r (3)ボーイズグループINFINITEがファンと心を通わせるため、1時間にわたって最善を尽くした。

INFINITEは11日午後8時からNAVER STARCASTで生中継されたカムバック記念番組で、アコースティックバージョンに編曲した収録曲を生披露し、屋上でバーベキューパーティーも行った。さらにファンたちの願いを叶えるため、最善を尽くした。しかし、突然降りだした雨の影響で番組は30分早く終わらざるを得なかった。

INFINITEはコメント数が40万件を達成すればファンたちの願い事を叶えてあげると約束した。しかし放送が始まる前からすでに45万件を記録し、INFINITEに対するファンたちの愛の大きさを知ることができた。

ファンの願いは様々だった。INFINITEは誠心誠意、ファンの願いを叶えた。ソンジョンとウヒョンは「幽霊の夢を見ちゃったの」と愛嬌を振りまき、エルはドラマの台詞を再演した。ソンギュは恥ずかしそうにソロアルバムに収録されているラップを披露し、ウヒョンはコミカルなダンスを披露。エルはニューアルバム「Reality」を体で表現してくださいという要求に最善を尽くし、不自然なダンスを踊ってみせた。ドンウは腹筋を公開してくださいというコメントにすぐ服を上げて腹筋を出し、ホヤは恥ずかしがることなく“殴りたくなる愛嬌”を披露して、ソンジョンはMBC「本物の男」で見せた「床に横になれ!」を行った。

今回のINFINITE STAFCASTのポイントは、ニューミニアルバムの収録曲をアコースティックバージョンにして歌うことだった。INFINITEは4曲を生披露した。バラード曲「Love Letter」、弦楽の旋律が美しいダンス曲「Moonlight」、感受性豊かな歌詞が際立つ「向かい合って立っている」、アルバムのタイトル曲「Bad」まで、正式なステージではない屋上だったにもかかわらず、完璧な生歌で高い実力を誇った。

このようにINFINITE STARCASTは、最善を尽くしてファンたちの願いを叶えようとするメンバーたちの姿や、アルバムの収録曲をアコースティックバージョンでリリース前に聴くことができただけに、1年間を待っていたファンたちを満足させる1時間になった。

INFINITEは13日0時に5thミニアルバムをリリースし、松坡(ソンパ)区芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園内のオリンピックホールで大規模なショーケースを開催して新曲のステージを初披露する予定だ。

[amazonjs asin=”B010CHUUDM” locale=”JP” title=”【Amazon.co.jp限定】GROW: INFINITE リアル青春ライフ(DVD)(オリジナルポスター付)”]