_MG_72102015年、今年は日韓国交正常化50周年の節目の年。日韓両国の交友関係をさらに強く深くしたいという思いから2005年に韓国でスタートした「日韓交流おまつり」が9月26日・27日、日比谷公園(東京)にて開催された。 そんなコンセプトにぴったりな、「日本とアジアの架け橋になるように」という願いをこめてグループ名を名付けられた韓国の『Apeace(エーピース)』が、このおまつり内イベントの26日開催「K-POPコンテスト2015日本全国大会ダイジェスト」および27日開催の「K-POPコンサート」に連日ゲスト出演した。

JM2A226027日に行われた「K-POPコンサート」。4組の出演者の中で2番目にApeaceが登場すると大きな歓声が起こった。黒地に 赤いトリミングと肩章のついた衛兵隊のような豪華な衣装がメンバー全員 高身長および恵まれたルックスを持つApeaceをますます引き立てていた。2014年4月にリリースした『VEIL』からスタート。激しいビートのこの曲を踊る12名のApeaceの姿は圧巻だった。続いて彼らが韓国で活動していた頃からずっと大切に歌い続けている代表曲『S.O.S』は独特なダンスと曲調が印象的だった。

DSC_7223ヨンウォン:みなさんこんにちは。
というヨンウォンの言葉を皮切りに「We are Apeace!どうぞよろしくお願いします!」と全員で声を揃えて挨拶したあと自己紹介が始まった。

ヨンウォン:皆さん元気ですか?楽しんでますか?「日韓交流おまつり」にお招きいただき本当にありがとうございます!今日もApeaceはみなさんを楽しませるために頑張りますので、応援よろしくお願いします。
ウォンシク:みなさん、はじめまして。Apeaceのウォンシクです。よろしくお願いします。
シヒョク:みなさん、こんばんは。Apeaceのシヒョクです。よろしくお願いします。
ヨンウォン:みなさん、こんにちは。Apeaceのアニキ、ヨンウォンです。よろしくお願いします。
セヒョン:みなさん、はじめまして。Apeaceのセヒョンです。よろしくお願いします。
ワンチョル:みなさん、はじめまして。Apeaceのワンチョルです。よろしくお願いします。
ドゥファン:みなさん、こんにちは。Apeaceのドゥファンです。よろしくお願いします。
ソンホ:こんにちは。Apeaceのソンホです。よろしくお願いします。
ヨンウク:みなさん、こんばんは~。Apeaceのヨンウクです。今日 熱い夜を一緒に過ごしてください。どうもありがとうございます!
ゴンヒ:みなさん、はじめまして。僕はApeaceのゴンヒと申します。よろしくお願いします。
J.D(ジェイディ):みなさん、はじめまして。Apeaceで末っ子を担当させていただいているJ.Dと申します。よろしくお願いします。
ジュンシク:みなさん、こんにちは。Apeaceのジュンシクです。よろしくお願いします。
スンヒョク:みなさん、こんばんは~。Apeaceのスンヒョクです。よろしくお願いします。

JM2A2420◆今回「日韓交流おまつり」に初参加しましたが、この舞台に立ってみてどんな気分ですか?
ヨンウォン:そうですね、まず 招待してもらって本当に嬉しいです。日・韓の国の大事なイベントだと思いますが、そういう素敵な場所にApeaceが参加することができ本当に光栄です。Apeaceはアジアの平和のためにがんばりますのでよろしくお願いします。たぶん知らないかたもいると思いますがApeaceのこと、よろしくお願いします。

◆韓国に先駆けて日本でデビューし頑張っていますが、今後の活動は?10月にも定期公演がありますよね?
ドゥファン:そうですね。僕たちは僕たちの魅力とK-POPの魅力を日本のみなさんに伝えたいなと思いまして、韓国からやって来てもう5年間も活動しています。去年までは専用劇場(※恵比寿ガーデンプレイス内 K THEATER TOKYO、2011年5月27日~2014年12月31日までの間 連日そこで公演を行っていた)が ありまして、そこで活動しておりましたけれど、今年から そこを飛び出して日本全国、日本のいろんなところで活動をしております。ちなみに来月(10月)18日、24日、11月23日などたくさんのイベント、そして11月18日にはシングルアルバムも発売しますんで、みなさん よろしければ 是非ネットでApeaceを検索してみてください。よろしくお願いします。

◆忙しいですね。コンディションを整えるのは大丈夫ですか?
ワンチョル:ぜんぜん大丈夫です。

JM2A2378◆頼もしいですね。次の曲で最後になるそうですが・・・
ヨンウォン:残念ながら 次の曲が最後の曲になります。(客席からは「やだ!」というファンの声がたくさんあがった。)最後の曲はもっともっと盛り上がる曲なので、みなさん是非よろしければ僕たちと「振り」を踊ってほしいです。
ワンチョル:先に(振りを)教えてください。
ヨンウォン:覚えやすい「振り」なんで、安心して!(笑) 最後の曲を一緒に盛り上がっていきたいと思います。みなさん、楽しんでますか!? (客席から大きな反応が起こる)楽しんでますか!?  それでは聞いてください!『ぎゅっとしたい』

『ぎゅっとしたい!』は2014年10月27日に発売した2ndフル アルバム「Colors」に収録されている。先ほどまでの曲とは異なり、かわいいアップテンポの曲。ファンと一緒に踊ることができる、ちょっとキュートで楽しいダンスを踊りながら、ステージを所狭しと動き回ってるメンバーたち。全員が楽しくて仕方ないという様子で、最高の笑顔を客席に向けて、最後の曲を思い切り楽しんでいた。

ドゥファン:これからもApeaceは日本と韓国の架け橋になりたいという気持ちをこめてがんばって前に進んで行きたいと思いますのでよろしくお願いします!

DSC_72842011年5月から専用劇場で約3年半、週6日 公演を行っていたが、現在はそこから飛び出し全国へと活動の場を広げているApeace。2011年3月の東日本大震災直後だったこともあり、連日公演する彼らから元気や力をもらったファンがたくさんいる。日本とアジアの平和の架け橋となるべく日々努力を重ね、着実にファンを増やしている。10月21日には5周年記念アルバム「5th Anniv Best『Pray for』」、11月18日には待望のニューシングル(タイトル未定)も発売されることが決定しており、今後ますますの活躍が期待される。これからも日本と韓国そしてアジアの平和と友好のため精力的に活動してく彼らに注目したい。

>>もっと写真を見る★『Apeace』日韓交流おまつり2015@日比谷公園

◆セットリスト◆
1.VEIL
2.S.O.S
3.ぎゅっとしたい!

Apeace公式HP ⇒ apeace.jp
Apeace公式Twitter ⇒ @Apeace_Japan