IMG_25492015年12月12日、豊洲PIT byチームスマイル(東京都 江東区)は「BTOB 2015 SPECIAL CHRISTMAS
LIVE」を観るために集まった人たちの熱気に包まれていた。BTOB(ビートゥビー)=Born to Beat(新しいビートとステージを披露するために生まれた)と言う意味をこめ名づけられたグループ名どおり常にミュージックシーンに新しい風を送り込んでいるBTOBと一足早い楽しいクリスマスを過ごそうとたくさんの人たちが集まり、会場は満員の盛況ぶりだった。

赤・白・黒を基調とした個々の個性に合わせた衣装で登場したBTOB。客席では一斉にブルーのペンライトが揺れ始めた。『Thriller』続いて韓国デビュー曲(2012年3月21日)でもある『Insane(秘密)』を歌った。この『Insane』はメンバーのチャンソプが作詞に携わっている。『WOW(JPN ver.)』ではファンの大きなコールが入る。白いスモークが焚き上がり「みんな叫べー!」と言うメンバーの声に大きな歓声が起こった。メンバーのダンスがきれいに揃っている。

プニエル「二部の公演もすごいね! Born to Beat!こんばんは BTOBです。BTOBのクリスマススペシャルライブにようこそ!」という元気な挨拶と自己紹介から始まった。BTOBのライブが楽しい理由のひとつに彼らの明るいトークがある。メンバーの仲の良さはもちろん、自由奔放だが決して不快感を与えない不思議な魅力が彼らの持ち味だ。始まったばかりのライブだが、最初の3曲とトークですでにファンの心を鷲掴みにした。『LAST DAY』もチャンソプが作詞した曲。横一列になって歌うが途中プニエルがラップをやりつつミニョクと仲良さそうに絡む姿が微笑ましかった。『Way BackHome』ではファンのコールがこの優しい曲を支える。ウングァンの高音が美しく響く。ボーカル担当メンバーたちのハーモニーの美しさに会場は酔いしれた。BTOBというグループ本当に歌がうまいと強く感じる。『It’sOK』も最初にメンバーの名をファンが気持ちよくコールする。洒落たテイストのこの曲にプニエルが入れるラップが独特の味を醸し出す。チャンソプの歌い上げる声に聞き惚れる。この曲もまたBTOBの歌の実力を見せつける。

ヒョンシクイルフン:みんなBTOBがデビューしたときからどのぐらい過ぎた?一年ぐらい?一年と一ヶ月たった?日本デビューしたのが12月12日ですね
ミニョク:11月29日は・・・
イルフン:(ミニョクの)誕生日でしょ?(笑)
ミニョク:ちゃんと覚えておいてね(笑)
イルフン:僕の誕生日よりちゃんと覚えてるよ
ミニョク:デビューして一年くらいたったけど、一人ずつ簡単に感想を話そうか
チャンソプ:僕たちがデビューして一年、皆さんと出会って一年です。一年って言うと短く感じるけれど365日って言うと長い感じがしますよね。365日皆さんに会うことができて幸せでした。これからもずっと一緒に~!
ウングァン(リーダー):一部の公演でも話したけど・・・・
(と、言うとメンバーたちから「まさか(一部と)同じことを話すんじゃないよな」とツッコまれ、ウングァンはしどろまどろになった)僕は・・・皆さんと遠足に行きたいです(笑)一緒にごはんを食べたりして・・・それぐらい皆さんは僕にとって親しい、いわば彼女みたいな存在ですからプニエル:男性(のファン)もいますよ??
ウングァン:う、うん(笑) みんな、これからももっと親しく付き合いましょうね。愛してます?
ヒョンシク:僕たちがデビューしたばかりの頃は女の子のMelody(BTOBファンの呼称)だけだったけど、でも最近は前より男性のMelodyがいるから嬉しいです。男性Melody~、叫べ~~!
(ここで男性Melodyが「いぇ~~!!」と大きく叫ぶ)
ヒョンシク:お~、嬉しいです。なんだか力になります。
プニエル:365日会ってきましたよね? それは何週間かわかりますか?(みんなわからないと答えると)・・・僕もわからないから皆さんに聞いてるんです(笑)
イルフン:52週くらいですね。
ソンジェ:5月2日は僕の誕生日です~(笑)
プニエル:それぐらい僕たちは皆さんと会ってきたんです。ん?52週??あんまり会ってないねぇ(笑) これからもっと会っていきましょう!
ソンジェ:僕は一年も365日も52週間もあんまり長いとは思いません。僕たちはこれからずっと10年間一緒にいるんです。3650日会い続けるし520週間会い続けるんだからまだそんなに長く会っているとは思いません。BTOBが本当に歳をとって、ウングァン兄さんを僕がおぶって・・・(笑)その時までどうかよろしくお願いします。
イルフン:皆さんがいなければ僕たちもいないですね。そしていつも皆さんに感謝しています。一念発起してこれからも一生懸命頑張るから皆さんたくさん応援してください。あ・り・が・と・う(と、「お・も・て・な・し」の真似で感謝の気持ちを表した)
ミニョク:僕たちはこれから20年会い続けます(笑)7300日会い続けます。1400週会い続けます
(と、ドヤ顔のミニョクに)
プニエル:計算するため今まで黙っていたんでしょう?(笑)
ミニョク:ウングァン兄さんがベッドに横たわって歌うまで~(笑)
(ウングァンが老人の真似をして会場は大爆笑に包まれる)
イルフン:じゃ次の曲はまたテンションあげて盛り上がりましょう!

