という声にファンは「フー!」と会場を沸かせた。そして「ヘリ、ソジン、ミナ、ユラ」と順に自己紹介をした。
次の曲紹介ではミナが「どの曲かわかりますか?私たちの真心が込められている曲です。」と言うとファンからは「『ポゴシッポ』(会いたい)!! 」とすぐさま答えが出てメンバーもご満悦な様子。「I Miss You」「Show You」では素敵な歌声を響かせファンをうっとりさせていた。
141129_Girls_day-0979-1
『Girl’s dayのHISTORY』と題したVTRが流れかわいらしくラブリーなイメージの曲から最近のセクシーな曲、リズミカルな曲からバラードまで様々な曲を紹介。懐かしい曲にファンも聞き入っていた。『シークレットトーク』と題したメンバー同士の秘密の暴露映像では、ダイエットと言いつつお菓子を食べてしまうというミナはユラに早食いまでも暴露され「食事の代わりにお菓子を食べていました。ダイエット方法を間違えていました。」と素直に反省。ファッションテロリストだと暴露されてしまったヘリには、メンバー同意の大爆笑。ヘリが髪の毛を銀色に染めていた頃に、全身紫色のパジャマでゴミ捨てをしている姿はまるでおばあちゃんのようだったとからかわれたヘリだが、ヘリ自身も鏡を見て自分の姿に絶句したと漏らした。物忘れが激しいソジンに対しては、「携帯電話を見つけるために、冷蔵庫の中を探すソジンお姉さんを目撃した」という情報や「ゴミ箱に服が捨てられていた」と暴露された。これに対しソジンは「ゴミ箱の中にあったのは自分の服だけど捨てた記憶はない!」と弁明。ユラは目・鼻・口すべて開いた状態で寝ていると暴露され、ヘリが付け加えるように「貧乏ゆすりしながら寝ている!」と発言。するとミナが「ヘリがよだれを垂らして寝ていた時、突然起きてこうやって…(よだれを顔にパッティングする仕草)」と反撃をくらった。ヘリは恥ずかしそうにしながらも「肌に潤いを与えたんです(笑)」と言い訳。ファンはメンバー同士の暴露大会に興味深々、垣間見せたメンバーの素の姿に笑顔で喜んでいた。
141129_Girls_day-2641-1

141129_Girls_day-2757-1
そして大ヒット曲「Something」のメロディーが流れると客席からは自然と揃ったかけ声が飛び出した。長いスリットの入ったベージュと黒のロングドレスのセクシーな衣裳に、ファンの揃ったかけ声も次第に大きくなり本日一番の盛り上がりを見せた。「Don’t Forget Me」ではキュートな表情でファンを魅了し、会場は大歓声に包まれた。曲が終わるとミナが、大きなバンドエイドが貼ってあるソジンの顎を指差し「そこ、どうしたの?」と質問。ソジンはアイロンで火傷をしたと語りファンは心配の声を上げたが「私がバカでした(笑)」とチャーミングな照れ笑いでファンを安心させていた。そして日本のファンのために準備したというスペシャルソロステージを次々と披露した。
141129_Girls_day-6582-1
141129_Girls_day-7654-1
「Daring」のコンセプトに合わせて、メンバーそれぞれが自分にとっての『ダーリン』を映像で紹介。ユラはいつも頼りにしているマネージャー、ミナは高校3年生の恩師、ソジンはデビュー前のボーカルトレーナー、ヘリはお母さん。最後に全員にとっての『ダーリン』であるファンへ、感謝の想いを伝えた。そして「Daring」の曲が流れ、ストライプのワンピースに着替えて再登場。ミナはファンが持っていたぬいぐるみを持って一緒に踊ったり、ソジンは客席に投げキッスを飛ばしたりとメンバーはおもいおもいにステージを動きまわりファンの歓声に答えていた。
141129_Girls_day-3458-1
最後の曲「Twinkle Twinkle」を紹介すると、その寂しさを紛らわすかのように元気いっぱいの笑顔でダンス! ミナが「(一緒に)歌ってー! 」と叫ぶと客席からも歌声が聞こえ、ファンの声が響き渡り会場が一体となっていた。「ありがとうございました~! 」と深く一礼しメンバーが去った後も別れを惜しむファンがアンコールの大合唱。
声援にこたえ再登場!アンコールでは「Expectation」「Hug Me Once」「Twinkle Twinkle」を歌い大盛況で終えた。
141129_Girls_day-7494-1
終演後にはCD購入者限定のサイン会・握手会、夜公演の終演後にはファンクラブ会員限定で写真撮影会が催され、カバーダンスコンテストも開催された。今後さらなるGirl’s dayの活動から目が離せない!
主催 キッス・エンタテインメント

韓国で5人組ガールズグループとしてデビューし、メンバーの入れ替えなどを経て、現在ソジン・ユラ・ミナ・ヘリの4人でK-POPのスター街道を突き進んでいる「Girl’s day」は、デビュー前から韓国でライブを行うなど精力的に活動をしたのち2010年7月「Tilt My Head」で正式デビュー。2013年には主要音楽サイトで1位を獲得、2014年には韓国音楽番組チャートで1位を獲得するなど、その実力と人気は証明済み。韓国では歌手活動のみならずドラマやバラエティーなどソロ活動も盛んに行い、日本では韓流番組でレギュラー出演、月日にはベストアルバムを発売。正式デビューをしていないにもかかわらずK-POPを代表するガールズグループ。
Girl’s day日本公式webサイト
http://girls-day.jp/