歌手兼俳優キム·ヒョンジュン側が元ガールフレンドチェ氏のテキストメッセージの履歴の公開について、すでに裁判の過程で虚偽で明らかになっているのに、なぜマスコミに公開するか分からないと公式立場を明らかにした。

キム·ヒョンジュンの所属事務所キーイーストの関係者は30日午後「チェ氏側は最初から文字だけを持って証拠と主張するが、それは証拠があれば、裁判所に提出するとされていること。証拠提出と証言は裁判所でするべきではマスコミ報道を通じてすることはないが、なぜマスコミに公開をしていることを理解することができません。すべてのことは、法的にかざすとなる」と、チェ氏側が裁判中にメディアにテキストメッセージの履歴を公開したことが問題があると主張した。

201507301636770707_55b9d48be3783

関係者は、「恐喝で訴えがされたことが悔しいなら誣告で反訴すればよい。沈黙を保つ必要がない裁判の過程では、なぜ沈黙を守り、裁判所でかざすされることをなぜマスコミの報道で大衆に訴えているかどうかやはり疑問である」と問題を指摘した。

また、「チェ氏が主張するところは、現在裁判の過程で虚偽と判明している状況であるため、反訴したもの」とし「虚偽が明らかになればキム·ヒョンジュンだけでなく、所属事務所であるキーイーストも損害賠償など法的対応に積極的に検討する予定だ」と今後強硬対応立場を伝えた。前キム·ヒョンジュンの弁護を引き受けたイ·ジェマン弁護士も、「本人にかえって不利な証拠」とし「証拠の提出は、元にすることであってマスコミの報道ではとんでもない」とチェ氏のマスコミを通じたテキストメッセージの履歴の公開が問題がと明らかにした。

続いて、この弁護士は「元ガールフレンドは、キム·ヒョンジュンとやりとりしたテキストメッセージを、証拠として掲げているが、昨年(キム·ヒョンジュンによる)妊娠をし、彼の攻撃に伴う流産になったことを法的に立証する証拠を提示しなければならない。テキストメッセージを公開することは元ガールフレンドがキム·ヒョンジュンに嘘をしたことを自白するものである。病院6カ所で受けた検診の結果によると、元ガールフレンドが妊娠や流産をしていないことが明らかになったがキム·ヒョンジュンに「妊娠して流産をした」と欺いたのではないか」と反問した。

201507301817260515_l201507301817258643_l

チェ氏が公開したテキスト(一部)

前同日午前チェ氏の法律代理人であるソンエンパートナーズ側は「キム·ヒョンジュンの元ガールフレンドが、今日中に直接プレスリリースと証拠資料を作成し、配布する」と伝えてきた。

公開された内容を見ると、チェ氏は昨年キム·ヒョンジュンの子供を妊娠した暴行によって中断されたのが合うと主張している。チェ氏側は「現在の深刻なストレス早産の危険性がある。これ以上は難しいと思う真実を明らかにする」と付け加えた。

キム·ヒョンジュンは去る2012年から約2年以上交際したチェさんと妊娠と暴行、流産を巡って攻防を繰り広げている。チェ氏は昨年キム·ヒョンジュンに暴行を受け流産になったと主張してキム·ヒョンジュンを訴えたが、処罰を望んでないという理由で取り下げている。

今年1月19日、ソウル東部地検は傷害暴行致傷の疑いでキム·ヒョンジュンに罰金500万ウォンの判決を下し罰金刑に事件が終わるようにしたが、チェ氏が精神的被害を理由にキム·ヒョンジュンを相手に、4月16億ウォン相当の損害賠償請求訴訟を提起し、事件が再び水面上に浮上した。

以後キム·ヒョンジュン側で妊娠の嘘で和解6億ウォンを受け取った行為に対する損害賠償6億ウォンを、和解金伝達当時の秘密保持条項があったにも先にマスコミに公開したことの慰謝料として6億ウォンまで計12億円を請求する反訴を提起した。

[amazonjs asin=”B00XBTMNDO” locale=”JP” title=”THE BEST OF KIM HYUN JOONG(初回限定盤B)(2CD+DVD)”]

[su_row][su_column size=”1/2″]


[/su_column]
[su_column size=”1/2″]



[/su_column][/su_row]