チャンソプ『BEEPBEEP』ではウングァンがイルフンを殴る真似の振り付けやジャンプをしたり、ソンジェはステージ端で膝まづき客席に手を大きく広げてアピールし、この曲を盛り上げた。『You’re SoFly』ではメンバーが腰を揺らしながらセクシーかつチャーミングに踊る姿にファンの目は釘付けになった。ユーモラスな振り付けもありファンの顔に笑顔がこぼれる。床にたおれたチャンソプを心臓マッサージする真似をしたり、ウングァンがイルフンに向けてまるでイルフンの大ファンの女の子のように手を振りまくったり、全員が縦に連なって電車ごっこのような姿で移動したりのキュートな振り付けで『Happening』を歌いますますヒートアップしていった。みんな個々に自由に動き回っているのに統制のとれているのがBTOBの不思議な魅力だ。

ここで司会のAKIが登場しMC TIMEとなった。
◆ね、ヒョンシク~、二人でデートした帰り道って設定で「俺んち来いよ」ってちょっと言ってみて
ヒョンシク:お前、俺んち来いよ!
(会場は「キャー!!!」と悲鳴のようなものすごい声があがった。そのすごい反応を見てチャンソプが)
チャンソプ:おいっ!俺んち来いよぉ!
イルフン:(すかさず)や~だ~!絶対にやだ~~(笑) あ、チャンソプ、その服パジャマみたい
チャンソプ:僕これ着て寝てるんですよ(笑)あ、これを着て寝てるのを写真に撮ってSNSにアップしま~~す!
本当に自由なトークに会場は笑いの渦に包まれた。この底抜けに明るい嫌味のない自由さを見れるのはBTOBファンの特権だろう。

◆一周年こうやってついてきてくれるMelodyの存在、嬉しいですね
ミニョク:はい!
イルフン:めっちゃ嬉しいですね

◆嬉しかった出来事とか思い出はありますか?
ミニョク:皆さんと一緒に過ごしてきた全ての時間が毎日毎日大切な時間でした
チャンソプ:俺んち来いよ~~~!!
(会場は大爆笑)
ウングァン:(カメラにアップで何度も映るチャンソプを見て)カメラに映れて羨ましいなぁ。(と言うとウングァンもカメラにぬかれる。ソンジェやチャンソプも映り込む)カメラ、嬉しい!(笑)

◆日本デビューして一年たちましたが、これからのBTOBの目標は?
ウングァン:これからも僕たちBTOBは ただ音楽とMelodyたちを愛する歌手です

ミンヒョクここでAKB48や嵐など、たくさんのアーティストへ楽曲を提供しBTOBの『未来~あした~』や『夏色My
Girl』なども手がけた多田慎也氏がゲストとして登場した。多田氏は「BTOBは歌がうまい。こんなレベルの高いアーティストに歌ってもらって光栄です。自分が書いた曲の表現以上に表現してくれました。本当に素晴らしい」と熱く語り、多田氏のピアノ生演奏とメンバーとのコラボで『未来~あした~』を特別に披露した。美しく響くピアノの音とメンバーの優しい声が見事に絡み合いとても素敵な世界が広がった。
『二度目の告白』は好きな女性をもう一度取り戻すために一生懸命いろいろなことを準備して二度目の告白をしに行く・・・・という内容の歌。好きな人の心に愛の矢がささるようにと映像でも矢のささったハートとメンバーの名前がたくさん登場した。ファンからの大きな掛け声が入り会場も”BTOB愛”がたくさん溢れていた。
『サヨナラを繰り返して』は『夏色MYGIRL』のカップリング曲。せつないバラードを素晴らしい声量と表現力でじっくり聴かせてくれた。何度も書くが本当にBTOBは歌がうまい。もちろんRAPのメンバーの実力も素晴らしく、彼らこそ「本物のグループ」という言葉がピッタリだ。

ソンジェメンバーが一旦そでに戻っている間、白い雪がたくさんのセットの中で淡いパステルトーンのダッフルコートを着たメンバーたちが撮影している映像が流れた。みんな本当に仲が良く、撮影の間中楽しそうにずっと笑顔で過ごしている。その微笑ましい様子がみんなの心を温かくしてくれた。映像が終わると、それぞれがクリスマスを意識したファッションを身に付けステージに登場した。頭にトナカイのカチューシャを付けたメンバーもいた。『The Winter’s Tale』、そして続いて『You Can Cry』を歌い始めるとチャンソプ、ソンジェ、イルフンはステージ端へ行きファンをじっと見つめていた。
『Because It’s Christmas』ではメンバーがそれぞれ赤い大きな靴下を持ち、中に入ったお菓子をステージから投げたり客席に入って手渡した。後方、及び一番端で見ていたファンのところまで行って手渡したり、ハグしてあげる彼らの姿を目の当たりにしてファンを本当に大切にしているBTOBの優しさと愛をダイレクトに感じることができた。そして見事なハーモニーと歌声に幸せなクリスマス気分でいっぱいになった。

ソンジェ:本当に特別なお知らせがあります。(ファンから「え~!!」「なに、なに?」と言う声があがると)びっくりするかも~。ほんまに!3!2!1!そう言うと大スクリーンに 待望の” Zeppツアー決定”の文字と日程(詳細は本文末に記載)が映し出された。「僕たち初めてのZeppツアーをやります!」とメンバーが言うと、大歓声が起こった。会場中のファンが大喜びしていた。「皆さんのおかげです」と口々に感謝の言葉と日程を述べるBTOB。
ソンジェ:みんな(ツアーを楽しみに)お仕事とかバイトがんばってね~~!
ミニョク:働かざるもの者食うべからず(笑)
イルフン:次の曲は本当に悲しい曲ですよ。こころがクルクルします。
ミニョク:この曲を聞いたら涙が出ますよ。泣かないで・・・
(せっかくの嬉しいお知らせのあとなのに悲しい曲なのかと客席はザワつく)
ところが・・・・
めちゃめちゃアップテンポの楽しい曲『MAGIC TIME』のイントロが流れるとファンは大歓声をあげた。ミニョクのアクロバットも披露された。『Blowin’』も疾走感のあるテンポが爽快な曲。ファンたちのペンライトも大きく揺れる。ハート型の紙飛行機が天井からたくさん舞い落ちてきてこの曲の演出を手助けした。

ウングァンミニョク:盛り上がってますか?でももうお別れの時間です
(と言うと、客席から「え~っ???」という声がたくさん飛び出した。)
ソンジェ:これが全部です・・・
イルフン:今日はお別れだけどすぐZeppツアーで会うでしょ?嬉しいでしょ?
ウングァン:最後に感想を言いましょう。
イルフン:先生!僕からしまーす。
ウングァン:はい、イルフンハクセン(イルフン学生)
イルフン:2部の終わりですね。今日のコンサートは本当に終わりです。寂しいでしょ?そして僕も寂しいですけど、言ったようにZeppツアーで会うからね。その舞台でもっとかっこいい姿で、もっとハンサムになって戻ってくるからみんな少しだけ待っていてくださいね。ありがとうございます。
ソンジェ:僕はもっと綺麗になって。(今回は)風邪をひいていたから次はもっと元気になって戻って来ます。でも・・・(風邪ひいてるのに)歌、上手でしょ?(笑)
イルフン:ありがとうございました。またZeppツアーでね! 約束~~。
チャンソプ:今日は本当にありがとうございます。私は本当に幸せでした。また会える日まで元気でいてください。お前らは全部俺のモノだ~!
(客席から「きゃー!!」と大きな声があがった)
ヒョンシク:1部でも話したけれど今日は感動もして・・・ 幸せですね。気分がいいです。そして・・・・大好きだよぉ~~!!
ミニョク:皆さん、最近寒いでしょ?でも今はあついでしょ?(笑)全部皆さんのおかげです。今日夢のような時間でした。夢の中にいつまでもいたいです。あとで夜、夢で会おう!(と言いながら照れくさそうにはにかんだ笑顔を浮かべた)
プニエル:今日は来てくださって本当にありがとうございました。これで最後ですが16日まで
まだ日本にいますから寂しがらないでください。またZeppツアーもしますのでその時会いましょう。ありがとうございます。
ウングァン:僕たちは今年のクリスマスは一緒にいないですが、このようなスペシャルクリスマスイベントで一緒にいられて本当に良かったです。嬉しいです。次のクリスマスは皆さんと一緒に過ごしたいです。みなさん楽しみにしてください。Zeppツアーも本当に特別な、かっこいいステージを見せるように準備をするのでたくさん期待してくださいね。まだ日本にも四日ぐらいいますからその四日間を楽しみたいと思います。ありがとうございます!
チャンソプ:次の曲は?
イルフン:悲しい曲です。今回のコンサートコンセプトは「涙」だから~(笑) (と、またジョークを言いまくる)
イルフン:最後まで盛り上がりま・・
ファン:しょ~~!!!!!(ファンとの意思の疎通もバッチリとれていた。BTOBとファンはひとつなんだと痛感した)

イルフン『Catch Me』ではトーク中にステージに落ちたハート飛行機をたくさん広い集めたヒョンシクがそれを持って客席に入り、端から端まで動き回ってファンたちに手渡した。他のメンバーも客席内を動きまわって、ファンと触れ合った。ミニョクは一番後方にいた男性Melodyをハグしていた。続いて『Hello』でも客席内に積極的に入って一人でも多くのファンと触れ合おうとするメンバーたち。ソンジェはファンたちにもたれかかり、自分のからだを預ける程ファンを信頼して楽しんでいた。曲の途中では金と青のテープが舞いとても美しかった。「ありがとう」と、言い残しメンバーはステージから姿を消した。

BTOB1すでに膨大なファンの数を誇ることができるBTOBメンバーたちにもかかわらず果敢に客席に入って行き、きめ細やかで温かい触れ合いを実践する素晴らしすぎるファンサービスに客席のあちこちから幸せな声がたくさんあがり、大きな「BTOB!BTOB!」というアンコールを求める声が沸き起こった。
黒いTシャツに着替えて再び登場したBTOBを大きな歓声が出迎えた。そしてチャンソプたちメンバーが客席を動き回り、彼らの日本オリジナルシングル第二弾『夏色My Girl』をたくさんのファンと一緒に歌っていた。他のメンバーも客席後方まで行き、それぞれがファンたちを笑顔にしていた。ソンジェはステージから手で頭の上に大きなサランヘポーズを作りファンに愛を送った。アンコール2曲目は『Shake It』 ヒョンシク、イルフン、チャンソプは客席を動き回りひとりひとりの顔を見て一緒に「Shake It!」とダンスしていた。歌い終わるとミニョクがアクロバットの大技を披露し、それに触発されてリーダーのウングァンも見事なワザを披露した。最後まで観客を楽しませることに努力を惜しまないBTOB、ファンたちは心ゆくまで歌、ダンス、トーク・・・全て極上のスキルをもった彼らの公演を満喫した。客席からは「もう最高なんだけど~!」「Zeppツアー、絶対全部行く!」と言う声があちこちからあがっていた。

◆BTOB ”ZEPP TOUR 2016” ◆
2月10日 (水)Zepp名古屋 / 18時開場 19時開演
2月12日 (金)ZeppDiver City東京 / 18時開場 19時開演
2月13日 (土)Zepp福岡 / 17時開場 18時開演
2月14日 (日)Zeppなんば(大阪)/ 17時開場 18時開演
※いずれも8、800円(税込)

—- 申し込み —-
12月18日(金)~12月23日(水)FC会員特別先行予約
12月24日(木)~12月27日(日)無料FC会員先行予約
12月28日(月)~2016年1月6日(水)キッスエンタ.jp <http://xn--ickj0bzar40a.jp> 会員/チケットぴあ先行予約
2016年1月8日(金)~各一般プレイガイド販売